スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07年度中に趣味を2つ増やしたい

昨年はPCの卒業、マックへの移行を果たした。
このブログの更新も今はimacから書いている。
今まで執着していたものを完全に手放し、僕のコンピュータ環境は完全にマック一色になった。
とはいってもパラレルズデスクトップの恩恵でマックを使いながら裏でウィンドウズを走らせるなんてことが今はできるので、何も失って不便になったことはない。

加えて昨年はロードレーサータイプの自転車を安価にGXさんより譲ってもらい、これが新しい趣味として定着した。
町から町へ、自分の足でこいでたどり着くのは電車での移動とは違う楽しさがある。僕は地下鉄が好きだが、地下鉄は景色が楽しめない。
かといっていつ乗っても意味なくこんでいるJRは景色はよく見えるが、座れないし、自分の空間に絶えることなく他人が侵入しているような気がして息苦しい。

07年になった今、新しい趣味を何か持とうと思う。

今考えているのはチェスをしっかりと勉強してネットで対戦をしながら仲間を増やすことだ。コロラドでできた大切な友人からせっかくチェスボードと駒を一式いただいたにもかかわらず、僕はちっとも勉強することなく今まで寝かせている。これはもったいない。ぜひチェスを趣味として、日本人だけでなく世界の人と楽しみたい。

同時に将棋も忘れない程度にたしなみたい。皆さんも知っているように将棋は日本が生み出した文化である。これを忘れてチェスしかできませんという西洋人かぶれは日本人としてすこしかっこ悪いと僕は思う。これもネット対戦を中心に展開する予定だ。幸い僕は小学校、中学校で将棋をする友人が周りに比較的多く、対戦相手にはこまらなかった。やることがないときには寮では将棋ばかりしていたのを覚えている。

他にはカードゲーム、具体的にはトランプとウノだが、これは特に練習をしなくてもその場で即興で楽しめばいいと思ってる。オセロも同様だ。

こういったすぐにルールを覚えることができてそれでいて奥の深いゲームというのは多くの人に恩恵をもたらしていると思う。
例えば僕は高校に進学する時、周りは知らない人しかいない環境に移ったわけだけども、彼らとどのようにして最初コミュニケーションを図ったかというとトランプやウノであった。誰もが知っていて、すぐにはじめることができるというのはまるで共通の言語のようだ。

次に、インサイドな趣味でなく外で楽しめる新しい趣味。やはりそれはスポーツだ。
しかしながら僕は体力に全く自信がなく、特に球技は多くの練習により基礎を築いてからようやくゲームを楽しめるようになるという特徴を持っていることから、練習嫌いな僕は今までずっと避けてきた。中学の頃テニスをクラブに所属するのではなく自分で友達に教えてもらいながらやったがあまり長く続かなかった。

そこでこれからの計画として考えているのが、やはり中学のとき繋がりのジョギング(ランニング)である。厳密には僕はゴルフもできるが、東京に引っ越してからうちっぱなしという存在が近所にないのに加えて、家族もゴルフをプレイすることをやめてしまい、仲間がない。

個人で継続できてある程度の意義(楽しみ)を見いだせる趣味ということで考えるとやはりジョギングになる。

ジョギングはサイクリングにも共通して自分の足で移動をして、景色や自分のペースを楽しむという点で共通している。僕は相乗効果が好きだ。この2つの趣味をシナジーさせて形が変わるけれども、あることについては共通する、しかしながら違いがあるという点を楽しみたい。ジョギングもサイクリングも一人でも二人以上でも楽しめるスポーツだ。

現在の課題として僕は目的なしに街にでかけない。それはサイクリング、自転車をただの移動媒体としてしか捉えていないからで、現代人にありがちな何もしないことが無駄であるかのような視点で物事を考えてしまっている。これを改善するために目的なしに自転車に乗って、今までいったことのない方角に自転車を走らせてみようと思う。もちろん道に迷った時のために、同区内からはじめる。同区内なら迷ったところで30分もあれば知っている場所に戻るのは容易だからだ。

このプランと並行して、今まで考えることもなかった新しい風を僕の趣味に吹かせたいと考えている。今まで全く触れることさえなかったことだ。

今は思いつかないが、何かこれはどう?というものがあったらコメント欄より残してほしい。

07年の僕のテーマは「新しいことへの挑戦」と昨年31日に決めた。
まだこの決意が薄れてないうちにきっかけをつかんでおきたい。

スポンサーサイト
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。