スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバレッジ英語勉強法

レバレッジ英語勉強法
レバレッジ英語勉強法本田 直之

朝日新聞出版 2008-04-04
売り上げランキング : 91

おすすめ平均 star
starEnglish, info-tech, and finance
starビジネスパーソンにとって実践的な勉強法
star今ひとつ刺激がない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


推奨度:中高生、初心者向け

うーん。悪い内容ではないと思うけれど買う価値も見いだせない。

英語の勉強に関する間違った考え方として、1英語のシャワーをあびる、2映画字幕なし、3英会話スクール、4TOEICを受ける、5単語力うp、6中学英語からやり直し、7留学 と書いてあるんですがこれは本当でしょうか?

僕が英語を限定された範囲内でネイティブの人と話せるようになった今ままでに1も2も3も4も6も7もやったんですがねーw

今も1と2と3(大学で無料で)と4はやっていて効果があると感じていますが?w

まず1の英語のコンテンツを片っ端から流して英語の音に慣れること。
これはとても重要だと考えております。
無論、興味のある内容が望ましいですが、例えばニュースであれば見識のある一般の人ならば誰もが興味を持って見るはず。

日本のレベルの低いジャーナリズムと違って、利害に反してでも報道を行う海外のメディア、ニュースは時間を割いて見る事に値します。
僕はCNNとABCのVideo pod castを毎日ではないけれど見ていて、確実に自分が英語のリズムに慣れていると1年ほど続けて実感しました。
今はシャドーイングならば確実にリアルタイムで追いかけられるまでになってます。

次に2の字幕なしでリアルタイムに理解できるようになるのはネイティブレベルの高い英語力が必要と書いてありますがこれは嘘です。
確かに完全には理解できないかもしれませんが、映像と音と状況から何を話しているかを推測する事は誰でもできます。

実際、外国に行ったときにジェスチャーでなんとかして自分の意志を伝えた事があるという人は結構いるでしょう。
断片的にでも理解できる部分があれば、リアルタイムでもなんとなく外国語を理解する事は可能だと僕は強く信じています。

3についてです。
NOVAのような営利追求型のスクールは論外として、最近は大学のオープンキャンパスやマンツーマン指導など、安価で質の高い教育が提供されやすくなっていると思います。

以前から書いているように僕自身は今は週に1回、大学の先生がボランティアで開いているfree conversation classに参加して英語を話しています。
それは実際役に立っていると思うし、自分の口で話す練習をしているから、唐突に外国人から話しかけられてもなんとか対応ができている、そう考えています。

僕は大学卒業後には自分の大学が主催する語学教室に通おうと考えています。
教師は全員外国人でレッスンは週5。
これで一般的な英会話スクールに払う3分の1程度の学費なのだから安くて安くて仕方がありません。

無論、就職先に許可をもらえなければ通えませんが、僕は日本がダメになった時のヘッジとして英語はどうしても必要だと思っているのでなんとか社長を説得したいと思います。
社長自身、外資系の会社出身なのでこの辺りはわかりがいいかとw

4は概ね同意。確かにTOEICのスコアは僕より高いけれど、いざ現地にいけば話せるのはなぜか当時のスコアが275点だった僕という有様。
TOEICのスコアが高くなれば英語の話せるようになるに違いないというのは間違いです。
英語による面接がある英検の方が本当の実力が測れていると思うので、自分の現在の実力を測定するのであれば英検を断然オススメします。

かくいう僕も英検準1級を目指して勉強中のはずなんですが、ちっとも進んでいませんw
すぐに英語が必要な生活(外資系の会社に就職のような)は自分の未来に今のところないのが原因なのかもしれません。

5は大事だけれど、こればかりやっても意味がないと思う。
僕としては1や2で気になる単語が出てきたら紙に書いておいてあとで英英辞典で調べて、どうしてもわからなければ英和辞典で調べるのがいいんじゃないかなーと思ってます。
英語を使う人は知っていると思いますが、毎回日本語に変換をして考える余裕謎ありません。
英語を英語としてリアルタイムに理解ないし推測する能力。
これがどうしても必要です。
そのために1や2はとても効果的なのです。
なんとか自分で推測をして一歩前に踏み出そうとする姿勢。
これが持てる事が成長を左右すると僕は思います。

6はどうなんだろう。
英検3級の勉強をやれば中学レベルの復習にもなって、資格にもなるのでオススメだと昔の記事に書いた覚えがあるんですが今もそう思いますね。

英語を使っていて一番活用していると思うのが、中学レベルの英語ですので。
僕はたまたま中学時代に良い師匠に指導してもらったので中学レベルの英語は大丈夫なんですが、公立中学とかに進学しちゃうと、それこそTOEIC何点持っているかもわからないような人が出てきて「私は英語教師です」と言ってしまうのだから、そういう人たちから習ってしまうリスクが多くの人にはあるのかなと思ってます。

今は公文式だとか、交換留学のようなものがあるみたいなのでそれを活用できるならしてしまったほうがいいと思います。

最初に英語を誰から習うか?これがある意味半分ぐらいのその後の英語に対するモチベーションを左右すると僕は思います。

7です。
これは人を選ぶんだろうね。
僕は意味があったと思っているけれど、他の人はどうなんだろう。

大半の留学生ってのは自分の国の人と付き合って、自分の母国語で会話して、残った時間でしかたなくその国の言語を学ぶってのが一般的なパターンだと思うので、本田さんはそのことを指摘しているんじゃないかな。

僕は友達なんていらないと思って、参加をした口でして、一人で食事をした事もあったし、一人で買い物にも行っていたのでその辺りはよかったですねー。

あと、現地ではとても親日というかいい人が多くて、「お前の英語はとてもいい」とまあお世辞なのでしょうけれど、会う人会う人が言ってくれて自信になりました。
この辺りは本当に当たり外れの世界と言うか僕はラッキーだったんだと思います。

以上、こんな感じの本なので、本当に英語とはなんたるかを知らない完全なる初心者の人にはこれは効果があるのかもしれないけれど、現役の学生としてある程度意識を持っている人間にはあまり役に立たない。
だから中高生や英語の勉強を始めたばかりの初心者向けと推奨度を設定しました。

本の後半には英語が話せるようになった人のケーススタディが収録されていますが、まあ参考程度に。

10分程度で読み流せる内容だと思うので大半の人には立ち読みでいいんじゃないかな?
スポンサーサイト

Alvin & The Chipmunks

Love it!

こういう映画はとても好きです。
心が温まるというか、忘れてしまった懐かしい気持ちになれます。

日本ではまだ放映されていないんですかねー?
itunesのオンラインレンタルトップにランクインしていて僕は知ったのですが、日本でもこれは受けると思うんだけどなー。

映画で使われている音楽もとても気に入ったのでサントラも買おうと考えております。

過労というけれど特定の業界ではこんな生温い現状ではない!

別に隠すほどの事ではないし、それは事実だから言うけれど、世の中に多々ある仕事のうちもっとも自殺率が高いのはSE(システムエンジニア)だ。

僕の知り合いベースでも月に150時間、180時間なんてのは当たり前のように聞くし、実際その仕事はかなり過酷だ。

財務諸表ベースで言えば、情報産業という業界の中の最も多い仕事、システムを作っておろす仕事(システムインテグレーションと言います)は儲からない。
(利益率を見ればすぐにわかります。)

なぜか?
同じ仕事をこなす競合は掃いて捨てるほどいるから。

結果としてどうなるか?
価格以外では差別化ができずプレゼンをさせて一番安価に、一番良い提案をしてくれる業者に注文がされ、利益を確保するのが極めて難しくなる。

あるいは思考を停止している担当者が大手に仕事を依頼すれば、そこはゼネコン体質で大手は下請けに仕事を丸投げ(自分たちは報酬の何割かを抜くだけ)して、その下請けがさらにその下請けに丸投げして、その先にはさらに下請けがいると。。。

こういうことをやっている業界です。
こういうことが当たり前の業界なので、そこで働く事はキツイし、スキルが身に付いてもそれはずっと使える物ではなく、新しい技術が出てきたら役に立たなくなります。

従って、情報産業で働くには超絶な長時間勤務に加え、常に新しい技術を学ばなければならず、それでいて給料が安いので全く持って割にあわない仕事と思われて特に新卒には人気のない業界になっております。

まあ無理もないよね。
こんなことやっている業界に好き好んで進むのは狂気の沙汰にしか見えない。
何かが手に入るわけでもなく、尊敬されるわけでもない。ただ使い捨てられるだけ。
金も名誉も地位も手に入らず、残ったのはストレスと虚無感だけかもしれないなんて!

さっきBSニュースで過労認定されている人の中には残業が120時間を超えている人もいましたって言っていたけれど、現状はそんな生温いものじゃない!

時々僕は、こんなことが続くならこの産業は淘汰されて欲しいと真剣に思う。
黒舟だろうがなんだろうがさっさと日本に上陸してきて、高品質なサービスを安価に提供して既存のヒエラルキーを叩きつぶして欲しい。

特定の組織が市場を牛耳って客の足下を見る。
その傾向が躊躇な国。
それが日本だと思ってます。

だからすぐに大手とパートナーシップを組んだり、下請けになろうとする新興企業が後を絶ちません。。。

短期的にはそれで利益が確定しやすくなるのだろうけれど、長期的にはそれは従業員が奴隷のように働いてく風潮を助長する事に気がつかないのだろうか。

投資家の皆さんはこういった安易な考えに走る会社に投資をするのはやめましょう。
実際、こういう志の低い会社の中には仕手株として弄ばれているような銘柄も存在します。
(僕の実際に投資をしている友人が自分の目で見ているので確かな情報です)

情報産業以外にももちろんゼネコン体質が染み付いた腐りきった業界はあるのでしょう。
そこで働く人たちは悪い事をしたのではありません。
僕も一年前は志を持って情報産業に就職をしたいと思っていたんだ。。。

でもちょっとインターンをしてみたらまさに業界の典型的なパターンを見てしまったというか、そこに10年後の自分を見いだせなかった。
仕事だとかスキル云々の前に精神を病むと思った。

なぜ働くのか?
それが生きるためであっても。少なくとも苦痛に耐えるためではないはず。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。