スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラチェアで検索されてくる方が多いので改めて共有事項など

ミラチェアの使い心地を調べられて当サイトに来られる方が多い。
2009年だったか2010年に学生時代からの夢であったこの椅子を手に入れ、毎日仕事にもそれ以外にもバリバリ使っておりますが、とてもよく出来ている椅子だと思います。

布の椅子のように蒸れることがないし、椅子足が4本以下の椅子のように姿勢を変えようと思ったら倒れてしまうこともない。
柔らかすぎず硬すぎず絶妙な硬度で作られています。

イニシャルコストこそ10万円ぐらいしますが、あっという間に元は取れると思います。
特に今使っている椅子に不満を感じている人、腰を痛めている人には強く推奨できます。
毎月1万円づつミラチェア資金として積み立てれば1年間で購入資金は貯めることができると思います。

この良さを確認するには視座してみるしかないわけだが、地方都市だと残念ながら扱っているお店を見たことがありません。
県内の大きな家具屋さん、輸入家具やオフィス家具専門のお店やリサイクルショップを回らないと見つけるのは難しいのが現実でしょう。

東京であれば車でもいける場処という条件だと、
以前にも紹介した大塚家具の有明ショールームがまず一つ。
それから秋葉原のヤマギワ。こちらは有料駐車場に止めることになると思いますが、あの辺はたくさんあるので不便しないと思います。

どちらのお店もミラチェアはもちろん、競合のバロンチェアやら有名ところは揃っていますので椅子が好きな人は見ているだけでも楽しいと思います。

以下はチェックすべきと思う競合の製品。
実売価格2万円以下の椅子はスルーしていいと思います。(長く使えるものはないから)





スポンサーサイト
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。