スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私的Glimsの設定 (Safariの拡張機能)

今日の記事はMac使ってる人向けの記事です。
Safariのタブ周りの機能を強化してくれる拡張機能のGlimsというのがあります。

前提条件として、Glimsをインストールする理由はタブ周りの強化ですが、それ以外にもクラッシュした時に開いていたタブを復元してくれたり、検索ページのキーワード入力欄にフォーカスをしてくれたりと細かな部分をこれ1本で良くすることができるというメリットがあります。

導入するだけでもまあまあ使えますが、個人的には使いにくいと感じる所がありました。
設定を調整しながら使い続けてようやく納得できる設定となぜその設定を自分をしたのかが説明できるようになったと感じているので書いてみたいと思います。

まず”一般”の欄から、

検索エンジンを追加 オフにする → Googleで不便がないのでオフにしました
検索サジェスチョンを追加 オフにする → 今は拡張機能使わなくても初期設定でGoogleサジェストがオンになるので不要
検索結果を強化 オフにする → 広告が出てきたり、複雑なGUIを使うため重たくなるためオフにした

起動時にタブを復元 オフにする(人によってはオンでもいいと思う) → お好みで
新規タブを管理 オン → 特に不便がないためオンで
その他のタブ強化 オン → 同上

ブックマークバーを強化 オン → 同上
新規ウィンドウを開いた時に検索欄にフォーカス オン → この機能はかなり便利です。Firefoxを使っていた時にも拡張機能でこれを有効にしていました。検索を頻繁にする人はオンにしたほうがいいと思います。

次に新規タブの設定。

新規ウィンドウを開く事を許可 → 初期設定ではこれが無効になっているために不便を感じました。ポップウィンドウではなく操作上の理由から意図的に新規ウィンドウを開く操作を要求するページではこれが無効になる事で逆に不便を感じる事のほうが多かった。モニタの画面や枚数が少ない(シングルディスプレイ環境など)な方はオンにすることで恩恵がある人もいるかもしれませんが、自分の環境ではこの機能は有効にしたほうが使いやすいように感じています。

タブその他 の設定。
ここは全てオンで自分は不便なし。
タブラベルにウェブアイコンを表示 という機能は視覚性を高めてくれて便利だと思います。

ブックマークバー の設定。
初期設定のままです。

ダウンロードウィンドウ の設定。
初期設定のままです。

アップデート の設定。
保守的な運用をしたい事から、安定版アップデートのみ にチェックを入れています。

以上。
それほど弄ってないのだが、この設定が今の所自分にはしっくりきています。
スポンサーサイト
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。