スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プログラミングの講義が初日から難しい件><

高校時代からプログラミングをバリバリ経験している後輩ちゃんを味方につけて自分の横に座らせて保険をはってますが1回目の講義から難しい内容でビビる。

習っているプログラミングの言語はJavaなんですが、今日理解できなかった事は”クラスとオブジェクトの違い”です。
習っているプログラミングはオブジェクト指向と呼ばれる手法らしいんですが、前期にやった基礎編とは手法が違うらしく(何が違うのか説明を受けたけどわからない><)心してかからないとあっという間に置いていかれそうです。

とりあえず後輩ちゃん曰く「クッキーの型を作る器がクラスで、それを使って作ったクッキーがオブジェクト」だそうです。
わかりやすいような、わかりにくいような。
外枠と中身(物質)の違いという事でしょうか。

とてもではないけれど、自分がバリバリのプログラマーとして活躍している姿は想像できません。
プログラマーの人たちってすげぇなあと改めて思った春の一日でした。

その他特筆すべき復習のポイント(だと思う事)
オブジェクトは、
1、識別可能であること
2、振る舞いを持っている事
3、状態を持っている事
の3つを満たしているのが条件。

クラスの雰囲気はとてもよく、至って平和です。
教授陣は学生を常に応援してくれるし、プログラミングをできないことを責めたりしないし(なんでこんなのもわからないんだ?と言われてもわからないものはわかりませんTT)、共に成長をしていくパートーナーという関係が教える側と教わる側に構築できていてまさに僕の理想のクラスであると言えます。
この先生のクラスで受講できる自分はラッキーです。
周りのヤングな後輩ちゃん達と楽しく頑張っていきたいと思います。
スポンサーサイト

大学の共用PCのOSがVistaになっておりました。しかもハイスペック。

他学部履修で千代田区のキャンパスに千葉のキャンパスから移動。
路線検索をしそこねて遠回りルートで移動してしまい、初日から講義に遅刻をしてしまう。

講義は初日なのでガイダンスをやっておしまい。30分ぐらいで解散です。
2コマ取っているので次の時間まで暇だと思い、ひさしぶりに共用のPCでメールでもチェックしにいくかと思いラボに移動。

ディスプレイからPC本体までアップグレードされてました。
以前はP4の2.4GhzぐらいのスペックにXPとKnopixがインストールされていて選べたのだが、Vistaになってました。
以前のディスプレイは15インチぐらいの導入当時はすごかったかもしれないけれど、今となっては小さくて見づらいモニタだったのが19インチワイドぐらいのモデルになってました。メーカーは飯山だったかな?だいぶ使いやすくなってます。

以前は手動で電源を入れていたのが新しいシステムは常時稼働でVistaのログイン画面がラボの教室にずらーっと並んでいます。
その姿は圧巻です。
そしてそのシステムの中身をみてさらに圧倒される。

「あれ?これVistaの割にはサクサクしていていいな。ブラウジングも速いし♫」
なんてのんきなことを思って、スペックを見てみたらCore2Duoの3Ghzモデルが搭載されてました。
最高峰モデルではないでしょうか。。。

これぐらいのCPUにして初めて快適に使えるんですね。
こりゃまともにVistaが使える機種が普及するまでにまだ数年はかかりそうだわ。
ちなみにメモリは当たり前のように2GB搭載されてました。

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法 勝間 和代 (著)



1時間で読み終わります。文字が大きい事、ページ数が少ない事が主な理由ですが、お気軽でいいのではないでしょうか。
ビブリーにて交換をしてもらいました。

良かったと思う点、学べた事、共感など

•学ぶ事を続けられる環境作り
 考え方としてはいいと思います。ある程度自分を追い込んだり、投資をする事でそれを回収しようと自分をさせたり。例えば自分の場合、英語の勉強をさぼっているので(こんなもんでいいかと思ってしまっている)自分を追い込む意味でも、今年の夏は大学の語学研修に参加しようと思います。去年も参加希望をしていて選考試験も通過していたのだが、研修間際になって母が危篤になったため参加を見送っていました。米国のノースカロライナ州という何もない場所ですが、自分を追い込むという意味では最高の場所です。昨年の参加者から話を人づてに聞きましたが予想通り飯も相当まずいようですw

•速読
 うーん、ペイするのがわかっていても偏見がある。本は神聖な物だと思っているので、雑に読んだりするのは本に対する敬意がないように思ってしまいます。普段文字を読む速度にも不満はないので学ぶ気になれず。

•道具をケチるな
 ラップトップ、ヘッドフォン、書籍、セミナーなどなど。例えば僕であれば半分商売道具であるコンピュータはケチってはいけないと思いつつも、17インチのiMacを使っていたり、デュアルディスプレイのために使っているDELLのモニターは20インチとこれまた中途半端です。最近、投資信託の目論見書であるとか、運用報告書を読む事が多くなったので、どうしても大きいディスプレイが欲しくなってしまいます。CPUやメモリなど基本的なスペックは問題ないので買い替える理由としては弱いのですが、本体である17インチのiMacを最低で20インチ、理想的には24インチにしたいと考えています。中古マーケットから調達すれば20万円もあれば手に入りそうなので本気で買ってしまおうと思ってます。
イヤホンはけちってるなぁ。確かにノイズキャンセリングは地下鉄や飛行機では便利ですね。ヘッドフォンは外で使うとどうしてもかさばるので、できればイヤホンにしたいのだけれど、イヤホンの製品はノイズキャンセリングだと選択肢が少ない。あってもホワイトノイズが乗るような粗悪品だったりと買うモチベーションが非常に下がります。結果としてAKGの3千円のイヤホンなわけだが、音質的にはこれで全く不満なし。ただ地下鉄やうるさい場所では音量を上げないと音が聞き取りづらいです。検討をするに値する投資として保留しておこう。

•ITリテラシー向上のためにセットアップを自分でやってみろ。できなくても自分で調べてもがけ
 これは全く共感。できればパソコンを一台組んで見ると体がコンピュータの動きを理解するのでかなりおすすめなんだが、まあ下調べであるとか組んだ後の管理の大変さなど素人にはおすすめできない点があるのも事実。まずは今使っている環境をより便利にするために、ブラウザーを変えてみたり、メーラーを変えてみたり、RSSリーダーを使ってみたりしながらITと自分の距離を楽しみながら調整すればいいのではないだろうか。

•資産運用の話
 ここだけは読まなくてもいいと思った。あまり参考にならず。ちょいと欲張りすぎましたね。

総評
hold(待ち)です。それなりに売れている本なのでかなりの確率で古本マーケットないし、図書館で見つける事ができるでしょう。まずは立ち読みでもしてみて、気に入ったら買えばいいのではないでしょうか。冒頭にも書いたが私の場合は1hで読めてしまったので、20分づつ3回に分割をすれば立ち読みで読了するのは可能です。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。