スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・シークレットを読み終えた 自分の向かう先など 読書感想+日記

ザ・シークレット
ザ・シークレット山川 紘矢 山川 亜希子 佐野 美代子


おすすめ平均 star
star「幸せの数え方」と「幸せになるために必要なこと」が書いてあります
star秘密の真相とは
star「今」という時代にぴったり
star気持ちを高揚させる効果はあるかも
star願望成就 加速しちゃうかも・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ネットでは少し前から話題になり、書店でも売れているようです。
前回、紹介した宇宙を味方にしてお金に愛される法則 に共通するのですがザ・シークレットは本家で、多くの人物が登場し、彼らの発言がまとめられています。

more»

スポンサーサイト

Don't Give Up on Vista Ad



このアイディアは思いつかない。2つの広告枠を連動させて演出をしています。内容はもちろんのことクリエイティブあふれる広告とはこのことです。

それにしてもアメリカ人のironyな発想はおもしろい。

ロースペックG4モデルに活路か?対象外モデルにleopardをインストールするハック

検索で偶然見つけました。2chでは話題になっていたらしいけれど、最近2chを見なくなっていたので全く知りませんでした。

この記事を見て欲しいですが、それほど難しくなく、時間さえあれば誰でもできそうです。


他にもLeopard on G4 500Mhzなるドキュメントがネットで共有されていたりと、興味深い。

G3,G4ロースペックモデルは市場で放置?

明日は祝日でお休みですね。こんばんは、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

東京もだいぶ寒くなってきて、いよいよ冬なのだなぁと感じます。特にここ数日は風が強く、マフラーや手袋を取り出して使う程でした。

気温はそれでも10度以上はあるのだから暖かくて仕方がないはずなのですが、数週間前までは10度後半の気温で生活していたことを考えると、体がまだ適応していっていないのでしょう。

0度以下の世界、マイナスの世界を体感したことのある人間にとって、10度で寒いなんてありえない感覚なんですが、どうやら平和ぼけしたようです。

さて、今日の本題は旧型のMac中古市場における値崩れについてです。

more»

iMacがメモリを4GB認識している

皆さん、先日メモリを追加した記事を書きましたが、その記事に誤りがありました。その記事で僕は自分の使っているiMacのメモリの認識上限が3GBなのでそれ以上増設する意味がない、ゆえに1GB+2GBという構成にしたのだと書いたのですが、それ以上認識します。

なぜそれがわかったかというとメモリをさらに2GB増設したからです。中古の市場価格を調査していたらデスクトップメモリ並みに値段が安かったので買いました。

この値段なら1GB無駄になっても十分安い価格だしいいと考えた訳です。

そもそも僕が自分の使っているiMacのメモリ上限を3GBと考えたのは思い込みでもありました。

more»

メインマシンのimacのメモリを増設

leopardにアップグレードしたらメモリ消費量が増えてしまい、不足していたので追加。

普通に使うのであれば問題ないのだけれど、VMを使ってWindowsを平行して実行しているとメモリが足りなくなってしまう。

メモリ1G*2を1G+2Gの合計3Gに。自分のモデルはメモリの上限が3GBが上限らしいのでこれ以上足しても認識してくれない。そしてデュアルチャンネを捨てたのはベンチマークやら動画のエンコーディング時ぐらいでしか差がでないから。

leopardは良いOSだと思うけれどやっぱりTigerと比べて重たくはなっている。

DVDのレンタル延滞金が

地元のDVDレンタル屋で2本DVDを借りたんです。
で、一日返すのが遅れてしまって、請求された金額630円。たけぇー。

わざわざ返しにいくのもかりにいくのもめんどいし、オンラインレンタルサービスに移行しようかな。

会員費とか会員更新費用とか明らかに過去のビジネスモデルなわけで、オンラインであれば、商品知識のないアフォな店員に”xxという作品はありますか?”とか聞かなくてすむし、人間のコミュニケーション的にはよくないかもだが快適になる。

とりあえず覚悟を決めて地元のレンタル屋の会員カードをゴミ箱に捨ててみる。どうせ来月で更新だったし、今日の遅延金が手切れ金だ。さいならー。

宇宙を味方にしてお金に愛される法則 (単行本) ボブ・プロクター (著), 岩元 貴久 (翻訳)



久しぶりに書評なんぞを。本自体は週に3冊から4冊のペースで読んでいるんですが、個人的な興味で一貫性もなく読んでいるのであえて紹介はしませんでした。

が、ちょいと良い本を読み終えたので紹介しておきます。タイトルはうさんくさいですが、中身はまっとうです。思考は現実化するの焼き直しと言えば焼き直しなのですが、わかりやすい解釈で具体例もふまえて紹介しています。

翻訳もわかりやすいのでちょいと読んでみてもいいでしょう。

映画The Secretが話題になっているけれど、僕もそれに便乗して、映画、本、そして共通のテーマを扱った同形等の本も読み進めて理解を深めようと思います。

もやもやしていた、うまく行く時と行かない時の違いがこの本に書いてあって、その通りだと共感できました。気がついている人には当たり前なんだけれど、指摘してもらえるとこっちも安心できるというか、やっぱりそうだったと改めて認識し直せるのが本のいいところ。

youtubeで自作の動画を公開したので見てください

大学のプレゼンテーションでとある商品のCMを作ることになり、iLife08のアプリケーションの一つであるiMovieを使って作ってみました。

とりあえず見てください。



制作時間は4時間ほどで、リファレンスなどを一切使わずに使いながら使い方を模索しました。それでも作れるので驚きです。Windowsだとこうはいきません。

さらに制作完了後ボタン一つでyoutubeにアップロードする機能まであるのです。

今まで意識しませんでしたが、これを友人の結婚式などで公開したらかなーり喜ばれますね。そして制作の負担もそれほど大きくない。

Macならではの楽しみが一つ増えました。

Vistaだめすぎです

WindowsVistaがインストールされたラップトップを使い始めました。そこまではよかったのですがかなーり不安定で使いこなすのが大変です。

まずスリープモードから復帰しようとするとWindowsが正しく終了できませんでしたと言われ起動し直しを余儀なくされる。

さらにこれはスペックの問題かもしれないけれど、メモリを1GB搭載していてもスワッピングをしまくってまともに使えない。1分ぐらい応答がなくなって何もできなくなることがあります。

WindowsXPが出た当時も同じ印象だったで仕方がないのかなぁとさえ思っています。基本的にWindowsって欠陥品ですから。サービスパックも出てない状態では使ってはいけないということ、もし使うのであればあらゆるリスクが起きる事態に備えて覚悟を決めて使わなければいけません。。。

とりあえず明日からはXPのマシンに戻ります。XPも使っている時はすぐにレジストリが汚れる欠陥OSだと馬鹿にしていましたが、今のWindowsの中では一番バランスがいいOSなのではないかと思ってます。SP3がリリースされてかつてのWindows2000のような安定したOSとして完成するのでしょう。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。