スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルードラゴンをプレイするために360買いますかね



中古のゲームをちょいと見ていたらブルードラゴンが550円で売っていたので思わず買ってしまったよ。
360本体は持っていないからプレイできないのだけれど、Youtubeで動画検索してみたらなかなか楽しそうだねー。
スポンサーサイト

数年前の我が家のラップトップ 自作PCが欲しい人へのメッセージなど

我が家にはホームサーバーとしての役割と、ワークステーションとしての役割を果たしているラップトップが一台ある。
3年ぐらい前に買った物で、いい加減化石なわけだが問題なく動いてくれるので使い続けている。
CPUはPentiumMの1.2Ghz、メモリは上限まで増やしてあって1256MBだったかな。

響きだけならばまだ使えるのでは?って思う人もいるかもですが、普通に使っていてもかなり遅くてストレスがたまります。
3年間ずっと同じOSを使っているのでレジストリが汚れまくっているというのが一番の理由なわけだが、まず起動するのに3分ぐらいかかる。
起動してからまともに使えるようになるのに1分。
そこから先、アプリケーションを立ち上げるとそのアプリがまともに使えるようになるまで数十秒またされてとにかくストレスフルです。

いい加減買い替えたほうがいいと思うんだけれど、壊れるまで家電は使うというのがオーナーである父の哲学なので簡単に買い替えでもできず。

ただこのラップトップの名誉のために言っておくと安定性だけは素晴らしいです。(ちなみにデルコンピュータのinspiron 300mというモデルです)
大量のスパムメールの受信と自宅内ネットワーク経由の頻繁なアクセスにもめげず、処理を忠実にこなしてくれます。
ハングアップこそ頻繁にしますが、ブルースクリーンは滅多に出さないし、ウイルスにやられてもいません。

この辺りのとてもつない安定ぶりは自作PCではなかなか実現できないなって思います。
ある日いきなり電源が入らなくなったり、いきなり電源が落ちてしまったり、OSが死んだり。。。
自作ユーザーというのはこういった逆境をむしろ自分のスキルアップのためのチャレンジとして純粋に楽しめない人以外向いていないと思います。
面倒くさがりなど言語道断。
エラーに対する地道な仮説検証の世界ですよ。
時には対応を求めてパーツを買ったお店に1週間の間に何度も来店することもあります。

自作PCを作ってくれよと気軽に僕に頼む人がいますが、こういうリスクとつき合っていく覚悟があるでしょうか?
調子が悪くなって動かない状況、しかし次の日には課題のレポートを大学に出さなければいけない。
なんとかして直さなければいけないけれど僕には電話が通じない。
そんな環境に耐えられますか?

結局の所、初心者が自作PCを始めるとすれば純粋な勉強と工作を楽しむということと、あくまでもサブマシン、あるいは特定の機能(ゲームなど)に限定したマシンとして組むのが現実的なのかなって思います。

ヘビィーな自作ユーザーでも僕の周りではラップトップなどをメーカー製にして緊急の事態に備えている人が多いですよ。
自作PCのみを所有するということはかなりハイリスクな選択なのです。

まあそんな世界にちょいと疲れてしまったから今はMacを使っているんですがねー。
それでも自作PCは楽しいので、頼まれれば今でもアドバイスをしたり一緒にパーツを調達しにでかけたりしています。
知識的には送れてしまっているけれど、雑誌を数冊読めばすぐにキャッチアップできる自信があります。

これから先のコンピュータとのつき合い方がどう変化していくかはわからないけれど、学んだ事については今後も有効活用していきたいと思います。

高校時代に憧れた友人がコンピュータを自在に使いこなす姿。
それを目指してずっと走ってきました。
今ではリテラシーとしてはOSがバイリンガル(WindowsとMac、Linuxも少し使える)で使えるようになったり、言語(英語OS使ってます)に依存しない使い方が出来るようになったりと満足できるレベルまで成長できたと思います。

これからは内部的なプログラムの動きであるとか、より生活を便利にしうる使い方のさらなる模索をしてリテラシーとスキルを深めていきたい。

夜桜の写真

昨日アップしようと思っていたのだけれど、疲れて眠ってしまった。
言い訳をしておくと今夜は雨だから、この写真のような撮影を今日する事は不可能。
そして桜が満開である時期も昨日がピークだったので同じ状況を撮る事は不可能。
よって僕は昨日本当にこの写真を撮影していてこれは捏造なんかではない。

P1010280.jpg


P1010281.jpg



何枚撮っているんだけれど、手ぶれしていたりしてまともに見れる写真が少ない。
コンパクトカメラの何が不満ってシャッターを押したら奇麗な写真が撮れいていて欲しいと言う当たり前の要求を満たさない事。
夜景モードとか手ぶれ防止機能とか名前だけでちっとも効果ないぞ。

この辺りがコンパクトカメラの限界なのかなって思います。
デジタル一眼レフカメラが欲しいなぁ。

カメラ詳しい人に質問したいんだけれど、中古で2万円ぐらいで買える画素数が300万であるとか400万の古い機種に投資する価値はあると思いますか?
用途は風景とオークション出品の撮影なのだが。

難しい事を考えずにシャッターを押したら奇麗にとれるカメラが欲しい。

ホームレス中学生 麒麟・田村裕 (著)



時間はあるはずなのに本を読むペースが最近落ちている気がする。
時間に追われている時の方がたくさん読んでしまうものなのでしょうか。

今日は巷でも話題の本ということでホームレス中学生を読んでみた。
タイトルで売れている典型的な本というのが読み終えた感想で、無理して買う必要はない本だと思う。
内容的にも浅くて1時間もあれば読み終える。
要領のいい人なら数回本屋に通って立ち読みで読了をすることができてしまうだろう。

そもそもこの人がホームレスになったのは数週間のお話で年単位でそれをすごしていたわけではないので特筆に値するとは思えない。
数ヶ月単位新宿の公園で過ごして、その後下克上で成り上がった人というのが実際に存在するし、数百円での生活もそれほど驚く内容ではない。

たまたま自分の周りにそういう生活をしている人がいるからかもだが、数百円で一日を過ごすのは今でも可能だし、方法を選ばなければ満腹にもなれるだろう。

実際、僕は大学がある時は数百円の生活をしています。
家庭というベースがあるから可能なのですごくはないんだけれど、朝は前日の残り物+パン(100円)で、昼食は長期戦(夜まで大学にいないといけない時)以外は取らないし、晩ご飯はパスタやラーメンなどを自分で作るのでこれも数百円しかかからず、お金はそれほど食べ物にはかかっていません。
でも満腹になるまで食べられるし、野菜の量を調整して健康にも配慮している。

あとこの著者の姉がDQNにしか見えなかったのは自分の読み方が悪かったからなのだろうか。
さらに父親は自分の能力のなさを棚に上げて家族に当たるというDQNの中のDQNと感じてしまった。
前にDVに悩む妻というのは潜在的にDVを引き寄せているという研究結果を新聞で読んだ事があるがこの家庭は典型的なそのパターンだと思う。
悪い事をしていないのに悪いと謝る母親、そんな両親を反面にしてか模範的な成長をする兄。あまりにも型にはまっている。

本全体的を通して辛い箇所(ストレスになるという意味で)が結構多かった。

前にインタビューで普通に生活できる事、家がある事がどれだけ幸せな事かを多くの人に気がついて欲しいと著者が語っていたが、この本を読まなくてもこのレベルの話なら映画でもあるし(幸せのちから など)、なぜそれであなたの本を読まなければいけないの?という疑問が拭えない。

この本は売れる本だけれど、おもしろくないし、内容的にも優れているとは思えない。
古書店で100円で売っていれば買えばいいレベルだし、今すぐ読みたい人は立ち読みですませればいいのでは。

Windows向けセキュリティ対策総括 基本中の基本 万人に効果あり

今日は書かなければいけないことがたくさんあるのでまずは多少雑かもしれないが下書き的なノリで書いていく。
誤字脱字が見つけられるかもしれないが後で直していくんで我慢してくれ。

昨今は悪質なウェブサイトとセキュリティ対策がいたちごっこを繰り返していて、対策が必要と知りながらも何をすればいいのかわからない人も多いだろう。
ウイルス対策だけならノートンを買ったけれど。。。という人もいるだろう。

スパイウェア対策は基本的にはそれほどナーバスにならなくてもいい。
WindowsXPならWindowsディフェンダーが緊急の対策が必要な穴は防いでくれるし、ブラウザーも最近は個人の情報に配慮されて進化をしている。

とはいえ完璧な対策というのは存在せず、ベターである方法があるならやっておいたほうがいいもの事実だ。

できればブラウザーはIE以外を使った方がいいのは基本として、それができない人にも効果があるのがSpywareblasterだ。

自動更新機能は有償版を買わないと使えないけれど、手動で更新をするなら無料で使い続ける事ができる。
今日たまたまチェックしたら新しいバージョンである4.0がリリースされていた。
インターフェースがより直観的に操作できるようになっていてますます万人が使いやすくなった。
グーグルで検索をすれば導入の手順を示したサイトもごろごろ見つかるので、導入した事がないって人も大丈夫。

基本、これだけ導入すれば最低限必要な穴を埋める上でかなり効果があるが、すでにスパイウェアに大量に感染しているかも(特にアダルト系のサイトを巡回しまくっている人)という自覚がある人はスパイウェアを検出するソフトを導入しよう。
当然だが、無料でこれも手に入る。
Ad-AwareというソフトとSpybotというソフトが有名だ。
好きな方を入れるといい。
これもグーグルで検索をすれば導入方法を解説しているサイトが見つかるので簡単に試せるだろう。



ウイルス対策ソフト(ノートンを買ってもいいがavastを私は推薦する)+スパイウェア対策ソフト+ファイアウォール(XP標準搭載のものでいい)orルータで環境を構築すれば私はセキュリティ対策をしっかりやっていますと言えるレベルになれる。
もっともここまでやらないと安心して使えない欠陥OSが存在する事自体が問題でもあるのだが。



全く知識がない人がこれを読んでも参考になるようまとめてみた。
ソフトを無駄にいれると遅くなるのでは?と心配な人もいるかもだが、これらのソフトはそれほどメモリも食わないし、数年前のPCでも大丈夫。
XP使うなら最低限メモリは512MB欲しいけれどね。(理想は1GB搭載。そっから先は高度な使い方をしない人ならあまり変わらない)
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。