スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ内定先を蹴るのかという質問への回答

自分がいてもいなくても回っていく組織に帰属する意義を見いだせない。
就職をしない理由を聞かれるたびに僕はこう答えてきました。

答えていても内心は未来の事は不安だし、褒められることではないなと感じてはいました。
そんな矢先に、皮肉な事に(?w)インターンをしていた会社の社長のブログに非常に勇気づけられる投稿があったので一部引用。

・成長意欲より貢献意欲が、真の成長につながる。成長できる環境より、貢献できる環境を選ぶべし。だから、期待されている会社に行った方が良い。
・迷ったら安泰の方ではなく、リスクがある方に行くべし。安泰な方を選んだ時点で、平凡確定。
・しんどい経験を避けて偉大になった経営者は過去に誰もいない。できあがった組織に行ってラクをするのは、偉大になる権利を放棄するも同然。
・親の喜ぶ選択はしないほうが良い。親の反対するような会社に行くほうが、今の時代はセンスの良い判断である可能性が高い。時代の潮目は変わっている。



就職を考えたとき、当初僕の頭にあったのは、学校では決して得る事の出来ない実務経験を通じた成長を通じ、社会に貢献をする事でした。
もっというと成長ありきで、さっさと嫌な仕事なんてせずにすむ方法を模索したいと目論んでました。

ただこの投稿にあるように、今思うのは、成長できるかどうかよりも、自分がその組織にとってどういう位置づけで、どれだけ必要とされていて、貢献できるのか?ということです。
僕は格別、特殊な技能-例えばプログラミングができるとか-を持っているわけではありませんが、今の会社では必要とされています。

具体的には僕がいなければ、会社のホームページはないし、投資家や経営者へのプレゼンテーションの資料を作る事もできません。
社内のコミュニケーションツールとして、Skypeを導入したり、PCのセットアップや調達もできません。

やっていることはすごくともなんともないけれど、今の会社ではそれができるのが僕だけなのです。
(あるいは自分が中心)
そういった意味で、友人が立ち上げた会社にアソシエイトとして(w)参加できるのはとても嬉しいし、良い選択だったなと思います。

次に、迷いについてですが、証券会社から内定をもらっていたら決められなかったと思います。
何の実績もない学部卒の人間に年収300万以上が保証され、さらには日系企業なので入社して一年でクビになることもありません。
同僚の人たちも付き合いやすそうな人で社内のイベントやコミュニケーションも活発。
しかも東証一部上場企業。
そんな魅力的な組織から内定がもらえていたら、とても今の道は選べないでしょう。
大企業とはいえベンチャースピリッツを重んじる風土がその会社にはあったので、安定された雇用+ベンチャースピリッツを通じた社会貢献と成長が得られる期待があった。

ただ、以前書いたように、僕には彼らが、当たり障りのない、何でもソツなくこなす人材を求めているようにしか感じられず、最終面接でそういった迷いが出て落とされたのではないかと今では思ってます。(落としてくれた事に感謝もしています)

東証一部の企業に行けば、率直に言って楽だったでしょう。
殺人的な残業を強いられる事もなく、ストレスのない環境で、安心をしてキャリアをつめたと思います。
しかしそれは自分にとってリスクヘッジだったのかというと疑問。

40になっても、50になっても同じ組織に属している生活。
それは果たして自立した大人と言えるのでしょうか?
生意気ですいません。ただ僕はそれは自立でも大人でもないと思っています。

そういった生活をする人を見下すつもりもなく、家族を守るために私欲を投げ捨て、プレイしている姿勢にはむしろ畏敬の念を僕は抱いています。

親の喜ぶ選択。
一年前に内定した企業はマザーズに上場していたので、母親はとても喜んだ。
一流大学に入ったわけでもない自分が、一部の企業による学歴差別と戦いながらも結果を出した事に喜びを見いだしたのです。

しかし実際にそこでインターンをしてみて感じた事は、マザース上場といえどただのブラック企業ではないか?という身も蓋もない感想でした。(もっというとただのバブルの波に乗っただけの企業だった)

今、証券会社からの内定もとれずに、なんとかもらった小さな会社からの内定(のようなもの)も蹴って、友人達と起業をした事を、両親は喜んでいない。
父親からは「金を稼ぐ事は簡単なことではない」と言われたし、祖母は「大学まで卒業してなんにために今まで大学に通ったのか」とヒステリックになった。
おそらく母が生きていたら、同様に喜ばなかったでしょう。

しかしそれは彼らが悪いのではありません。
彼らが生きてきた世界と、僕が今生きている世界が違うだけ。
彼らが大学を卒業する頃なんて、ベンチャーに就職という選択肢なんてなかったし、年功序列が当たり前の世界だったから大企業に就職する事が美徳だった。
ただそれだけのことです。

今は大企業に行っても、人が羨む生活ができるわけでもないし、成長ができるわけでもないし、安定した雇用があるわけでもない。
既存の組織に属す事は、自らを奴隷化することと本質的には大差はありません。

企業は(特に大企業は)、優秀な人を採用したいのではなく、自社の持続的な拡大に貢献をする人間を求めているだけなのである。
もっというと弊社が求める人材云々なんてのはまやかしで、誰でもいいというのが現実なはず。
具体的に業種や会社名は書きませんが、離職率や採用人数が著しく高い組織では、それを見据えた採用を行っています。
でも就職偏差値的にはそういった企業から内定を貰える事は勝ち組で、大学もそれを礼参したり、実績に見せたりするものだから、現実に目を向ける人はいないに等しい。

ベア心理にある自分を奮い立たせるためにも、この投稿を糧に、自分を勇気づけて前に進んでいきたい。
そして結果を出して、いつかこの選択を認めなかった人たちを見返したい。
スポンサーサイト

明日(1日)からヒルズ生活です

どうやら29日に大学の卒業式があったようで、それを30日と思っていた僕は出席をし損ねましたw
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

卒業式の件は週明けに大学に電話で聞くとして(卒業証書さえもらえればいいので)、明日からの僕の生息地の変更についてお知らせします。

明日からは六本木ライブラリーを仕事の拠点にするので、基本平日は毎日そこにいます。
同僚達はアルバイトをするために夕方には帰ると思いますが、僕は特別帰る必要性もないので、20時ぐらいまではいてもいいかなーと思ってます。

というのも、前回書いたように話題の本が読み放題ですし、スペース的にもゆとりがあるため、非常に過ごしやすい場所だからです。

これが大学だと、そうはいきませんw
まず座る椅子が安物なので長時間座っていると腰が痛くなります。
さらにはインフラが充実しておらず、例えば無線LANが自在に使えるわけでもなければ、意識の高い人がいるわけでもありません。

厳密には意識の高い人はいるのですが、それは学業に対してであって、ビジネスをする上で意識の高い人がいるという意味ではありません。
これが六本木という場所になると、基本、周りは社会人のみでしょうし、良くも悪くも資本主義の中心にいるような会社が周りにゴロゴロあるので、アグレッシブな環境に自分を追い込める。

ギラギラした欲望が渦巻きながらも、出会える何か、出会える人がいるだろうし、それは大学とは全く別次元。

大学が悪いのではなくて、アカデミックな場所というのはそういうものなのだと思います。
アカデミックな場所でビジネスチャンスを見いだすならば、それこそMBAなどを国内で提供する大学院に通ったほうがいい。(それも実務経験を積んでから通った方がいいと思います)

そんなわけで、明日から六本木に生息しますので、近くにいる方お時間あればコーヒーでも一緒に飲みませんか?
また僕は六本木の事はよくわからないので、おしゃれなバーや安く食事ができる場所を教えてもらえるとありがたいです。

スターバックスに対する消費ROIの低下、それに伴う競合他社のプロントの優位性について

最近、お客さんと会ったり、同僚と話すためにコーヒーショップを利用するのですが、スータバックス業績の悪化というニュースの背景をかいま見ている気がします。

それは一言で言うと「大衆化に伴うブランドイメージ低下」です。
本国でスターバックスが流行した背景には、フェアトレードを通じて客がいいことをしていると感じる事が出来る事、絵画や照明にまで配慮をした高級感ある店内というのがあったと思います。

しかし今やそれは珍しいものではなくなってしまいました。
フェアトレードを専門にするビジネスを手がけるのはコーヒーショップ以外にも現れましたし、店内の高級感は顕在するものの、回転率に比重を彼らは置きすぎています。

回転率というのはどういうことかというと、つまり限られた店舗面積に可能な限り客を詰め込もうという目論見が強いではないかという意味です。

これは競合もやっていることですし、東京は土地がないので仕方がない面もあります。
僕が指摘したいのはスターバックスは大衆化をしたかったのか、富裕層やビジネスマンなどお金を使える人に特化したかったのか明確でなかったのではないかということです。

競合を見ればスターバックスと同じ路線を展開しながらも、プロントのように費用対効果の高い店舗作りをしているお店もあります。
プロントはスターバックスと異なり全席禁煙席ではないのですが、喫煙スペースというのを作り、分金をすることでタバコを吸う客にも配慮しています。

日本のビジネス社会は自殺率の高さを見ればわかるように(例えばIT業界は全業種中トップです)、極めてストレスフルな環境なため、喫煙でそのプレッシャーやストレスを紛らわしている人も多い。
そういった客が訪れる場所、たくさんいる場所である東京に店舗を展開する以上、喫煙客を無視できないとプロントは考えたのでしょう。

またメニュー構成についても、プロントは軽食が充実しているの対して、スターバックスはあくまでコーヒーがメイン。
単価も高く設定しているのだから、客としては快適な空間を提供して欲しいと感じるのですが、スターバックス的にはコーヒーを飲んだらさっさと帰れといわんばかりの、窮屈な空間です。

別の競合に目を向ければルノアールというコーヒーショップがありますが、こちらは喫煙スペースを分けていないのと、インテリアが古くさい。
もっというとどこか安っぽいのです。

僕個人の要求を述べるならば、カウンター席を設けてACアダプター完備、喫煙コーナー分離、軽食からコーヒーまでの最低限のラインナップがあるといいなーと思います。
一部の店舗ではこうったものがすでに完備されている店もあるようですがまだまだ少ない。

在宅勤務を導入する企業が大企業を中心に現れてきたように、今後は仕事をする場所がオフィスに限定されてない流れが加速していくと思うので、それを見据えた店舗作りをするチェーンが増えればいいのにと思います。

SBSメール便を個人で契約する その他 メール配達サービス

結論から言うと、個人でのSBSメール便の契約は現実的でありません。
以下が理由です。

1、まとまった数のある契約を主体としている
2、集荷のために費用が発生する

1については企業がダイレクトメールを顧客に大量に何千通という数で送る事を想定しているという意味です。
個人レベルだとたかだが数十通がいいところなので、既存のヤマト運輸のクロネコメール便や佐川飛脚ゆうメールのほうが相性が良い。

2はそのままの意味です。
こちらもクロネコメール便、飛脚ゆうメールは集荷に費用はかからいため優位性が高い。

その他のメールサービスはどうか?
WIkipediaのメール便という項目によれば、現在国内のメール便のマーケットシェアは、


1. ヤマト運輸「クロネコメール便」19億7018万冊、シェア85.3%
2. SBSポストウェイ「SBSメール便」1億1388万冊、シェア4.9%
3. 佐川急便「飛脚メール便」9607万冊、シェア4.2%



となっていて、この他に次のようなサービスが存在します。

# 日通メール便
# 飛脚ゆうメール
# フクツーメール便
# ゆうメール(日本郵便)



この中で私が利用しているのがクロネコメール便と飛脚ゆうメール、それからゆうメールです。
SBSメール便を利用しないのは前述の通り、価格優位性がないからです。

飛脚メール便を利用しないのは、他のサービスと比較して格別安くないから。
日通メール便は重量課金とゆうメールに近いが、あまり安さを感じず。
フクツーメール便はサービスが終了している模様。

基本厚み2cm以下で重さがあるものはクロネコメール便を使います。
厚みが2cm以上3.5cm以下の荷物と、軽さが200g以下でかつ厚みが1cm以上ある荷物は飛脚ゆうメール便を。
それ以外の荷物は通常のゆうメールで発送をしています。

発送に関しては当初は何も考えずにメール便とゆうメールだけを利用していましたが、未収契約の存在を知って以来、色々調べてコスト削減に繋げました。

今回たまたまSBSメール便が自宅に届くダイレクトメールに使われていた事から徹底的に調べましたが、今の自分の利用状況が効率性、経済性ともにベストのようです。

自宅まで取りにきてくれる事。その集荷で荷物の8割以上がカバーできるので時間的節約、経済的節約面でもメリットが大きい。

発送事故はたまにありますが、それも100通送って1つとかそれぐらい。
無視できるレベルです。

今後もこの形態で荷物の発送を続けていきたいと思います。

プレゼンテーションの資料を自分達できれいに印刷するためのアイディア

経営者や投資家に自分たちのアイディアをプレゼンテーションする際に、紙媒体で説明する事があります。
誰もが大学にいた時のように、あるいはインフラが完成している組織でプロジェクターを使えるわけではありません。

むしろ突発的な会議、場所を選ばずにカフェなどで話す時には紙媒体ベースで説明する事は多い。

今まではFedexで印刷をしていたのですが、品質の良い印刷ができる反面、価格がべらぼうに高い。
両面印刷はもちろんのこと、片面でもコピーで10数枚の印刷を数部刷ろうとすると8千円をざらに取られます。
しかも学生割引を使ってこの価格です。

さすがにこんなことをやっていたのでは資金がいくらあっても続かないので、僕らは自分たちで印刷をする事にしました。
Fedexのようなプロユースのサービスを経験した事で、何を揃えればいいのかはすぐにわかりました。

すなわち次のものを揃えればFedexに近い仕上がりを自宅で実現できます。
1、それほど古くないインクジェットプリンター
2、高品位な印刷用紙
3、MAXの26枚まで止める事が出来るホチキス

1については家庭で印刷をするのでインクジェットプリンターになります。
家庭向けレーザープリンターでもいいのですが、イニシャルコストが高いのと機種が少ないのであまり現実的ではないでしょう。
コンピュータの購入時にプリンターも一緒に購入する人は多いと思うので、どの家庭にもインクジェットプリンターというのはあるのではないでしょうか。
キヤノン、エプソン、ヒューレットパッカードなどいろいろありますが、好きなのを選ぶといいと思います。

数十年前のモデルなど、極端に古いモデルでなければ中古でも大丈夫です。
新品で買うなら複合機を選びましょう。
コピーやスキャナーがあるのは便利です。

キヤノン PIXUS MP610

2については、いわゆる250枚で300円といった極端に安いものはやめましょうという意味です。
かといって50枚2千円といった紙を選ぶのもオーバースペックなので、100枚500円程度の紙を購入すれば値段と品質のバランスが優れた仕上がりが実現できるでしょう。
プリンターから印刷する時、紙の種類を「高品位」や「光沢紙」など変更する事を忘れずに。

KOKUYO カラーレーザー&カラーコピー用紙(両面印刷用・セミ光沢紙)(中厚口) A4 100枚 LBP-FH2810

3については、細かい所ですが仕上がりに関連して共有です。
古いホチキスや安物のホチキスだと刃が紙に通らずに、何度もやり直す事がありますし、それに伴う時間の損失、ストレスが無視できません。
たかだが千円前後で最も品質の高いホチキスが買えるのですからけちらずに揃えたほうがいいでしょう。

今のホチキスは刃が一度で通る事はもちろん、打ち終えた刃が平になるようになっていて、仕上がりが非常に美しくなります。
これは店頭などで比較をしているお店もあるのでぜひ見てみて下さい。
細かい所ですがだいぶ印象が変わります。

MAXでないといけない理由は、Fedexも使っている事、昔からホチキスと言えばMAXという認知がされているからです。

マックス パワーフラットホッチキス HD-10DFL ダークグレー HD90018


個人的メモ
銀座のITOYAは品揃えがいいが価格が高い。
同じ商品を地元のホームセンターでバルクで300円安く発見。
また紙も高品位なものが同ホームセンターにて200円ほど安く売っている。
今後はよほどマニアックな商品でない限り消耗品は全てホームセンターで揃えるという理解で良い。

バビロンの大富豪が再販されました strong buy

中古マーケットでは5千円以上の値段で、長期間に渡って取引をされていた歴史的名著のバビロンの大富豪が再販された模様。

それに伴い、このバブルにも終幕が訪れました。

万人に読むメリットを有するこの名著は、富の繁栄がいかにして訪れるのか、また時として富を手に入れたものが一瞬にしてそれを失い、借金にあげくという怪現象に対する答えを読者に提供しています。

特筆すべきは、古代から現代に至るまで、富に関する考え方、源流は変わらないということです。

当ブログでも過去にこの本は推奨をしていましたが、安価に購入できるようになった今、改めて買い推奨を出す事ができる事をうれしく思います。

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか
バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか大島 豊

おすすめ平均
starsキングベアー出版のものと、装丁までほぼ変わりありません。
stars作り話でしょう,というのは大間違い。
stars蓄財法よりむしろ忍耐力強化法といったほうがいいかもしれません

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

キュラーズよりも安価で自宅から近い倉庫を紹介していただきました

ヤマトさんの営業所に、伝票の発行をお願いしにいき、自分の近況報告を話していたら、自分が個人で始めようとしている事業の話に食いついてきて盛り上がる。

主に、個人を対象にした書籍やDVD、ゲームの買い取りを古物商を取得してはじめようと今考えていて、ターゲットは自分の地元と隣町のみ。
それ以外の地域はタクシーでの遠征になるため出張買い取り料金を頂こうと思ってます。

当然、商品を置く倉庫がいずれ必要になるので、キュラーズを中心に貸し公庫を探していたのですが、灯台下暗しで自分の住んでいるアパートから徒歩5分圏内に魅力的な貸し倉庫が2つもあることを教えていただきました。

一つは0.5畳で5300円からと、立地条件を考えればかなり魅力的なプライスです。
厳密にはキュラーズにもこういった条件のスペースはあったはずですが、彼らは広告を電車内に出すなど知名度も高く、安価なスペースはすぐに埋まってしまいます。

実際自分が聞きにいった時は、一番安いスペースでも2万円程度でした。
キュラーズの建物までは自宅から徒歩10分弱はかかるのと、彼らの対応のしょぼさに失望をしたので貸し倉庫契約は見送っていたのですが、ここにきて大きな進展です。

もう一つは、まさに倉庫専門の巨大なスペースを持つ業者で、こちらも値段は2万円程度とのこと。
広さなどはわからないのでこれから調べようと思いますが、キュラーズよりも自宅から近いため魅力を感じます。

探してみると貸し倉庫というのは案外見つかるものですね。
私が千葉に住んでいた時も自宅から徒歩5分程度の所に、貸しコンテナがあったのを覚えています。
モノが溢れる昨今の時代を反映して、こういった貸しスペースの事業は一定の需要がある手堅い商売なのかもしれません。

大学内のステークホルダーの方々へ

私の大学のアドレス@nifty.comが今月限りで使えなくなります。
今後私への連絡は@gmail.comのアドレスまでお願いします。

DELL Vostro1200にXPをインストールする SATAドライバーの結合、その他

目的を達成するために、高度な知識や時間を要求するWindowsが普及しているおかげで、使う側も一苦労する事が少なくありません。

同僚のラップトップにWindowsXPを再セットアップしようとしたら、ディスクが見つかりませんとエラーが出てお手上げ。
別府さんに助けてもらって復旧です。

どうやるのかと言うと、XPのインストールCDにはSATAドライバーが入っていない(入っていてもチップセットに対応していないとダメ)ことがあるので、自分でドライバーを結合します。
nLiteというインストールディスク管理ソフトを使って、ドライバーを結合したらうまくいきました。

DELLのホームページからドライバーのダウンロードという項目を選び、コンピュータの種類を選び(ラップトップ)、その次に機種名(Vostro 1200)を選びます。

そうするとOS別にドライバーをリストアップするページに移動できるので、XPを選択。
言語は英語のままで問題ありません。

SATAドライブという項目があるので、そこにあるドライバーをダウンロードして、解凍。
nLiteで結合して、CDないしDVDに焼き付けて完成です。

こういった作業は始めてコンピュータを使う人、逆に使い慣れていても私のようにそういった事態を知らない人間には非常にわかりづらい。

Vistaでは最初からSATAドライバーが入っているので、同じような問題は起きないようですが、XPへのダウングレードをする人が、Vista購入者の35%というデータがあるように、まだまだXPは市場から求められているOSなのです。

メーカーにはXP環境でのセットアップの方法、マニュアルも含めてダウングレードに関する情報をもっと充実をさせて欲しいと思います。(とはいえメーカーが公式にnLite使って下さいとユーザーに言うのは無理があるか?)

その他メモ
nLiteを使うと不要な機能を削除する事ができます。
OutlookやMSN Explorerなどは使わなければ削除してしまいましょう。

インストールディスクにオフィスやFirefoxを結合する事もできるはずなのですが、その方法がまだわからず。
いずれ実現させたい。
そうすればOSインストール後のセットアップの時間を大幅に削減できるようになります。

成りたい自分

数日空いてしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は元気にやっております。

自分の中の変化、外の変化でも次々とマイルストーンが起きています。

怒らないという目標を先日立てましたが、だいぶこらえられるようになってきました。
それに伴い、周りの人の声を聞き入れるようになれたこと、自分の発言の前に相手の考えを理解することを意識できるようになりました。

話を聞く時にも型のようなものがあって、いきなりあれもこれもばーっと話すのはダメで、はじめに要点を話す事。これが重要であると感じております。

こんな感じで、成りたい自分に少しずつ近づいています。
それは周りの人の協力があってのもので、極端にサイコな人と付き合わずにいられることに感謝です。

出会いの面で言えば、こんな人いないのかなーと思っていた人との出会いが実現をし、またその方の考えが自分自身が大切だと思っていた事と一致していたので非常にエキサイティングです。

コンピュータの使い方を教えて感じていた、裕福な人(生徒はとても裕福な方達なので)ほど質素な生活を心がけているのはなぜなんだろう?という疑問にも自分の中で答えを見いだせました。
これは本などでも書かれているのでしょうが、端的に言うと「派手な格好や生活をすると損をするから」というのが答えです。
ただ、本を読んだり、人から聞いたりして、ふーんと思っているうちはまだまだで、やはり自分の目で見て、感じて、きちんと腑に落ちないとこれは理解ができないと思います。

普段はジャージ姿で、部屋の中にも極端に高価な家具は置いていない。
でも必要な時に必要なだけのお金を出す事が出来る。
そういう裕福さが僕が成りたい裕福さであることも再確認できました。

車を何台も持って、ブランドものに身を固めるのは、teenの頃にはかっこいいと思ってましたが、それはちっともかっこいい事ではありません。
異性にはもてるのかもしれませんが、それは持続的な魅力ではなく、その派手さに一時的に人が引き寄せられている結果にすぎません。
そういう人は実はとても孤独で、その状況を派手に振る舞う事で、見かけ上人にかこまれているように演出しているのです。

僕が求めている豊かさとは、前述の必要な時に必要なだけのお金を出せるというのもあるのですが、精神レベルでの充足感だと思っています。

ストレスな生活が嫌なのでもなく、何かに拘束され続けるのが嫌なのでもなく、ただ自分が管理できない何かに利用される恐怖。
それを解決したくて走っているのだと思います。

僕は経験からのみ学び、行動を起こせる人間なので、走り続ける事でしか成長はできません。
そして働くことの醍醐味がまさにそれで、働くことで成長が出来る。

無論、既存の組織に行っても成長はできるのでしょうが、伸び幅としては弱い期待値になります。
なぜならば既存の組織では最終的に誰かが責任を取ってくれますし、誰かに相談をしたり、教えを請うことも容易だからです。

僕も含め同僚達も、小さな失敗から大きな失敗までたくさんしますが、そういった経験から自分たちでやるためにはどうすればいいか?ということを考え、ここ1ヶ月様々なアプローチを試みました。
結果、少しずつですが、チャンスも広がり、経験も積め、ビジネス的にもメンタル的にも前進ができました。

就職活動をしていた時、「大学時代に知っていた事はとてもちっぽけな事だった」という社員の方の話を聞いた事があるのですが、それは本当で、働いてから学べる事はとても多い。
実経験から学べる事は、大学での表面的な理論や、限定的で結果が明確な課題からの経験値とは比較にならないからでしょう。

自分が求めている事は何なのか、具体性のある生活が始まってからそれが明確になってきました。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。