スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【最速は】先日のブラウザーに関するエントリでパチこいてました【safari】

先日のエントリーでちょっくら誇張しすぎたかもです。
ベンチマークという便利な指標があるんですねー。
いつも見ているブログで良い記事があったのでここ見てもらえるとよくわかります。
あくまでも体感ではなく、指標軸ベースでの比較だとsafariが最速だったみたいです。

それでもFirefoxをオススメしますが、サブブラザとしてWindowsな人もちょっくら入れてみてもいいでしょう。
今日ではWindows版safariという選択もできる時代になったのです。
生産性の低いIE(そのエンジンを使っているブラウザも同定義)を使って眠たいブラウジングをするのは時間がもったいないと思うので、ベンチマーク記事も踏まえて、自分の使っているブラウザを考え直しましょう。

しかも最新のIE7は過去の名器IE5.5に比べて退化しているかもしれないというタレコミがこの記事から判明しました。
ますますIE系のブラウザを常用する理由が見当たりませんね。

IEはIEでないと見せてくれない(あるいは表示がおかしくなる)というページのために最終手段としてとっておくとして、常用ブラウザーはより使いやすいブラウザにしましようよというのば僕のここ数年の提案なわけです。

かつては有料ブラウザであったoperaも最近はゲーム機などに採用されたり、携帯電話にインストールできたり独自ルートで細々と確実に進化を遂げております。
そして最新のβ版ではsafai、Frefoxにつぐ良好なパフォーマンスを挙げている事から、地味だけれど良質なブラウザであると言えるでしょう。
スポンサーサイト

Get a mac new ad



Most funniest ad in the world

十二人の怒れる男



今の大学にいて良いと思うのは図書館があって蔵書が豊富な事だ。
前の大学にいた時も蔵書は豊富と言えば豊富だったんだが、例えば実験をしてレポートを書こうと思って参考文献を探すんだが20年前の本が平気でリストアップされてきて、こんな古くさい本が現代の高度な文明社会でも効果を成すのか?と疑問を感じながら読んでいたのを覚えている。

その点今の大学は、新しい本はたくんさあるし(情報系の大学だから当たり前だが)DVDもたくさんなぜか揃っている。(DVD買うお金があるなら技術書もっと増やせよとたまに思う)

そんな大学の図書館でこの作品をたまたま見つけてみたんだが、これは良くできている。
撮影に使った舞台なんてのはメインの審議する部屋と数える程しか登場しない検証想定シーンぐらいだから制作費もはっきりいってタダみたいなもんだろう。

それなのに最後まで飽きる事なく見入ってしまう。同じ舞台を上映時間の中でたくさん見せる映画はホラー映画の中にも例えばsawのような作品があるが、不気味さを利用して観客の目を離さないようにする手法とはこれは違う。

端的に言えば人間の心理、特定のエゴであるとかコンプレックスがよく描けているのでそれに釘付けになる。
古い映画なので当然モノクロ映画なのだが、モノクロは漫画に共通する要素があると僕は思っていて、それは”表現力の豊富さのみが印象深い作品を作る出すわけではない”ことを今の時代に対して発する媒体になっている。

先日のアカデミーでシリアスなテーマを扱った作品が多数ノミネートされたが、受賞作品を見るに、近年の小手先のテクニックを使ったCGムービーであるとかアクション映画に大衆も飽きてきた事を反映し、映画を通じて視聴者に何かを伝えるという原点に戻った評価がされているように感じた。

シリアスなテーマを扱う映画ばかりでも肩がこってしまうけれど、そういった映画に今までよりもスポットが当たり正当な評価をされるようになったのはうれしいことだ。
(だが大人の事情でストライキ云々のヒエラルキーを抑えるためという配慮がそこにあったかもしれないことは否めない。)

この映画は陪審員制度という日本でも導入が決定されているシリアスなテーマを扱っている。
日本の未来を考える上でも、この制度の正当性を考え直す上でも貴重な資料として必要とされる作品であると言えるだろう。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。