スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows Vista Pre-RTM build 5840 SS

http://www.expertvista.com/winvista/5840_screens.html

最終ビルドは6000になるそうな。
リリースまでいよいよ秒読みになりましたな。
スポンサーサイト

マックブック13インチのケースはこれがおすすめ

先日購入したマックブックのためにインナーケースを買いました。


実はビックカメラ有楽町店で買ったので2700円ぐらいしてたけぇなって今気がついたんだけど、手にとって他の商品と比較してこれに決めたから、その感謝の意味もこめて納得している。

でこれ、おすすめなんすよ。何がいいかっていうと普通にインナーケースとして使うことができるのはもちろん、取っ手がついているんで専用のかばんとして使うこともできる。これは地味に便利ですよ。実際僕は毎日大学に行くとき取っ手を握ってかばんとして使っている。それから小物を収納できるスペースもある。ACアダプターやマウスなんぞを持ち歩く人には便利ですよねーこれ。

しかもアマゾンで21kかよ!安い!1500円以上は送料無料だし、この価格帯でこれよりいいのはないと断言する。特にマック向けのはそうでなくても値段が高いし、実際マックストアとビックカメラの2点で複数の商品を見て気がついたんだけど普通に4千円以上するね。で、使い勝手はこの21kのより悪いよ。なんでかって?ただのインナーケースだもの。チャックがついていて収納ポケットも取っ手もないただのケース。つまり使っている品質やデザインにお金がかかっているのだろうけど、それにしても4千円や6千円をケースのためにかけるのってもったいなくない?このサンワサプライのケースもデザイン悪くないし(つーかシンプルなんで、僕はこういうタイプのほうが好き)この価格で必要なインナーケースの機能全てを兼ね備えている。いやーまじでいい仕事してるなー。

そんなわけでマックブック買ってインナーケース探している人にはこれはおすすめ。僕が実際に使って気に入ってるんだから間違いないよ(?)。

平日の銀座

今日は特に予定もなかったので銀座に行ってきましたよ。
平日の銀座は久しぶり、土日ほど混んでないし、自転車を止める場所も安易に見つかる。
アップルストア銀座店にkeynoteの使い方が書かれている本があるのを知っていたのでそれを立ち読みしにいったのだ。
これね。



僕が今、覚えようとしているプレゼンテーションソフトkeynoteのバージョンは3なのだけれど、その本はバージョン2についての解説書だった。
この手のソフトは基本はそれほど変わらないので1個前のバージョンぐらいならまだあまり問題ない。
で、結論から言うと少し、簡単すぎて僕の目的を満たしそうにないので買うのはやめました。
基本的な各項目の解説が詳しくその本には書いてあるのだけれど、こういったものは少し触れるだけで直感的に理解できるので僕には必要のない解説。結局のところそういった説明に紙面の大半が割かれてしまっていて、僕が覚えたい、それらの活用した魅せるスライド作りのハウツーがほとんど書かれていない。

それからこれは最近知ったのだけれど、アップルストアでは無料のワークショップ(講習会)が開かれていて、そのタイムスケジュール表がお店の入り口で配られていたのでもらってきました。僕のようにはじめてマックに触れる人を対象にしたものもあるし、有償のサービスになるともっと先進的なアドバイスを専属のプロから学ぶこともできるサービスがある。これはウィンドウズにはないサポート体制だ。使っている層が多すぎるのが原因だと思うがウィンドウは買ったらその後は基本的に自分で学ばないといけない。そして、それらの活用や応用については各々の意欲に完全に左右されている。実際、多くの人がIEとOEを使いにくいと感じながらもそのまま使っている。変化を好まない保守的な人が多い(と僕は思うんだけどどう?)日本だからこその実態。生涯学習を辞めてしまう人が多いのは悲しい。いやもしかしたら辞めざるを得ないのかもしれないとも時々感じる。もはや目の前のタスクの処理に占有されたそんなことを考える余裕すらこの国にはないのかな。。。

このワークショップに関してはぜひ利用してみようと思った、特に自分ではわかっているつもりでもそれが正しいステップ、非効率的な手順であるかもしれないから、基礎を確実に学んでみたい。

その後、同じく銀座にあるSONYプラザに行く。
新型のMP3プレーヤーが発表されたので視聴するためだ。
標準でノイズキャンセリング機能が搭載されていて、雑音が激しい場所でもクリアに音を聞き取ることができる、加えて標準のイヤホンがカナルタイプ(耳内部まで挿入するイヤホン)なので、標準とはいえ、特にイヤホンを買い換える必要性もないのではないか。
気になる音質はかなりいいと書いておく。というのもノイズキャンセリング機能がかなり効いていてかなり音が聞き取りやすい。実際2Fフロアでは意図的にノイズを作った環境の中にこのプレーヤーを身につけて体感できるブースがあったし、SONYとしてもかなりの自信作なのだろう。
アフェはっとくんでチェックしたい人はどうぞ。



値段がたけぇなあ。ノイズキャンセリング搭載ってことと標準のイヤホンもいいのを用意したってのが強みなのはわかるけど、ipod nanoの4GBのモデルのほうが安いし、これはもっと安くするべきだったんじゃねぇのって思う。思うにitunesを使わないというアドバンテージを捨ててSONYを消費者は買うんだから、それに見合うだけの価格的優位性がないと魅力がない。itunesとipodの組み合わせはまさに最強でバカでも使える簡単さが多くの人に受けている。そしてそこには世界最大の音楽ストアがあり、itunesからクリックひとつでブラウザーを立ち上げずに購入できる。(何も考えないでストアにアクセスできるって意味な)こんな便利なのか!って僕は最初使ったとき感動したし、これだけ使いやすいからこそ多くの人がこのサービスを利用するのだと思う。さて、今このSONYの新作プレーヤーにはこのようなitunesのような優位性がないにもかかわらずこの値段。消費者は何に価値を見出せばいいのだろうか?デザイン?曲線描いていてバランス悪いから机の上においたときにぐらつくだろ。音質?そうなー確かにいいけど、ipodでもハイエンドイヤホン買えば化けるしね。つまりもっと安ければ、(僕は5千円以上安くしないとだめだと思うけど)、nanoに対する優位性を持つことができるが、この価格では一部のSONY好きな人にしか魅力が伝わらないと思うのだ。SONYはいつになってもブランド(プライド)が捨てられない。もはやSONYも他のメーカーと同じ特別なブランドはないメーカーだと思うし、いつまでも過去の栄光にすがっているようで見苦しい。潔く割り切って、価格でも勝負して、市場を荒らして欲しい。(いい意味で)それぐらいアグレッシブにいかねぇともはや誰もSONYに振りむかねぇよ。僕だって日本人だから可能であれば日本のメーカーの製品を使って外国でこんないい製品なんだよって自慢したい。だけど現時点ではipodのほうが魅力が溢れているし、アクセサリーの数、拡張性(可能性?)があるって意味ではSONYは足元にも及ばない。SONY頑張れ!

その後、帰りは新富町近くにあるQBハウスにて散髪。10分で千円の床屋さんです。僕はこの3週間に一度千円で身だしなみを整えるのはいかが?というQBハウスの提案に賛同していて、半年前からずっとお世話になっている。今日も10分以上かけて丁寧に僕のリクエストに応えてくれた理容師さん、どうもありがとう。とても素晴らしい仕上がりで大満足しています。大げさじゃなくチップを払いたいと思うようなサービスでした。(今度マジで払おうかな?)毎回もらうことのできるクシも家で活躍している。僕の場合1ヶ月未満3週間以上のサイクルで行くようにしているのだけれど、このサイクルが実に僕には心地よくて、毎回清潔なクシをもらってきて古いのは捨てるという繰り返しで、とにかく使い捨て社会の恩恵を受けている。使い捨てについては賛否両論だけれども、僕は衛生面から支持をする。歯ブラシも、コップも、シャンプーも定期的に古いのを捨てて新しくするから気持ちよく僕らの身だしなみを維持できる。

実はQBハウスではコスト削減のため両替ができない。そこでお金をくずそうと思って立ち寄ったのがナチュラルローソンという新スタイルのコンビニエンスストア。このスタイルが確率されてから数年は経っていると思うのだけれど、僕自身が客として利用するのは初めて。で、ここでも感動したわけですよ。売っているものが地味にマニアックなんすよ!僕は何かにつけて他にない創造性のあるおもしろい商品が大好きで、実に刺激された。特に文房具は文具専門店ともまた違った商品が扱われていて、今使っているものが切れたら今度はここでぜひ買いたい思うような素敵な品揃えだった。で、お金をくずすために買ったのは何かというと、全く文具とは関係ないのだけれど、ドリュップパックのコーヒー。5袋で400円ぐらいするんで、ドリュップの中ではハイエンド商品。なんか京都の有名なお店とのコラボレーション商品な模様。今夜これを入れるのが楽しみだー。なんかお湯で30秒蒸らしてから、お湯を再度注いでくださいと書いてあってマニアックなのが気に入った!インスタントだけどこだわってみたよっていうのが僕は好きだ。使い捨ての中にも品質を考えてみるという提案だね。ナイス。

その後はいつものお気に入りコース。図書館でマック関連の雑誌を読みふけり、観光書なんてもんも珍しく目を通した。今はロバニエミ(フィンランド)とニューヨーク(米国)に興味がある。

それで帰ってきたら16時。久しぶりにリフレッシュできた休日だ。この後もう少し休んだらブックオフにでも行こうかと思う。

久しぶりに人生をエンジョイしている僕がここにいる。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。