スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagerank3?何かの間違いかー?w

ナンデストー?という感じ。
グーグルでaesanulで検索すると当ブログがトップに出るのは前から知っていましたが(間違って日本語入力であえさぬlと打っても一番上に出るようになってます。)、ページランクがいつの間に上がっているとは。

何かの間違いですかね??
自分で言ってしまいますけれどアナタPagerank3といったらたいしたもんですよw

それも一介のただの自己満足ブログにこのランクはw
単に更新しまくっているからか?

確かに最近はアクセスは安定しておりますが、已然コメントを下さるのは一部の方ですし、率直に皆さんがこのブログを見てどのように思っていらっしゃるのかは私にはわかりません。
アクセス解析何ぞも一応いれておりますが、検索で来る方よりも、固定ファンのほうが多いみたいです。

いやー私のブログのファンになるなんて相当皆さん変わりもんですなーw
これからもaesanulをよろしくお願いします。
スポンサーサイト

Roaming Sheep



私は光田康典さんのファンなので、その影響でケルト系の音楽も好きだったりします。(似合いませんか?)
偶然、大好きなビデオゲームであるファイナルファンタジーのサントラを見つけたらこんな曲を見つけました。
いいですなー。こういうのは。

FF3そのものはまだクリアしてません。
評価も高いんでDS版クロノトリガーが発売される前にやろうかなー。

明日から本格始動です

明日は倉庫の契約日です。
荷物の搬入、警察へのウェブサイト開設の届けでなどやる事がたくさんです。
mixiに自分のお店のコミュニティを作ってみました。
これでお客さんからも見張られるので、変な事書けなくなってしまったなぁw

最近、自分の事ばかり書いて皆さんを退屈させてしまっているのでいくつか本と映画を紹介。

アンドリューNDR114
アンドリューNDR114アイザック・アシモフ

ソニー・ピクチャーズエンタテイメント 2000-09-29
売り上げランキング : 43039

おすすめ平均 star
star高品位高機能 電化製品からの出発・・・
star人間への憧れ。
star文句なしの感動作品!オススメ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


誰でも知ってるか。
高校生の時に見て以来ファンです。
先日仕入れに行った時に見つけたので買ってみました。
ちなみに現在出品中、ということは?

最近の作品ではSEX AND CTYとかがしょぼしょぼだったので(あれはファッションマニアのための作品かなー)、あんまいいのないですが、そうっすねー。
12月頭に公開されるウォーリーっていう作品はぎりぎりでオッケーかな。
家族でも友人とでも楽しめると思います。
ストーリーはありきたりですが、ああいう作品私は好きですな。

ルービン回顧録
ルービン回顧録ロバート・ルービン

日本経済新聞社 2005-07-26
売り上げランキング : 71425

おすすめ平均 star
star意思決定の勉強になる
star同じような問題が
starウォール街とDCの行き来

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アメリカの財政を立て直したルービンさんの回顧録です。
翻訳のレベルが高く、洗練された文章を楽しめます。
難しくてわからないことが多いんで飛ばし読みの部分も多いですが、彼自身の意思決定、動きの遅い?と言われる政府内組織でのチームワークについて当時の様子を振り返りながら詳しく書かれています。
こういう本は値崩れもせずに、いつ売ってもそれなりに私のお店では値段がつきます。(結局宣伝かよ)

確実に金持ちになる「引き寄せの法則」 (知的生きかた文庫 か 46-1)
確実に金持ちになる「引き寄せの法則」 (知的生きかた文庫 か 46-1)川島和正

三笠書房 2008-02-21
売り上げランキング : 4046

おすすめ平均 star
starいわゆるザ・シークレットの話
starとにかく値段が手頃
star一時の夢がみられる本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大好きな引き寄せの法則本でっす。
これはとにかく値段が安いんで買ってみました。
でもコンパクトによくまとまってますね。
逆に安く売ってしまったが故に、過小評価されている感じ。
なんかうまく説明できないんですけど、高い本だからいい本だろうっていう風潮がありませんか?
値段のつけ方って本当に難しくて、自分基準で高値にしすぎると誰も見向きもしませんし、この本のように安くしすぎると流動性が高まったり、最初の印象で安っぽさを与えてしまい評価をされなかったりします。

誰が本を殺すのかという本を読んだ方はわかると思いますが、日本の本の流通システムは、出版社とそれを販売する本屋が売り上げの大半を持っていってしまい、著者にはあまりお金が入りません。
費用対効果で考えれば作家という職業はとても割に合わん仕事なのです。
それで昨今の私のような新古書店やら、若年層の活字離れが本の売り上げを定価させて、本が死んでいくというのがあの本の概要だったと思います。

なんか良い仕組みができないかなぁといつも思いますが、一度出来上がって回っている仕組みを変えるのはとても難しく、仮に変えてもうまくいかない可能性もあるわけでとてもとても難しいです。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。