スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I need your help PHPとSQLを使った認証システムを作りたい

で、出た課題なんだが、 PHPとSQLを使った認証システムを作れという内容です。

具体的にはオープンソースのLAMPの考えに乗っ取って、MySQLというのを使ってデータベートと連動した認証システムを作ろうとしています。

最低限の機能を満たすシステムを作って、それをプレゼンテーション。最終的には就職先のシステムに採用されることになるので責任重大です。

就職先の社長が最高技術責任者として外部のシステム会社の社長を紹介してくれるらしく、自力で解決できない問題はその人に今後は質問できるんですが、できれば自分は一人で成し遂げたい。

とはいえスキル不足も事実なので皆さんの助言を得ながら成し遂げたいので助けて下さい。

具体的に今の戦略を書くと、MySQL入門以前という本を会社から借りてきたのでこれを一通り同じ手順でこなして、その上で認証システムを自分で構築したいと考えています。

この本を消化するまでに時間はまだあるのですが、ここから先に例えばこんな本を読むといいんじゃないかって本があればそれを教えて欲しいです。
スポンサーサイト

仮採用、あとはパフォーマンス次第

先日話していた、スタートアップの企業からパフォーマンスを見せれば採用という限定的ながらも仮採用を貰いました。

課題を提出、プレゼンテーション、課題という選考が続いて気に入られれば正式に採用されます。

今からそのために必死こいて勉強です。大学の卒業はmustじゃないけれど、ウチでうまくいかなかった時のヘッジが効かないからとりあえず卒業すれば?って言われました。

卒業は選択肢の一つに入れるとして、一応これからも大学に行こうと思います。
とりあえずこれで就職活動は落ち着きました。

当初の想定とはだいぶ違う形に終わったけれど、納得のいく形で終わりにできたことを嬉しく思います。

大企業を受けている人へ ルールに気がつこう

外資系への道標のこのエントリーにも近い事が書いてあるけれど、内定に近づいているなら、本音と建前を使い分けないとダメですよ。こことかここ見るといいです。

企業サイドでは予定採用人数としてこれぐらい取りたいと決めているのが大企業で、うちでなくてもいい人なら無理して内定を出さないという方針の会社が多いと思います。

なぜか?気を悪くしないで欲しいのですが、それはあなたがいかなくても変わりは他に掃いて捨てるほどいるからです。

これは内定を出したら確実に自社に来ることを確約できないならば、無理して承諾をするかわからないような学生に内定を出す必要性はないという合理的な考えです。
このゲームのルールに気がつく事。その上で大企業を狙うのであればルールに乗っ取って戦略的に勝負をしないとダメです。

仮に第一志望でなくても、「競合他社も見ましたが、理念や哲学など違いも選考を進むにつれてわかってきたので、私としてはぜひ御社に入りたいと考えています」って言った方がいいです。

選考を受けているのだから志望している事に嘘偽りはないので、ここで無駄な正義感を出して馬鹿正直に答えるのはちょっと幼稚な振る舞いだと僕は思います。

日本は本音建前社会なのです。その事をもう一度確認しておきましょう。
内定を貰うと承諾書にサインを求められますが、それに法的な拘束力はありません。一度サインをしてもあとで辞退をする事は可能なので、それなりに志望度が高い企業から内定が出ようとしていてその場でサインを求められたならサインをしてしまいしょう。

傲慢な書き方で恐縮なのですが、もしかしたら気がついていないのかもしれないと思ったので。

生活レベルとその人のマナーのレベルの相関について思う所

僕の住んでいるアパートは350世帯あって、3階からが居住区になっている建物なのだが、内部で様々な人と日々会って感じるのが、生活レベルの高い人はマナーも高いし、生活レベルが低い人はマナーもまともにできない人が多いように感じる事です。

奢った言い方だけど、住んでいる場所(階数)に比例して、このアパートは資産価値も向上しているんだけれど、低層階に住んでいる人は挨拶をしても無視をしたり、身なりもおかしかったりと生活レベルと相関してマナーレベルが低い人が多い。

それに反して高層階に住んでいる人というのは、挨拶をしても当然返してくれるし、謙虚な人が多い。当然身に付けている物も清潔感があるものばかりです。

なぜこんなにも同じ建物なのに差がでるのでしょうか。
僕はそれが人としてのレベルが伯楽(はくらく)を引きつけるのではないかと思っています。
伯楽を引き寄せれば、自分を上のステップに引き上げてもらえるし、それが結果として経済的にも独立して、個人としても独立した”大人”に成長をさせ、その人を成熟させるのではないかと。

類は類を呼ぶと言いますが、アウトプットした生き様にふさわしい結果が長期視点で見ると返ってくるのではないかと考えているわけです。
アウトプットというのは仕事ができるとかそういうことだけではなくて、マナーを始め、対人間におけるコミュニケーションも当然含まれます。
そしてそういったコミュニケーションのためには高い倫理観、道徳観、自尊心といった物が必要なので、結果として生活レベルの高い人=人間レベルが高いとなるのではないでしょうか。

実は今日のエントリーはかなり深い事を考察しています。でもあながち間違いでもないと思っています。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。