スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROIという考え方 結局僕が伝えたかったのはこれだったのかもしれない

ROIという言葉があります。
return on investmentの略でありますが、これがありとあらゆる事に応用ができると最近感じてます。

例えば主要取引銀行を選ぶ時、フィナンシャルリテラシーが低い人はこう考えます。
「とりあえずメガバンクに預けておけば大丈夫。まあ○ずほか○FJかな。」

ROIの考えを理解している人はこう考えます。
「僕はネットも使いこなせるし、家の近くにはセブンイレブンがある。そこで利用できる金融機関を選べば、手数料的にも時間的にも大きな節約が出来るぞ」

この感覚伝わるでしょうか?

行動に対する利益、それは自身に対しても、株式会社であれば株主に対する影響の考慮なわけですが、この考え方はとても大事だと思います。

何も投資する資本というのはお金でなくてもいい。
時間でもいいのです。

例えばこんな感じです。

ROIを理解していない人の思考パターン例。
「明日は部長にプレゼンだ。あれもこれもそれからついでにこれも報告しよう。発表時間は30分だけどいつも会議は延長するものだしいいや」

ROIを理解していて、時間に対する投資効果を考える事の出来る人の思考。
「明日の部長のプレゼン、最も伝えたい事はこれだな。AやBに対しても考察の余地があるが、それは会社全体の利益と部長の時間を奪って自分が発表するメリットとしては弱い。従って最も伝えたいメッセージを全面に押し出して、発表時間の20分を割こう。残りを質疑応答に回し、それでも時間が余ればAとBに対する指摘を含めよう」

前者も後者も同じ目的に対するアプローチな訳ですが、懸命なる皆さんにはどちらが望ましい行動パターンか明確でしょう。

後者の人と僕であれば仕事がしたいと思います。
コミュニケーションとは相手の時間を奪って何かを理解してもらう事。
しかしながら人間が一度に把握し理解できる情報には限界がある。
従って、伝えたいメッセージに優先度を設定し、優先度、それはROIに延長をして行動対効果が高いメッセージを相手に伝える。

僕の同僚達にも最近このROIという考え方が受けているので、彼らにも時間をかけて一緒にこの考え方を理解していきたいと思います。

みなさんは自分のステークホルダーに対してROIを考慮した上でアプローチをした事がありますか?
スポンサーサイト

登記完了 レンタルサーバーと契約、名刺を作成 いろいろやりました

ここ数日は足下固めということもあり、アクティブに動いています。

仕事というのは与えられるものではなく、創りだすものだ。
そう知って、実際やろうとするととても難しく苦労をしています。
新聞を読む事も仕事になりうるし、街を歩く事も仕事になりうる。
これは既存の組織に勤めていても同じ事ですが、事業家としてやっていく以上、強く意識しなければいけないと考えています。

今日やった事はこんな感じです。

会社として正式に登記が認可されたので、co.jpドメインを取得。
どのレンタルサーバーを選べばいいのかわからなかったので結構適当に決めてしまいました。
(どこかいいところがあれば教えて欲しいです)

僕としては事前調査をしたかったのですが、スピード重視でそこは妥協です。

名刺も作成。
肩書きは最高情報責任者(CIO=Chief Information Officer)にしました。
なんでもよかったのだが、適当な名前が見当たらなかったのでこれもノリです。

拘束時間としては短く、5-6時間程度働いて、メンバーはそれぞれの活動に戻っています。

友人らは生活費を稼ぐためにアルバイトをしていますし、僕はネットでいろいろなモノを売っているので、顧客との連絡、案件発掘に時間を費やすわけです。

とりあえず、悪い意味での緊張感は働いていてありません。
居心地の悪さというのでしょうか?

言わなくてもわかる。相手が理解できない事に対して腹を立てる。相手が出来ない事に対して腹を立てる。

これをしなくてすむのが一番大きいです。
それはなぜかと言えば、100%本音で話しても嫌われる事がないと確信をしてコミュニケーションができるからです。

この辺りはいくら親密になった所でBtoBの前提の元のrelationでは難しいと思います。

xx部長には父親のように接してもらって云々と言っても所詮は他人。
会社を退社したら付き合わなくなるし、利害関係がなければ仕事も一緒にしないでしょう。

僕らは違います。
利害関係がなくても一緒に行動をするし、退社した後も付き合える。

それは欠点でもあり、強みでもあるわけですが、今の所「言わなくてもわかる」というのを徹底して排除している事もあり、うまくいってます。

これが従業員を雇うと、組織のカルチャーに対する影響として、生産性の向上と引き換えにボードメンバーの思想が薄れるという副作用を伴うのでしょう。

この辺りの問題にどのように対処していくかは難しい所です。
ルール化をして、その通りに実行をさせるのであれば、それは巨大組織における社畜と大差なく、かといって自由を与えると「言わなくてもわかる」といったような思考パターンで短期的な結果のみを追求する人間が現れる可能性がある。

今は心配する事ではないけれど、いずれ考えなければならないとても難しい問題です。

明日は調査した事を共有して、少し早めに仕事は終わる予定。
大学で実質最後の試験があるので、ちょうどいい。

ブログを書く時間もしばらくは確保できそうです。
それからYoutubeの更新もさぼってますが、購読をしてくれる人がいたりとモチベーションうpの要因もあるのでなるべく近いうちに更新します。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。