• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サガフロンティア2 あまりにも時代を先取りしすぎた大人のゲーム

中学時代や高校時代はゲームの黄金時代というか、小学校時代はもっとすごかったけど、とにかく今でもゲーマーの間で語り継がれているゲームがリアルタイムに発売された時期でとてもアツかったのを覚えている。

そんなゲームもバイトをしていたわけでもなかったので欲しいゲームを全て買えるはずもなく、友達に借りたり、中古の値段が下がるまで待ってみたり色々と工夫をして手に入れたものだ。

今じゃ1本や2本のゲームぐらいならすぐにいつでも買える余裕はあるけれど、欲しいゲームは今特にない。
最新のゲームを追うよりも、昔興味があったけれど、様々な理由で手を出さなかったゲームや挫折したゲームをもう一度やり直そうとというのが最近のマイブームである。

それと並行して同様にゲームのプレイ動画を映画を見る感覚で見ている。
今日と昨日はサガフロンティア2のプレイ動画を全部見た。

このゲームはウィル編とギュスターヴ編の2つから構成されるのだが、両方を見てサガフロンティア2をはじめて知ることができる。
高校時代にもこのゲームは確か持っていたと思うが途中で辞めてしまったのを覚えている。

心の片隅にクリアをせずにやめたことに対する後悔が今でも残っていて、それはどんなストーリーだったのか知りたいという思いからここ2日で一気に見てしまった。
もちろん実況もない、コメントもオフにしてゲームの世界にどっぷりつかるやり方で鑑賞をした。
こういった動画をアップロードしてくれる人には本当に感謝をしている。
彼ら、彼女らのおかげで僕の知りたいけれど自分では出来ない何かが多く実現をされている。

見終わって思うのは、大人向けのストーリーと世界観だなと思う事。
もちろん高校生ぐらいなら教養のある人なら理解できるかもしれないのだが、おそらく当時の自分が見てもよくわからなかったと思う。
歴史の表と裏。光と陰。そこに生きる人たち。そういったものがこのゲームでは描かれている。
独特なゲームシステムであるが故に、それなりのゲーム経験を持った上級者でないと進めるのは困難で、当時の評価は自分も含めて良くなかったのを覚えている。

しかし真実は、とても良く出来た大人向けのゲームだったんだなーという印象である。
今、クリアの仕方もストーリーも知った僕は、PSPでこのゲームをもう一度やりたいと思ってる。
なんとこのゲーム、アマゾンでは送料を入れても500円以下で購入可能なワンコインゲームである。
そして音楽も素晴らしい。FF13でも活躍をされた浜渦さんである。

動画、興味ある人は時間はかかるが見るといいと思う。

全てニコニコ動画にある。検索時に「- 実況」とやると実況動画を弾ける。同様に 「- フルボイス」でフルボイス(一般人がゲームのキャラクターの台詞を勝手にしゃべる動画)を弾ける。





スポンサーサイト

自分を守る為に虚栄を行使した結果

虚栄を行使する人が幼い頃は何か羨ましかった。
注目をされ、話題の中心になり、影響力を持つ。
僕もそんな力が欲しいと思った。そしてそういった人たちが将来どんな道を歩んでいくのかとても興味があった。

ところが現実にはそういった人たちは、途中で退学になってしまったり、普通過ぎる道に進んでいたり、実はそれほど羨ましくないのではないかと時間の経過とともに感じてきた。

大人になったつもりでいても、体も心も子供だったんだなと思う。
群れて、力を手に入れたように錯覚をするけれど、何一つ一人じゃ出来やしない。それが人間だ。

尊敬する経営者の人が言っていた事。「他人と自分を比較してもしょうがない」。
この言葉を今では心の底から支持することができる。

学校という小さな世界で輝いているように見えた他人と、そうではないと感じた自分を比較してどうする。
自分自身をもっと大切にしたいと今は思う。自分自身を愛していたい。
この先進国の中でもトップクラスの自殺率を持つ日本という国で、自分を持って生きていく事は言葉で表現する以上に難しい。
紙一重の所で多くの人が生きていて、偶然に救われ、リスクを共有する事でそれを乗り越えている人もいる。

サガフロンティア2のギュスターブの生き方が好きだ。
彼はエンディングでこのように評される。
「人間は自分の意思で、自分の思うものに成れるのだということです。人がいかにあるかは、生まれやアニマで決まるのではないと、身を持って示されたのです。」

僕は自分の未来を自分の力で拓いていきたいと思ってる。
新しい時代に、新しい生き方で、自分の能力と才能を最も発揮できる生き方でやっていきたいと考えている。
虚栄心はもう僕には必要ない。

夢の断片

僕はパーティー会場のような場所にいた。
テーブルに座って何か話している。同じテーブルに高校のクラスメイトがいた。
彼が僕に何かを伝えようとしている。何かとても大切な事のようだった。
その時、照明が落ち、オーケストラが始まった。
指揮者はすぎやまこういちさんのようである。
音楽に合わせてマジシャンのような人が海上のテーブルを回り、何かを配っている。
それは布のようなもので、それを使って何かをするようだ。

ここで目が覚める。What does this mean?
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。