スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作の手芸品、才能の発揮と社会貢献を同時実現している

ヤフオクで個人で作ったブックカバーだとかペンケースを売っている人がいる。

僕はこういうハンドメイド品が好きで、いいと思うと買っているんだけど値段もほとんど実費+気持ち程度の設定でとてもありがたい。

しかもハンドメイド=オリジナルデザインでまず自分と同じデザインを持つ人と出会う事はない。

お客さんである僕はこういう取引ができて大万蔵だし、彼らも生活費の一部を稼ぐ事が出来るわけで提供者と消費者のダイレクトな繋がりが実現している。

中間マージンは必ずしも悪ではないけれど、ないにこしたことはない。

既存のヒエラルキーの抜け目をうまく見つけ出して、可能ならばそれを仕組み化する、
僕はそれをある種、偏見視していたんだが、最近はそれは実は社会活動的にかなりfineで自分もそういった隙間でニッチな市場を開拓したいと意識するようになった。

それが仕事であり、人間がやらなければいけないことというのはそれを発掘して、提供できる状態+可能ならは持続可能なモデルとして回してあげる事ではないか。

高度な技術、文明社会において差別化の要因があるとすればこの辺りがポイントなんだなーって最近よく思う。
スポンサーサイト

気味悪いぐらい周りの人が親切なんですが^^;

学費の不足分を振り込もうと思って、算出方法なんぞを確認しに行ったらやたら丁寧に対応された^^;

高飛車な態度を取ってきたら、「俺はあんたらに媚びて箔を付ける必要なんてないんだ!自分の才能と腕一本で勝負してやる。退学届にサインしてこの場で貴様らと決別してやる!」とでも言ってやろうと思っていたのに拍子抜けだよトホホ。

事務の人だけではない。自分の担当の教授や学科長をはじめ、「aesanul君はあと何単位必要なのかな?」から始まり、「就職はどお?」なんて探り入れてくるし、さっさと追い出そうとしているのか別の思惑が動いているのかわからんなー。

なんか学費の支払いの遅れもなんとでもなって、しかも取りたい履修科目は全て手動で履修にしてくれるらしく、履修定員を無視してやりたい放題できる扱いを受けている模様^^;

こっちは学籍除籍になるのかと思ってビクビクしながら、でも強気でハッタリの一つもかましてやろうと思って構えていたのにさー。

今まで僕が敵だと思って軽蔑していた人はもしかしたらとてもいい人だったのでしょうか?
対人感における一時の印象はあてになりませんね。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。