スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROIという考え方 結局僕が伝えたかったのはこれだったのかもしれない

ROIという言葉があります。
return on investmentの略でありますが、これがありとあらゆる事に応用ができると最近感じてます。

例えば主要取引銀行を選ぶ時、フィナンシャルリテラシーが低い人はこう考えます。
「とりあえずメガバンクに預けておけば大丈夫。まあ○ずほか○FJかな。」

ROIの考えを理解している人はこう考えます。
「僕はネットも使いこなせるし、家の近くにはセブンイレブンがある。そこで利用できる金融機関を選べば、手数料的にも時間的にも大きな節約が出来るぞ」

この感覚伝わるでしょうか?

行動に対する利益、それは自身に対しても、株式会社であれば株主に対する影響の考慮なわけですが、この考え方はとても大事だと思います。

何も投資する資本というのはお金でなくてもいい。
時間でもいいのです。

例えばこんな感じです。

ROIを理解していない人の思考パターン例。
「明日は部長にプレゼンだ。あれもこれもそれからついでにこれも報告しよう。発表時間は30分だけどいつも会議は延長するものだしいいや」

ROIを理解していて、時間に対する投資効果を考える事の出来る人の思考。
「明日の部長のプレゼン、最も伝えたい事はこれだな。AやBに対しても考察の余地があるが、それは会社全体の利益と部長の時間を奪って自分が発表するメリットとしては弱い。従って最も伝えたいメッセージを全面に押し出して、発表時間の20分を割こう。残りを質疑応答に回し、それでも時間が余ればAとBに対する指摘を含めよう」

前者も後者も同じ目的に対するアプローチな訳ですが、懸命なる皆さんにはどちらが望ましい行動パターンか明確でしょう。

後者の人と僕であれば仕事がしたいと思います。
コミュニケーションとは相手の時間を奪って何かを理解してもらう事。
しかしながら人間が一度に把握し理解できる情報には限界がある。
従って、伝えたいメッセージに優先度を設定し、優先度、それはROIに延長をして行動対効果が高いメッセージを相手に伝える。

僕の同僚達にも最近このROIという考え方が受けているので、彼らにも時間をかけて一緒にこの考え方を理解していきたいと思います。

みなさんは自分のステークホルダーに対してROIを考慮した上でアプローチをした事がありますか?

登記完了 レンタルサーバーと契約、名刺を作成 いろいろやりました

ここ数日は足下固めということもあり、アクティブに動いています。

仕事というのは与えられるものではなく、創りだすものだ。
そう知って、実際やろうとするととても難しく苦労をしています。
新聞を読む事も仕事になりうるし、街を歩く事も仕事になりうる。
これは既存の組織に勤めていても同じ事ですが、事業家としてやっていく以上、強く意識しなければいけないと考えています。

今日やった事はこんな感じです。

会社として正式に登記が認可されたので、co.jpドメインを取得。
どのレンタルサーバーを選べばいいのかわからなかったので結構適当に決めてしまいました。
(どこかいいところがあれば教えて欲しいです)

僕としては事前調査をしたかったのですが、スピード重視でそこは妥協です。

名刺も作成。
肩書きは最高情報責任者(CIO=Chief Information Officer)にしました。
なんでもよかったのだが、適当な名前が見当たらなかったのでこれもノリです。

拘束時間としては短く、5-6時間程度働いて、メンバーはそれぞれの活動に戻っています。

友人らは生活費を稼ぐためにアルバイトをしていますし、僕はネットでいろいろなモノを売っているので、顧客との連絡、案件発掘に時間を費やすわけです。

とりあえず、悪い意味での緊張感は働いていてありません。
居心地の悪さというのでしょうか?

言わなくてもわかる。相手が理解できない事に対して腹を立てる。相手が出来ない事に対して腹を立てる。

これをしなくてすむのが一番大きいです。
それはなぜかと言えば、100%本音で話しても嫌われる事がないと確信をしてコミュニケーションができるからです。

この辺りはいくら親密になった所でBtoBの前提の元のrelationでは難しいと思います。

xx部長には父親のように接してもらって云々と言っても所詮は他人。
会社を退社したら付き合わなくなるし、利害関係がなければ仕事も一緒にしないでしょう。

僕らは違います。
利害関係がなくても一緒に行動をするし、退社した後も付き合える。

それは欠点でもあり、強みでもあるわけですが、今の所「言わなくてもわかる」というのを徹底して排除している事もあり、うまくいってます。

これが従業員を雇うと、組織のカルチャーに対する影響として、生産性の向上と引き換えにボードメンバーの思想が薄れるという副作用を伴うのでしょう。

この辺りの問題にどのように対処していくかは難しい所です。
ルール化をして、その通りに実行をさせるのであれば、それは巨大組織における社畜と大差なく、かといって自由を与えると「言わなくてもわかる」といったような思考パターンで短期的な結果のみを追求する人間が現れる可能性がある。

今は心配する事ではないけれど、いずれ考えなければならないとても難しい問題です。

明日は調査した事を共有して、少し早めに仕事は終わる予定。
大学で実質最後の試験があるので、ちょうどいい。

ブログを書く時間もしばらくは確保できそうです。
それからYoutubeの更新もさぼってますが、購読をしてくれる人がいたりとモチベーションうpの要因もあるのでなるべく近いうちに更新します。

インターン辞めました

何も言われませんでした。
悔しいけれど、それが現実。

今回の失敗は行動を起こすチャンスを与えられながらそれを破棄してしまった事。
それに尽きます。

同じ失敗を繰り返さないよう、新しい同僚たちとはやっていきたい。

今の同僚の皆さん、大してお役に立てなくて申し訳ない。
ここで学んだ事を起業に活かします。

上場したら御社の株主として参加させてもらえればと思ってます。
短い間でしたがお世話になりました。

モバイル環境を整えたい 理想としてはイーモバイル+MacBookair

友人たちと仕事をするようになって外でコンピュータを使う事も多いのだが、他人の構築した環境というのは不便を感じる事が多い。

それは例えば、アプリケーションのインストールができなかったり、そもそもスペックが化石だったりして使う以前の問題であったりもする。
Windowsであることはそれほど大きな問題でなくて、バイリンガルな自分としては自由度の高さのほうが大事だったりする。

そう考えると自分のラップトップを持ち運ぶのがいいじゃん!ってなるわけだが、いかんせん手持ちのラップトップは重たいw
はっきり言って1.5kgを超えたらモバイルとして使うのは厳しい。
車で移動するなら大丈夫だが、僕の場合は自転車なので重さがダイレクトに移動速度にも影響をする。

そこで今考えているのがMacBook Airの購入だが、いかんせん高い。
手持ちのiMacMacBookとDellのラップトップを全て売り払ってようやく購入できるレベル。

Apple MacBook Air 13.3/1.6GHz Core 2 Duo/2G/80G/micro-DVI/BT MB003J/A

それが手に入れば次はネット環境。
FONのようなサービスが日本で受けているとはいえ、現実的なレベルで考えれば出先で電波を拾えない可能性の方が遥かに高い。

そう考えるとウィルコムかイーモバイルという選択が上がるわけだが、ROI的にはイーモバイルが速度/
料金で勝ってる。
月額6千円程度でどこでも仕事ができるインフラが手に入るのは魅力だ。

ウィルコムは今までならモバイラー的にもいい選択だったのだけれど、今となっては優位性が見いだしにくい。(電話としては魅力だし、実際自分は使っている)

イーモバイル、ウィルコムどちらの会社も顧客志向なくしてはあっという間に淘汰されてしまう位置づけだろうから、ぜひウィルコムにも速度面のデメリットを上回るプランを打ち出して欲しい。

スポンサーリンク
最速モバイルデータ通信・定額【イーモバイル】


通話もメールも無料ケータイ!今日注文して最短で明日届く。ウィルコムの激安オンラインショップ

一回忌

母の死からもう一年も経ってしまったのか。
一年前の今頃は内定先でインターンを同じような事をしていた。

当時の僕は就職とは何たるかを知らずに、自分へのベクトルの最大化こそ成功へのステップアップだと信じてやまなかった。

母の死と引き換えに生きる事とはどういうことか、それは働くコトというのはどういうことなのかも同時に真剣に考えるようになり、自分なりの答を出せた。

すなわち、組織への就職というのは、すでに確立された仕組みの中の歯車の一つにしかすぎないという事。

自分がいなくても組織というのは回っていくが、効率性を高めるために組織は人を雇う事。
そして人を雇えば企業文化にそれだけの影響が発生する事が今は理解できた。

インディペンデントな生き方というのは短期的にも長期的にも自らがアクションを起こす事であり、世間的に勝ち組な組織から内定をもらえることではない。
もちろんそういった組織から内定を貰える事はすごいことではあるのだが、それが自らが絶対の存在の証明かと言えば違う。

候補者の中で従順さと賢さを一定の割合で見いだされたにすぎない。

この事に気がつくのに2年もかかったわけだが、今生きている自分という人間は果たして誇れるものなのか。

母は自分の事を自慢の息子と認めているのだろうか。
あるいは恥ずかしい存在として困惑をしているのか。

死を自覚したとき、認識したとき人は何を感じるのか。
直感的な何かが残された者に対してメッセージを送ろうとする事ならば、彼女が残したそれは僕に対する大きなメッセージ。

生きていく事、一人で出来る事。
その認識に対する変化である。

虚しさとは心の硬直化から生まれるものである。
一回忌を行った築地本願寺でそんなメッセージを見つけた。

人の死を経てなお、変われない、感じる事が出来ないのであればそれは心が死んでいるからだ。
心が動いているようで止まってしまっているから、何も感じられない。

時々、生きている事は苦しみそのもので何もかもが無意味にさえ見えてくる事があるけれど、それでも僕は生きる事を今なお考えている。

人を救う事、意義を創造する事。
それも尊い事であるが、それだけではないはず。

あえて簡単な言葉でそれを表現するならば、明日死んだときに何かやり残して大きく後悔をしてしまう何かを残さない事。
それが今の自分にとって生きている理由なのかもしれない。


近況報告 心地よい時間の流れを感じながら生きている けれどそれはぬるま湯ではない

社会人の近くにいて、現場を見ていて思うのが、家で本を読んだり、あーでもないこうでもないとうんちく垂れ流すのとは全く違う世界だということです。

机上の論理という言葉がありますが、まさにそれを毎日痛感しております。

短期的なハッタリで相手を圧倒する事が出来ても、いざ仕事をしてみると「あなたは何ができるのか?」を問われ続け、そんな中貢献に限界を感じて途方に暮れる事もあります。

インターン先では新しい人が入ってくるようで、それがまた優秀そうな人なのでびびってます。(○フー内定者らしい)

上司の人脈つながりで、同僚のN君といい、W君といいとんでもなくデキル人たちが、一介の企業のシステムを構築しているのを横目に、SI企業なんてなくてもなんとかなるのだなぁとただ圧巻されます。

僕自身と言えば、プレゼンテーションをするフェーズは完了をし「即戦力をして活躍して欲しい」と期待をされています。
と書くと、何かいい事があったようなイメージがありますが、現実には何ができるかな?と思い悩みプレッシャーMAXだったりします。

それと平行をして起業の準備も進めているため、時間が過ぎるのがはやい、はやい。

朝起きたと思ったら、メールをチェックして、ヤフオクなどで売れた商品の発送準備。
それが終わったと思ったら朝食を取りながら、ニュース(ブルームバーグ)をチェック。
時間に余裕があればシャワーを浴びて出勤。

日本橋を抜け、大手町を抜け、自転車で走ります。
東京をダイナミックに感じられる瞬間でとても楽しい。
ただ危険を伴う移動手段なので緊張感があります。

朝から出社する日は会議がある日なので、会社に到着するなりすぐに会議が始まる。
まだ発言もほとんどできず、議事ログも書けずにへこんだり、悩んだり。。。

昼はオフィスを抜け出して大学の図書館か友人の大学で仕事。

夕方にはそれを終えてオフィスに戻り、もう一仕事。
帰宅をすれば掃除、洗濯、調理。

こんな生活の繰り返しですw

実家なので生活そのものは楽なはずですが、数週間前の大学生活とは完全に異なる生活になってます。

今日は起業メンバーとはじめて一緒に仕事をしましたが、思ったよりも他メンバーもデキルやつらで、トントン拍子で仕事は進みました。

準備的な事とはいえ、あれもこれも自分たちでやらねばらなないので一点集中で仕事をやっつけます。

当然、お金がいろいろな事にかかるので、貧乏暮らしは免れず。
他のメンバーはアルバイトもしながらの起業です。

経営者の友人はアルバイトの合間にアイディアをみつけては僕にメールをくれたりでとても心強い。
間違いなく起業仲間の彼らはインディペンデントな人たちです。

僕も負けてはいられません。

本当はインターンなどしている場合ではないのですが、まだまだ盗める事は盗み、精進をしていきたい。

3日目 会議、仕事スタイルなど

3日目に入っていく分落ち着いてきました。
自分の働き方のスタイルのようなものも確立できています。

朝はミーティングに参加するため、10時に出勤。
技術部門の会議で社長も参加してました。

自分としては全体で何が起こっているかを把握する事と、メンバーの中でまだ話した事のない人がいたので自己紹介が目的でした。

反省点としては1時間の会議なのにだらだらと話している事。
しかもそれは会議で話さなくてもいいことばかりです。

この辺りがまだ学生気分が抜けないというか、甘いと思いました。
とはいえ上司は優秀な人だと思うので、学べるところは学ばねば。

午後はオフィスを抜け出して大学の図書簡に直行。
昨日から目を付けていた資料読破に没頭。

おかげでプレゼンの下地ができました。
あしたはいくつか再度確認して、仕上がり。

多分夕方には明日は帰宅できるでしょう。

その他、気をつけないといけなかったことがいくつか。
それはお客さんの対応に体が追いつかないこと。

この辺りは経験が必要だなぁ。
意識せねば。

ここ2日間で学んだコト これからどうするのかなど

たかだが二日働いて、学ぶ事が多いのは最初だからなのか、あるいは働くコトというのがそういうことなのかどちらなのでしょうか。

メンタル面を中心に、お給料をもらう事というのはどういうことなのかを考えさせられました。

今までの自分は誰でも出来る方法でお金を稼いでいたので、価値を提供する事に対する認識が甘かった。
家の不要品をネットオークションで売るなんて、方法さえ知っていれば子供でも出来る。

ホワイトカラーとしてデスクワークで価値を生み出す事。
書くのは簡単ですがとても難しい。

あるいは職場内ではすでに自分のポジションがレッドオーシャン化していたらどうするのか。
この辺りも考えねばなりません。

抽象的な書き方なのですが、考え方そのものに大してとても影響を受けています。

ではもっとわかりやすくするために良かった事とと良くなかった事の2つに分けてみましょうか?

まず良かった事

1、ミーティングをしてその後すぐに働かせてくれた。
やっぱり君は無理だと思うからこの話はなしにしてくれる?と言われる可能性もあったわけです。
受け入れに感謝。

2、同僚の人たちが親切、でも仕事は超真剣。
組織としても内部ルールとしてもメリハリがあっていいです。
居心地が悪いわけではないと先日書いた理由はここにあります。
理不尽な仕打ちというのはなくて、きちんと理屈の通る仕組みで組織が回転しています。
だから多くの事を学べると感じたし、明日もまた出勤しようと思えるわけです。

3、いい意味で自由。
何時に出勤して、何時に帰宅しなければならないというのはありません。
自分の定めた目標が定めた期日までに成果として出せるのであれば、極論出社をしなくても良い。
それだけの自由度がある分プレッシャーも大きい。
ただ自分の好きなやり方で働けるのはやりやすいと考える事も出来ます。

4、多様性に富んだ同僚の人たち
文系も理系も、あちこちの大学から来ています。
基本エリートな人たちなのですが、性格が悪いというわけではなく、戦略的なキャリアを積むために来ている。そんな感じの人たちです。
もちろんやるからには会社への貢献というのを意識していて、価値を生み出すために主体的に皆さん行動されてます。

では逆に良くなかった事。こっちのほうが気になりますかね?w

1、自分のポジションはすでにレッドオーシャン化してた
僕がセコセコと大学で単位を集めている間に、別の大学の学生がすでにポジションを牛耳ってます。

彼がプロジェクトリーダーとして僕の上司でもあるので、彼から権限を与えてもらわないと動けない。
例えばEメールのアカウントのセットアップすら自分で発行させてもらえませんでした。
僕としてはSQLの勉強をしつつ、そこで学んだ事を実践に生かしていく流れなのかなーと思ったのですが、足手まといなので、分析的な事をやって報告をしろという指示が今は出ています。

その上司の学生はこの会社に入社するか悩んでいるみたいだけど(○クセンチュアから内定もらってるみたい)、僕が彼だったら入社するでしょう。
技術部門として自分が入社してすぐに最高責任者になれるのですから、こんなに魅力的なポジションはありません。

入社してすぐに最高責任者というのは、自分の上司に相談できない(上司がそもそもいない)というプレッシャーはあるものの、主体的に行動できる人ならあまり問題ありません。
これは働かないとわかりにくい概念だと思いますが、いざ必要に迫られてありとあらゆる手段を試行錯誤するとなんとかなるものなのです。

なんでそんなコトが言えるのかというと、彼自身がここにくる前はそれほどスキルが高かったわけでもなく、週に2日程度来ていたのだが、主体性を発揮して取り組んでいるうちに仕事がおもしろくなって、ここまで来れたと言っているからです。
そして僕も入った次の日にプレゼンしろという無理難題を与えられながらもそれをこなしているからです。

2、育てる風土はないので、自分でなんでもやらなくてはならない
誰かに質問をしたり、行動をしないと何もしてもらえません。仕事ですら自分で「xxをやって報告するというのはどうでしょう?」といった感じで開拓せねば、何も出来ません。
これは同時に長所でもあるのですが、サラリーマンになりたい人はかなり居心地が悪いと思います。

自分で仕事を生み出して、会社に利益を目に見える形で貢献をしなければ給料がもらえないとしたら働き続けられるでしょうか?
今はインターンだからいいものの、正社員としてやっていけるのか?

この辺りが大企業向きとベンチャー向きというのを分けている気がします。
つまりうまくいっても、うまくいかなくてもとりあえず最低限の給料はもらえる大企業に対して、うまくいかなければ給料なんてないに等しいベンチャー。
上司が自分に仕事を振ってくれる大企業と、自分で仕事を探して価値を生み出さねば誰も認めてくれないベンチャー。

あまりにも両極端なので事情を知らない人にはわかりづらいと思うのですが、こういった二局面があります。

ここまで書いて「なんだ、偉そうな事言ってたけど、結局逃げ腰かよ?」と思った人。
確かにそう指摘されるのはもっともなんだけれど、実は僕は今別の事を考えています。

それはあくまでもインターンとしてここで活動をし、正社員を目指す選択肢を外す事です。

それはなぜかと言えば、自分のポジションは上司という先駆者によってすでに開拓されているからです。
もたもたしている間に他人にとられてしまった。
やはりtime is moneyは鉄則と思って間違いない。

行動を起こすというチャンスを与えられながらそれを破棄した自分にはそれに対して不満を述べる権利はありません。
率直にだらしない。

それではどこに行くのか?でありますが、起業ということになります。
消去法的な考えと言われればそうでもあるのですが、ここ1ヶ月ずっと悩んでいることでもあります。

ただ、実務経験0で起業というのも戦略的ではないので、インターン先で学べる事や盗める事は徹底的に盗んでくる。
そんなスタンスでいこうと思います。

具体的にいつまでインターンをするのかはわかりませんが、友人が大学を卒業して動けるようになるのが来年の4月なので最長で半年と言ったところでしょうか。

もちろん会社にはこのことは話しません。
話してもいいのですが、できれば円満退社をしたい。
最初から辞めるとわかっていたら与えないであろうチャンスを逃すのが嫌なのです。

もっともそれに対する見返りは自分は彼らに提供できます。
まず自分はコストがかからない。

通勤は自転車なので交通費ゼロ。
さらには給料なしでも働く気なのでリスクなどありませんw
(もちろん給料を払わないのは違法なので、そんなことは発生しませんがw)

分析とは言え、自分たちの事業の一部に対するフィードバックを得られるのですから、彼らとしてもメリットはあるはず。
うまくいけばもっと高度な分析力を身につけて、思いもよらなかった発見ができるかもしれませんw

とまあ楽観的な見通しなのですが、これがここ二日で感じて、これからどうしようと思っているからについてです。

すでに友人(社長)には報告済み。
そして承諾されましたw

いろいろ大変だけれど、こんな感じで楽しみながらやってます。
仕事の資料を探すために堂々と図書館に行って、本にかこまれながら仕事ができるのは爽快です。
大企業であればこんな働き方はできなかったと思うので、自分にはこういう自由な風土が向いていんだと感じてます。

来週はインターン先の上司だけでなく、インターン先の社長にもプレゼンをしなければなりません。
上司が即興で「社長もaesanulさんのプレゼンを聞かれますか?」と聞いてその場で決定されました。

今までは、仲良し的なノリで社長とはお付き合いしていたのですが、今は長と部下という関係なのでとても緊張をします。

特にここ半年ほどでインターンの短命化が著しく、インターンを取ることに社長は懐疑的になっているようなので、「自分は1週間や2週間で辞める学生じゃないんだぞ!」というのを示さねばなりません。

プレッシャーではありますが、それぐらいの緊張感がないと自分は動けません。
そしてそういった環境でインターンができることを幸運に思います。

来週もこんな生活が続いていくのでブログを更新できるかはわかりませんが、なるべく学んだ事や気がついた事は書いていきたいと思います。

インターン二日目 学ぶ事が多い

ただいま。
今帰宅。

土曜日という事もあり午前中で仕事を切り上げようと思っていたのですが結局この時間です。

また後で更新します。

今帰宅 いい意味で期待とは違う場所

今帰宅しました。
思ったよりも速かったかな?

社長の普段の姿を見れたのと、勢いがある現場を体感しました。

カタログスペック的な所では、キッチンがオフィスになかったりと想定外なこともあったのですが、それも引っ越しが決まっているわけで無問題。

オフィスはインターン生が入れ替わり回転していて、そのスケジュールをオンラインツールで管理しています。
僕もそのアカウントをすぐに作ってもらったので、メールも今は使えますし、スケジュール管理にもすぐにログインできるようになります。

取り組んでいる仕事は具体的には書きませんが、最初という事もありそれほど難易度は高くありません。
でも明日さっそくプレゼンをすることになっていますがw

休憩や食事をとるタイミングは個人の裁量に全て任されており、いい意味でも悪い意味でも結果を出す事が求められます。

緊張感はあるけれど、それは心地悪い緊張感ではない。

他のインターン生の人が、僕に簡単なレクチャーや心配事を聞いてくれたりと「辞めさせない」工夫もしてくれています。(厳しい環境なので速い人は2日で辞める)

自転車でオフィスまでは30分ぐらい。
距離的には近いんだけれど信号が多くてそこで時間を食われます。

ただ今日は荷物が多かった事もあるので、明日はもっと速くいけると思います。
どうやって最短ルートで行くか、信号待ちを少なくするか、この辺りの工夫も楽しもうと思います。

帰り道に同じように自転車通勤しているビジネスパーソンを何人も見ました。
以外と彼らはメットをしていません。

東京の道路は自転車の事を考慮して作られていないので、とても危険だと思います。

これからちょいと明日のプレゼンの練習をするので今日はこれぐらいで。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。