スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターバックスに対する消費ROIの低下、それに伴う競合他社のプロントの優位性について

最近、お客さんと会ったり、同僚と話すためにコーヒーショップを利用するのですが、スータバックス業績の悪化というニュースの背景をかいま見ている気がします。

それは一言で言うと「大衆化に伴うブランドイメージ低下」です。
本国でスターバックスが流行した背景には、フェアトレードを通じて客がいいことをしていると感じる事が出来る事、絵画や照明にまで配慮をした高級感ある店内というのがあったと思います。

しかし今やそれは珍しいものではなくなってしまいました。
フェアトレードを専門にするビジネスを手がけるのはコーヒーショップ以外にも現れましたし、店内の高級感は顕在するものの、回転率に比重を彼らは置きすぎています。

回転率というのはどういうことかというと、つまり限られた店舗面積に可能な限り客を詰め込もうという目論見が強いではないかという意味です。

これは競合もやっていることですし、東京は土地がないので仕方がない面もあります。
僕が指摘したいのはスターバックスは大衆化をしたかったのか、富裕層やビジネスマンなどお金を使える人に特化したかったのか明確でなかったのではないかということです。

競合を見ればスターバックスと同じ路線を展開しながらも、プロントのように費用対効果の高い店舗作りをしているお店もあります。
プロントはスターバックスと異なり全席禁煙席ではないのですが、喫煙スペースというのを作り、分金をすることでタバコを吸う客にも配慮しています。

日本のビジネス社会は自殺率の高さを見ればわかるように(例えばIT業界は全業種中トップです)、極めてストレスフルな環境なため、喫煙でそのプレッシャーやストレスを紛らわしている人も多い。
そういった客が訪れる場所、たくさんいる場所である東京に店舗を展開する以上、喫煙客を無視できないとプロントは考えたのでしょう。

またメニュー構成についても、プロントは軽食が充実しているの対して、スターバックスはあくまでコーヒーがメイン。
単価も高く設定しているのだから、客としては快適な空間を提供して欲しいと感じるのですが、スターバックス的にはコーヒーを飲んだらさっさと帰れといわんばかりの、窮屈な空間です。

別の競合に目を向ければルノアールというコーヒーショップがありますが、こちらは喫煙スペースを分けていないのと、インテリアが古くさい。
もっというとどこか安っぽいのです。

僕個人の要求を述べるならば、カウンター席を設けてACアダプター完備、喫煙コーナー分離、軽食からコーヒーまでの最低限のラインナップがあるといいなーと思います。
一部の店舗ではこうったものがすでに完備されている店もあるようですがまだまだ少ない。

在宅勤務を導入する企業が大企業を中心に現れてきたように、今後は仕事をする場所がオフィスに限定されてない流れが加速していくと思うので、それを見据えた店舗作りをするチェーンが増えればいいのにと思います。
スポンサーサイト

SBSメール便を個人で契約する その他 メール配達サービス

結論から言うと、個人でのSBSメール便の契約は現実的でありません。
以下が理由です。

1、まとまった数のある契約を主体としている
2、集荷のために費用が発生する

1については企業がダイレクトメールを顧客に大量に何千通という数で送る事を想定しているという意味です。
個人レベルだとたかだが数十通がいいところなので、既存のヤマト運輸のクロネコメール便や佐川飛脚ゆうメールのほうが相性が良い。

2はそのままの意味です。
こちらもクロネコメール便、飛脚ゆうメールは集荷に費用はかからいため優位性が高い。

その他のメールサービスはどうか?
WIkipediaのメール便という項目によれば、現在国内のメール便のマーケットシェアは、


1. ヤマト運輸「クロネコメール便」19億7018万冊、シェア85.3%
2. SBSポストウェイ「SBSメール便」1億1388万冊、シェア4.9%
3. 佐川急便「飛脚メール便」9607万冊、シェア4.2%



となっていて、この他に次のようなサービスが存在します。

# 日通メール便
# 飛脚ゆうメール
# フクツーメール便
# ゆうメール(日本郵便)



この中で私が利用しているのがクロネコメール便と飛脚ゆうメール、それからゆうメールです。
SBSメール便を利用しないのは前述の通り、価格優位性がないからです。

飛脚メール便を利用しないのは、他のサービスと比較して格別安くないから。
日通メール便は重量課金とゆうメールに近いが、あまり安さを感じず。
フクツーメール便はサービスが終了している模様。

基本厚み2cm以下で重さがあるものはクロネコメール便を使います。
厚みが2cm以上3.5cm以下の荷物と、軽さが200g以下でかつ厚みが1cm以上ある荷物は飛脚ゆうメール便を。
それ以外の荷物は通常のゆうメールで発送をしています。

発送に関しては当初は何も考えずにメール便とゆうメールだけを利用していましたが、未収契約の存在を知って以来、色々調べてコスト削減に繋げました。

今回たまたまSBSメール便が自宅に届くダイレクトメールに使われていた事から徹底的に調べましたが、今の自分の利用状況が効率性、経済性ともにベストのようです。

自宅まで取りにきてくれる事。その集荷で荷物の8割以上がカバーできるので時間的節約、経済的節約面でもメリットが大きい。

発送事故はたまにありますが、それも100通送って1つとかそれぐらい。
無視できるレベルです。

今後もこの形態で荷物の発送を続けていきたいと思います。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。