スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

適正?判断

就職関連のブログの内容は下手なハウツー本より参考になる。
人事をやっている人のブログは特に参考になることが多く自分の就職活動にいかせそうだ。

今日は

http://www.neutra.go.jp/diagnosis/

をやってみて、今までのこの手のものと少し違う結果が出て興味深いので紹介しておく。

以下、結果。



診断結果

仕事
組織で働くより、独立した仕事が向くタイプ
性格
かなりクールな芸術家タイプ

特に向いている職種は?

作家、画家、彫刻家、作詞家、作曲家、翻訳家、応用研究者、学者、伝統工芸や芸能関係、音楽関係、フラワーアレンジメント、シェフ、料理研究家、コンピュータのソフト開発など

完全な攻めのタイプ。
守るものが少ないので攻められても強いタイプです

内向性
0□□□□□
外向性
5■■■■■

組織で働くより、独立した仕事が向くタイプ

作家、画家、彫刻家、音楽関係などの芸術家に多いタイプです。企業などの組織に属するより、独立して仕事する方が向いているでしょう。芸術家そのものにならなくても、自分の好きなアート関係や自分の価値観に合った製造、販売業が向いています。せっかくポジティヴで個性的な性格をもらったのですから、大きな夢にチャレンジしてみてください。新しいベンチャー系の仕事を立ち上げたり、自分で考えたり企画する仕事などであなたの個性は活きるでしょう。どんな分野で自分を活かしたいかを決めて、納得いくまでチャレンジすれば、自然と道は開けてきます。そして、相手への気配りを学んでください。
かなりクールな芸術家タイプ

自分の主義、主張をしっかりもったクールなタイプ。考え方はポジティヴでいつもクリエイティヴですが、白黒決着を付けないと気が済まないので、結果として周囲に対する配慮が欠ける傾向があります。自分の好みがはっきりとしていて、その分野の仕事なら絶対の自信をもっています。言いたいこともはっきり言うので、周囲はあなたを認めざるを得ません。そのため、組織のなかでは同僚や部下、後輩からは孤立する傾向があります。人間関係ではどうしても自分の好みと論理優先になりがちで、それが通る環境では大成功をおさめますが、人情がからむ世界ではあなたの個性が活かせません。幼い頃から自分の進む道を決めている人が多いようです。社会に出るとわりと目立つタイプですが、周囲から何と言われようともあなたは気にもしないでしょう。孤立を恐れませんが、いつもがんばり過ぎる傾向がありますから、時には家族や親しい友人に弱音を吐いてもいいんですよ。
閉じる
適性・適職診断結果について

この結果は、50の問題に自己申告によりお答えいただいた上で行動特性に基づいて判定しており、あなたの人物像を断定するものではありません。その時の気分や状況によっても違う結果が出る事がありますので、あくまでも、1つの参考として捉えて下さい。
Copyright ©2005 Naikaku-fu & Neutra Association, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

あなたのこだわりはなんですか

さて今日もはじめるか。

私のこだわりは「複雑さを感じない、簡単なこと」です。
毎日、新しい技術、新しい情報が更新されて溢れていきますが、その中でも人々の生活に定着することができるのが本当にわずかなものです。

それは新しい製品だけでなく、技術や考え方にも共通すると思います。

私は自分の暮らしの中で触れるものの中から、利便性を備えながらその利用方法が極めてわかりやすいモノ(コト)を選ぶようにしています。

どれだけ優れた技術でも、それを理解する人がいなければそれは消え行く運命にあります。
自分のコミュニケーションの中にもなるべくわかりやすい言葉を選ぶように心がけています。

私はボランティアでコンピュータの使い方を教えていますが、コンピュータの使い方に精通していない方に技術用語を連発してもそれはわかりやすい説明にはなりません。
そこで私は技術用語を日常でよく使う言葉に置き換えて使っています。

例えばハブについて説明する時は、たこ足配線と説明すれば大抵の方に理解してもらえました。

私が複雑性を持ちながらもそれを使う人に感じさせないようなことに革新性を感じ、それに憧れを持っていることも、このこだわりに通じているのではないかと思っています。


これはまさにWindowsからMacへの移行がそれにあたる。

多くの人が何も考えないでWindows(PC)を買うけど、買ってから多くのことを覚えなければいけないため本格的に使いこなせるのに少なくとも3年はかかる。
ウイルスへの対策、スパイウェア、右クリックと左クリックの違い、タスクバーとはなにか。等、あまりにも多くのことが利用者に知らなければならないこととして要求される。

これの解決策は毎日ひたすら使うことなのだけれども、敷居の高さを感じる人に取って誰しもそれが可能なこととは限らない。性格的に受け入れられない人もいると聞く。

そして僕が今いる学部は「情報技術をどのようにして使うことで、人々の生活を便利にすることができるか」を考えることを教育理念にあげていることからも、まさにこれは僕がやろうとしていることだ。しかしながら、実際にそれができる科目は今のところ見あたらないが。いずれにしてもばらばらになっていた過去の経験が僕の頭の中でパズルのように再結合してきている。

そう考えるとこの馬鹿げた儀式への対策も楽しめるというものだ。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。