スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は360はROIがかなり高いんじゃないか?

僕はマイクロソフトのOSは大嫌いですが、ハードウェア部門やMS Officeなどはそれなり評価をしています。

そのハードの中ではマウスやキーボード、そして最近はゲーム機のXbox 360に注目をしています。
それはなぜかというとロストオデッセイというゲームをプレイしたいからですw

このゲームは中古市場でPS3でもWiiでもないという理由から?暴落をしていて、今では2千円前後で購入が出来ます。
大作であること、発売してからそれほど時間が経過をしていない事を考えるとこれはかなりのROIが高い案件ですw

アマゾンでの評価を見ていてもロストオデッセイは何か感じる事が多く、プレイしてみたいという思いが強くなってきました。
他にプレイしたいソフトがないので、本当に買うかどうかは微妙な所ですが、FF13が360にも対応するのではないか?という噂を見ていると買ってもいいなかなーと思ってしまいます。

ロスト オデッセイ(特典無し)Xbox 360(HDMI端子搭載)

松藤民輔 アメリカ経済終わりの始まり、世界バブル経済終わりの始まり

アメリカ経済終わりの始まり──脱ペーパーマネー経済時代の超資産運用論  世界バブル経済終わりの始まり──実践・臆病者のための黄金の投資学

最近は読書のペースも落ちてきていますが、なかなかおもしろい本を見つけたので紹介。

松藤さんはソロモンブラザーズ証券を経て、現在は金鉱山オーナーとして活躍をされている事業家兼エコノミスト。

恥ずかしい事に僕はサブプライムなんてものはニュースで取り上げられるまで知らなかった。
しかし貼るべきアンテナを貼っていれば、松藤さんのようにニュースになる前からをそれを指摘し、株価の暴落を予想する人がいたのだ。

本を読まない事、新聞を読まない事というのは恐ろしい。
これは人から指摘されたってできるようになることではない。
自分でそれがどうしても必要な事だと気がつかない限り、習慣性なんてものは20歳もすぎればなかなか変えられない。

松藤さんによると、世界の経済がペーパーマネーから金のような商品に主軸が移行していくいう。
また逆張りの相場観が大事で、人と同じ事をやっていたのでは大きなリターンは期待できないとのこと。

すでに話題になってしまったり、本になってしまった時に、あるビジネスがもう一番の収穫時を終えていると言うのはよく言われる事だが、そういった流れの中で他人からは理解されないような考えを持って、ポジションを貼る事で大きなリターンというのは得られる。

昨今の売り手市場の中、従順さを表現できれば大手企業と言われる会社からの内定は、一定の学歴というパスポートのある者ならば得るのは難しくない。
そして学生の間でもそういった企業に就職する人=優秀な人という図式があるように見える。

しかしそれは本当に安定的なリスクヘッジと言えるのだろうか?

具体名は出さないが、既存の完成した組織に長く所属すればするほど、こういった”安定志向の人間”が見られように見える。
そしてそれは「重箱の隅をすぐにつついて、行動が起こせない人間」を生み出す。

昨日友人とも話したのだが、もう今の時代、高校に進学する必要もないと思うし、大学も行く必要も特別ない。
大学でしか出来ない何かがあるならば話は別だが、そういった人は本当に希だろう。

高校など行かずに、高卒の資格を取って、専門学校なり、海外の大学に飛び級制度を利用して入学した方がROIははるかに高い。
井の中の蛙で、小さな世界の中で悦に浸って得られるものは何か?
クラブ活動や委員会。
それも大事だろう。
だが、そういった所に本当に優れた人間はいるのだろうか。

逆張りという考え方。
平凡な生活を幸せと定義するのならば話は別だが、何かドラマであるとか、心の充実感を求めるならば、どこかで自分のオリジナルなポジションを張らなければならない。

松藤さんは、本の中で世代別に投資スタイルの提案をしている。
20-30代であれば長期投資、40-50ならばキャリアを活かした目利きを通じた投資。(株でも商品でも良い)

僕の場合であればまさに20-30代にあたるので長期投資。
その中でも松藤さんは株価暴落後に底値で買う事を提案している。
僕が今まさに実行している事にこれは近い。
これはおそらく個別株でも良くて、流動性の高い銘柄を底値で買う事を松藤さんはまた推奨している。
そしてそれをホールドしておけば引退する頃には株価は上がっているだろうと。

株価は長期で見れば、高値で掴まなければ上昇傾向にあるので、長期投資ができる若い世代に向いているというのは他の本でもよくよむ指摘なので非常に共感が出来た。

生活必需品の洗顔フォーム、食器洗い洗濯機用の洗剤を解雇します

タイトルの通り、生活必需品の中から以下の商品を解雇します。
今後は買わないという意味ね。

1つめは洗顔フォーム。もう一つは食器洗い洗濯機用の洗剤です。

前者に関しては、石けんで何ら問題ない事、バスルームの中に無駄なものを置きたくないという思いから解雇しました。
実は思考停止をしている面もありますが、この商品はROI的にもそれほど高くありません。
3個で200円で売っている石けんで代用が聞いてしまう事に気がつくと買う気はもう起きませんでした。

後者については、重曹に置き換わります。
あるいはクエン酸でも代用可。
自宅での食器洗いというのは極端な汚れは出ません。
油を使った所で、使い終わった後にキッチンペーパーで拭き取っておいたり、すぐに洗う事で手間を簡略化できます。

面倒な事として皿洗いを敬遠してしまうこともあると思いますが、実はROI的には食べ終わった後すぐ、洗ってしまうのが最も簡単に汚れが落ちて、手間がかかりません。
カレーライスなど、食器に汚れがつきやすい食べ物ほどこの傾向が強いです。
そして、食べ終わった後に汚れを落としてしまえば、強力な界面活性剤は不要。
重曹やクエン酸で十分ではないかと思うわけです。

これはまだ仮説の段階で実行をしていないのですが、たまに洗剤を入れ忘れて食器洗い機を動かしますが、それでも問題なく汚れは落ちている事からもあながち的外れな仮説ではないと思っています。

今回の解雇により、月ベースで300円ほどのコスト削減、年ベースで3600円の削減に成功をします。
この額が大きいか小さいかは人によると思いますが、削減した300円で何か別のROIの高いタスクをみつけて取り組めればいいなぁと思います。

OSX Pantherに対応しているブラウザ 

中古でちょいと古いMacを買うと、TIgerやLeopardは厳しいスペックのマシンもあるかと思います。
また会社や大学で使わなくなったライセンスを譲り受けていかしたいと考える人もいるでしょう。

そんな時に古いバージョンのOSというのが、選択肢としてありますが、機能的な制限が時間の経過とともにどんどん増えていきます。

今であれば一つ前のTigerはまだ問題ありませんが、そのもう一つ前のPanther(10.3)ではFirefoxはもちろんの事、Apple純正のSafariすら最新版にアップグレードはできません。

両ブラウザともに10.4以上を要求していて、Pantherユーザーは相手にされていません。
厳密には古いバージョンであれば、サポートをしていたりするのですが、最新のセキュリティやテクノロジーの恩恵をそういったブラウザは受けられません。

しかし、他のブラウザーに目を向ければまだ対応しているものもあります。
今、調べた限りではPantherを正式にサポートしているブラウザは以下の通り。

Opera

Opera 9

OS X Panther (10.3) or higher on an Intel- or PowerPC-based system. OS X Jaguar (10.2) is believed to currently work, but is officially unsupported.

Opera 9 is a Universal Binary, which allows it to run on both Intel-based and PowerPC-based Macs. This is the reason for the large file size compared to other platforms.


Camino

Mac OS X 10.3.9 or later


最近、自宅用として、バックアップ用として安価になってきたPowerBookの15インチ、ないし17インチを買おうと思っていて、それにPantherをインストールして使おうと考えて、いざ対応アプリーケーションてどうなのよって見てみたら対応してないのが多い。

専門的なアプリケーションは仕方がないとして、メーラーやブラウザは使えるレベルかそうでないかに直結するので気をつけねばなりません。

Windowsならそれはなおさらですが、Macでもこういった制限があるというのと、情報共有の意味合いで今日は書いてみました。

少なくとも、自分の住む地域間しては流暢に説明できるようになっていたい

友人と英語で話していて感じるのが、自分は自分の住んでいる場所をあまり知らないのだということ。

彼らが And what do you suggest? と尋ねてきても、僕はただ I basically came here find some books.と応えるだけ。(つまり彼の質問には答えていず、何もわからないと言っているのと等しい状態である)

今までも観光をする機会は何千回とあったがそれを破棄してきた。
著名なスポットから始めて、臨機応変に対応できるようになっていたい。

再会

アメリカから来た友人と再会。
思った以上にタイトなスケジュールだったらしく、彼がこれから仕事をする先に新幹線で移動するまでの数時間を共有した。

アメリカに帰ってから彼は結婚をして、奥さんと一緒に今回は来日。
奥さんは日本がはじめてで、かなりナーバスに見えた。

それは天候がすごい暑いというのもあるし、慣れない環境でストレスが溜まるというのもあるのだろう。

英語は思った以上に話せて、意思疎通は問題なく完了した。
まだジョークだとか世間話は流暢に出来ないので、なんとか機会を見つけて練習の場をこれから持ちたい。

仕事が軌道に乗れば、英会話学校に通う時間も確保できるだろう。

彼はこれから日本に二年間という長期滞在をするから、その気になればいつでも会いにいける。
新幹線で2-3時間程度しか東京からはかからない。

現地で良き友人が出来る事を、そしていい意味で日本の良さと、アメリカの良さを併せ持った生活を彼がしていければと願う。

彼が僕に与えた影響は大きく、英語を使い続けるモチベーションになっている。
伝えたい事があれば人は不慣れな言語であろうとアンテナを貼るものだ。

彼に対して、自分も恥ずかしくない生き方をして何か価値のある、意味のある人間になっていきたい。

六本木ライブラリーに見学に行ってきました

見学に行ってきました。
目的が何であれ、個人オフィスとして使うには最高の環境です。
人に教えたくないぐらい気に入りました。

今までは大学であったり、同僚のアパートで仕事をしていたのですが、そういった制限のある場所ではどうしても生産性が上がらない。

大学では共有のPCが使用制限があって使いづらかったですし、友人のアパートは椅子がないので、その場にいるのが苦痛でした。(椅子生活になれると長時間座れなくなります。)

会員になるためには、個人での契約と法人向けの契約があって。大半の人は個人契約になります。
入会金が1万500円、月額利用料金は9450円。

これで六本木ヒルズ49階に、自宅でも会社でもない第三の空間を所有できるようになるのですから安くて仕方ありません。

もちろんメリットは他にもあります。
ライブラリーという名の通り、話題の本が常に揃っています。
100冊入れては、100冊を処分していくという回転図書館で、常に話題の図書にアクセスができます。

他にはイベントや、施設の割引特典があります。
グランドハイアットのレストランが割引利用できたり、施設内で開講されるセミナーが割引価格で受講できるようになります。

そして何よりも特筆すべきメリットは、人脈ではないでしょうか。
自己啓発はもちろんのこと、私のような起業家も利用しているそうですから、そこで出会える何かに可能性をとても感じます。

サークル活動も行われているようなのでそういったものに参加すれば、自ずとメンバーと会話をする機会が生まれるでしょうから、利害関係を抜きにした大人の友人ができるかもしれません。
大学を卒業してから利害関係抜きの友人というのは基本的に作るのはとても難しいと思うので、これはとても魅力的です。

最後に私のように仕事で使おうと考えている人のため、メリットをもう一つ紹介。
メンバーの同伴があれば施設内のカフェを接待や会議の場として外部の人を招いて利用できます。
外部の方にはカフェでの千円以上の買い物が義務づけられますが、それも自分たちがお客さんをもてなす費用として払えばいいので大きな問題ではありません。

地上49階からの眺めはさすがといったところ。
トイレがちょいと汚いのが気になりましたが、まあ許容範囲でしょう。

契約の方向で同僚と検討をします!

WX320TでGmailを読む方法 080814更新

初期設定だと読めなくなったみたいなので調べました。
以下の設定を変える事で読めるようになります。

1、Webボタンを押す
2、8のオプションを選択
3、4の表示モードを選択
4、Smart-Fitモードを選択

以上です。

六本木にオフィスを持つ事

オフィスが六本木にあったらかっこいい?
それが月に1万円で実現するとしたら?

六本木ライブラリーという存在を、仕事を通じて知り合ったから教えていただきました。
オフィスを持っていない弊社メンバーにはとても魅力的に感じています。
当初は賃貸マンションでも借りようかと話していたのですが、ラップトップを使いこなせる我々にはROI的にもROA的にも低いのです。

見学会というものがあるらしいので、まずはそれに参加しようと考えています。
良くも悪くも、ギラギラとしたあの街で仕事をする事で、出会える何かもあるでしょうし、それが月1万円というのははっきりってタダに等しい値段です。
そんなおいしい話あるのかよ?という疑問もあるので、混雑状況や、設備の詳細など、見学会で聞いてこようと思います。

自宅から六本木までは電車一本で20分ほどなのでまずまずの許容範囲でしょう。

Miracle has happened. My friend came form US again!

信じられない!
アメリカから僕の友人がまた日本に来ているようだ。

今朝方、メールが届いて、日本に仕事に来ているとの事。

彼の夢であった英語の教師として働くことがついに実現したのだ。
8月の15日から2年間に渡って岩手県に滞在するそう。

やばいなー。彼とはまだ人生の中で再会する気がしていたけれど、まさかこんなにはやくその日がやってくるなんて!

ものすごく、エキサイティングだったのですぐに返事を書いて送っておきました。

再会の時が待ち遠しくて仕方がない!
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。