スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日、電車の中で読んだ本

これです。


以前紹介した

と違うことが書いてあってどっちが正しいのって?思う人もいると思う。僕はもちろん本物の面接官が書いてるんだからこっちのほうが信憑性があると思う。

この本では実際の面接での質問に対して、実例を踏まえながら問題点、改善点について指摘している。

例えば行動力やリーダーシップを売りにする人の多くは、話を聞いてみるとフットワークが軽いことや活動的なだけというケースも珍しくないという。

この本に照らし合わせると僕はフットーワークが軽い人間になる。

自己分析は自分で行うからどうしても主観的になりがちだ。だからこそ否定を踏まえながら付合っていきたい。
スポンサーサイト

あなたが一番いままで辛かったことは何ですか

ジョギング完了。しかし体重減らない。。。間食は悪だ!水飲もうこれからは。。。

さて今日の質問



私が今まで一番辛かったのは、再生不良性貧血で体弱かった母が一年前に病気を再発し、入院したことです。再発した場合の5年以内の生存率は極めて低く、その事実を受け入れるのが辛かったです。今は人の世というものを、昨年他界した祖父の葬式で見て、人はいつか必ず死ぬ、生きている間に何ができるのか、自分が死ぬ時にいい人生だったと思えるような生き方をしたいと考えるようになりました。



愛するものとの分かれは辛い。しかし誰もがそれを経験する。僕もあなたもあなたの家族もいつか死を迎えるのだ。その時に何を感じるか、自分以外の人の死を迎えたとき、その人に言い残したことはないだろうか。日本では死を忘れること、隠すことのように扱うが、死を考えずに生きているのは現実逃避だ。人の死という絶対運命を受け入れ、その上で自分がどうしたいのかそれを考えて人生の計画を練るべきだと最近僕は思うようになった。

だって明日もしかしたら死ぬかもしれないわけだし、未来のことは本当にわからない。だからせめてどうしたいのかという計画は立ててその計画に対して自分ができることは実践したいと今の僕は思っている。

久しぶりの大学に行きました

試験は既に終わっているため就職活動に専念したいところだが、僕の大学にはエクステンションプログラムと呼ばれる無料で開講される、学生のための拡張講義がある。

困ったことに秋セメスターで履修した一つの科目がこのエクステンションへの参加を推奨している。試験での結果が良好ではない僕にとってこれへの参加は強制のようなものであり、実際担当の教授と話した時も参加は必須と言われた。

そんなわけで大学行ってきた訳だが疲れたわ。
本当は風呂に入って眠りたいところだけど、ダイエットのために今日も走ってきまs。

その後、面接対策、今日電車の中で読んだ本のインプレッションを忘れないうちにまとめたいと思う。

あなたが今までに一番嬉しかったことは何ですか

これは結構ある。
短大の卒業もそうだし、今の大学に編入できたこともそう。

だけど最も大きいのはやはりこれだろうな。



私が今までに最も嬉しかったことは、ホームステイ先のホストと彼の友人が僕を受け入れて、一人の家族として対等に接してくれたことです。僕に取っては自我が確立してからの初めての海外生活で文化も常識も全く異なる環境で毎日がカルチャーショックの連続でした。そんな僕の状況を理解し、一人の家族として受け入れ、多くの人に僕を紹介して輪を広げようと惜しみなく協力をしてくれた僕のホストファミリーとその友人達は僕の宝物であり、生涯忘れることのできない人たちです。



これも僕には簡単。他の学生はバイト先で客にありがとうと言われたや、サークルで企画を成功させたことなんてのがほとんどだろうから、この質問はまさに他の学生との差別化、俺は他と違うんだ!というのを表明できる質問だと思う。しかも、生半可な経験じゃない、嘘でもない本当の人間ドラマなんだ。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。