スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙を味方にしてお金に愛される法則 (単行本) ボブ・プロクター (著), 岩元 貴久 (翻訳)



久しぶりに書評なんぞを。本自体は週に3冊から4冊のペースで読んでいるんですが、個人的な興味で一貫性もなく読んでいるのであえて紹介はしませんでした。

が、ちょいと良い本を読み終えたので紹介しておきます。タイトルはうさんくさいですが、中身はまっとうです。思考は現実化するの焼き直しと言えば焼き直しなのですが、わかりやすい解釈で具体例もふまえて紹介しています。

翻訳もわかりやすいのでちょいと読んでみてもいいでしょう。

映画The Secretが話題になっているけれど、僕もそれに便乗して、映画、本、そして共通のテーマを扱った同形等の本も読み進めて理解を深めようと思います。

もやもやしていた、うまく行く時と行かない時の違いがこの本に書いてあって、その通りだと共感できました。気がついている人には当たり前なんだけれど、指摘してもらえるとこっちも安心できるというか、やっぱりそうだったと改めて認識し直せるのが本のいいところ。

スポンサーサイト
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。