• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたが給与振込専用口座を作らなければいけない3つの理由

街中には入社を終えて新社会人の方と思われる方の姿が目立って来ました。
学生という立場だった数カ月前から、自らが働き、稼ぐという立場に変わったわけです。

今までは学校や先生がどのようにすればいいか明確な方針を示して監督をしてくれましたが、これからは自分自身で自分の人生を管理していかなければいけません。

今の会社に入ることも、誰からに言われたから入社したわけではないはずです。
あなたは自らの意思で入社することを選択したのです。

そして入社した会社で今月から早くも給与の振込が開始されます。

あなたは今どんな銀行口座を持っているでしょうか?
大手都市銀行でしょうか、地元で勢力がある銀行でしょうか、あるいはネット銀行でしょうか。

本日、私から提案することは、営業時間制限や手数料がかからない銀行口座を作って、生活の中心で使っていこうというものです。

具体的には新生銀行の口座を作れというお話です。

このように書いても、なぜ新生銀行の口座を作らないといけないのかわからないと、実際に行動しようと思えない人もいると思うので理由を詳しく今日は説明します。





理由1:24時間営業のコンビニでお金を引き出せる



あなたはお昼時や、大学内のATMでこのような風景を見たことがないでしょうか?

DSC_0014.jpg

私が生活をしている地元で撮影してきました。
毎日、お昼時になるとこのように大手の銀行のATMの前には行列ができます。

同様の経験がある人もいるでしょう。
給与振込直後の毎月20日前後は特に混雑をします。

この時間は物凄く無駄だと思うわけです。

なぜか?

なぜ混雑してしまうのかというと、ATMの営業時間は限定されています。
深夜にお金を下ろしたいと思っても、次の日の朝までアクセスはできません。

そうなると昼間の間にATMに行って、お金を引き出しておくというのは自然な考えでしょう。

これが時間制限がないATMであればどうでしょうか?
24時間365日いつでも引き出すことができます。

想像してみて下さい。
今こういった順番待ちに時間を咲いている人は年間どれぐらいの時間を浪費しているのか。

一回の行列待ちに平均で5分かかるとします。
それが週に1回程度あると仮定。

月のATMの順番待ちにかかる時間は5分x4週なので、合計で20分。

一年間は12ヶ月なので、
毎月発生するATMのための順番待ち時間20分x12ヶ月、合計240分。

年単位で計算して実に4時間です!

これだけ毎年浪費していくとなると無視できない規模になってくるのではないでしょうか?

学生時代であればこの程度の犠牲を払っても、問題はなかったでしょう。
でも、これからは時間の自由が今までに比べて限りがある生活になっていきます。

その時に今までと同じように何も考えずに順番待ちをする生活を続けてもいいのでしょうか。





理由2:引き出し手数料が無料である



オーケーわかった。
確かにあなたの言うとおり、コンビニなら24時間ATMが設置されいるからお金を引き出せるよね。

でも俺の大手銀行のキャッシュカードでも引き出せるよ?

こういう質問を持った人もいるでしょう。
それはその通りなのです。

ただしこれには問題があります。
手数料です。

あなたは土日や祝日にお金をATMから引き出した時に、手数料が請求されているのに気がついたことはあるでしょうか?
銀行にもよりますが、大体100円前後の手数料を時間外取引として持って行かれます。

100円ぐらいいいじゃん。。。と思ったあなた!

年間でどれぐらいあなたが損をしているのか計算してみたことありますか?

毎週1回、土日ないし祝日にお金を手数料を払ったと仮定。
月に4回引き出すことになるので、一ヶ月あたり引き出し手数料のためにあなたが支払う金額は400円。

これが年間12ヶ月で4800円


はい。
CD一枚ぐらいは購入できますね。

服も購入できたかもしれません。
食事もできたでしょう。

何も考えずに引き出し手数料を支払っているだけでも、毎年毎年これだけの損をあなたはしているのです。

新生銀行を始めとするネットバンキングに力を入れいてる銀行を利用すればこの問題を解決できます。

新生銀行の場合は、土日祝日であろうと引き出し手数料を一切請求されません。
同じようなネットバンクの中でもこれは最も有利な条件です。

あなたの資産を守るためにも、無駄な手数料を支払う頻度は可能な限り少なくしなければいけない。
これが引き出し手数料を取られない銀行口座開設をしなければいけない理由2つめです。





理由3:振込み手数料が無料である



銀行を使っていると支払いのために、会社や他人の銀行口座にお金を送金しなければいけない時があります。
家族や兄弟姉妹に送金をするという人もいるでしょう。

その際に相手が同じ銀行を使っていないこともありますよね。
そういった場合、一般的な銀行ではほとんどのケースで手数料を請求してきます。

これも1回の金額は数百円規模ですが、積もり重なると無視できない金額になります。

こういった手数料を払わないためにも、ネット銀行の活用が必要になってきます。

私が使っている新生銀行であれば、月に1回までこれが無料になっています。
貯金残高が増えるともっと有利な条件で取引ができるようになります。

他行への送金手数料という観点で見ると、新生銀行よりも有利な条件を提示している銀行口座はあります。

住信SBIネット銀行です。
ここは条件縛り無しで月に5回まで送金手数料が無料です。

ただし引き出しの手数料が新生銀行よりも劣るため、メイン銀行には推薦をしませんでした。

ですので、おすすめとしては、給与振込専用の口座を新生銀行にして、他行送金用に住信SBIネット銀行を使うというハイブリット戦略です。

どちらもコンビニに設置されているATMから利用できるため、ATMを目的に応じて移動する必要がありません。

ちなみに、冒頭の写真を撮影した同時刻に、セブンイレブンのATMに行った所、誰も並んでいませんでした。
これだけでも、どれぐらいの時間を節約できるか想像するのは難しくないと思います。

DSC_0016.jpg


以上が、給与振込専用口座を作らないといけない理由背景です。
本当は3月の間にこの記事を書けばもっと多くの人に背景まで納得してもらえたのかなと思います。

まだ口座開設をしていない人は、これを機に口座を作って、無駄な手数料や順番待ちに費やす時間から卒業しましょう。
スポンサーサイト

スポーツ観戦をする時に準備をしておくと良いと思うもの

-食料を確保せよ
球場の食事は値段が高くてあまりおいしくない。高速道路のPAみたいなイメージ。牛丼600円とか殺人的な価格設定あり。
事前に行きつけの弁当屋さんで買って行ったり、現地で購入できそうな時は買ってから球場に向かう。
飲み物も同様にペットボトルや水筒を準備する。
持ち込みの制限がありそうな大きめの施設の時は事前に持ち込みのルールを調べてから行く。

-座布団、オペラグラスなど必要に応じて小道具を持って行くべし
座席に長時間座っていると疲れます。混雑している球場だとなおさら。疲労を緩和する工夫をちょっとするだけで変わると思う。

-駐車場を調べてから外出せよ
電車で行く場合は調べなくてもいいけど、車でいく場合は調べてから言ったほうがいい。球場に駐車場があるのかないのか。値段はいくらなのか。満車だった時どこに停めるかまで調べていくと停めにくい駐車場や料金設定が高いハズレを引くことはなくなる。

-観戦後の帰宅ルートも調べよ
ナビ任せや電車任せでもいいんだけど、特定の箇所が極端に混雑している時のヘッジ方法も模索しておくとストレスなく帰宅できる。
実際にあった話をすると、ナビ任せで最寄りの高速入口は混雑して渋滞しているけど、1個先の高速入口だと渋滞なしで入れたことがありました。
またナビは細かな裏道や地元の人が使うような慣れている人向けの道を考慮してくれないことがあるので、ナビの提案するルートがいつも正しいとは限らない。
あくまであれは最大公約数的なもので、マクロで見ると概ね効率的に移動ができるが、100%ベストなものをいつも提示しているわけじゃない。

MBTI受けてみた

無料で受けられるんですね。

http://www32.ocn.ne.jp/~emina/

上記サイトを利用させて頂きました。

以下、私の結果。

INTP型:問題を解決したがる

考えにふけってうわの空の大学教授を絵に描いたようなタイプがINTP型である。
頭の中でじっくり考える(I型)なので、N型の想像力がいろいろな可能性を思いつく。

客観的(T型)なので、その新しいデータを分析し、際限なく融通がきく(P型)ので、どんなデータもさっそく取り入れてしまう。

論文、図面、計画、企画、提案、理論などなんであろうと、こまごました情報を一つにまとめた完成図を作りあげようとするが、たえず新しいデータを発見するので、その完成図がどんどん膨らんでしまう。

その結果、考えや構想や計画がどんなに最終的なものに見えても、土壇場になって「新しいデータ」が手に入ると変えてしまうのである。

これはINTP型にとってはわくわくするほど楽しいが、ほかの人、とくにJ型の性向を持つ人にはフラストレーションになる。

完璧に見えても満足しないので、みずからが最大の批評家となり、あら探しをする。
完璧、有能、優秀であろうとするあまり、それが極端になると、かえって負担になり、うんざりしたり自分を責めたりする。

このタイプは女性の場合に葛藤を生む。

考えにふける大学教授というのは従来、女性のイメージというよりは男性のイメージで、頭だけで理屈をこねる資質は、男性の場合は大目に見られるが、女性の場合あまり受け入れられない。

そこで少なくとも三つの問題が生じる。

第一に、女性は昔から、家庭や家族のこと以外では設計能力があるとは見られてこなかった。
だから、人生を頭で考えた理屈にあわせたいと思うのは、INTP型にとっては当たり前なのだが、従来の女性の役割には真っ向から反する。

第二に、独創的に考えるのも従来の女性の気質とは見られていない。
たとえば、時間を聞かれると、INTP型は時間の哲学的な意味について述べたくなる。
そうした風変わりな面も男性ならば頭がよすぎるせいだと見られるが、女性だと「鈍感」とか、ときには「頭が鈍い」というレッテルをはられてしまう。

第三に、T型の面が、従順、優しい、気配りといった女らしさに反する形で表れる。

INTP型の女性が感情を表にあらわした場合、悪くすると、しばしば極端に表現しすぎて、本人もほかの人もぎょっとしてしまう。

親子関係

INTP型は、親というのは子どもの未熟な頭を伸ばしてやるものだと思っている。

一人ひとりの子どもの違いを辛抱強く受けとめ、子どもには自分の考えをもって生きていけるように育ってほしいと願う。
自分の進むべき道を模索する子どもを驚くほど寛大に支えてやる。

子どもの発達にあまり口をはさまない。
どんな考え方や行動をしたらよいか、いくつか選択できる道を示唆するだけで、けっして押しつけずに、新しい可能性を示してやる。

その助言が受け入れられなかったら、「ちょっといってみただけ」と答えるのがふつうである。

だが、ときには、反抗的だったり無関心に見えるときでさえ、子どもは親が別の考え方を押しつけてくれるのを待っていることもあるのだ。

そういう子どもにとっては、「無理やり」とか「押しつけ」といった言葉とは無縁のINTP型の親を持ったら不運である。

INTP型の子どもは、人とのつきあいで内気と見られるか、逆に、やたらに理屈っぽくつっかかってくるかのどちらかで、その中間は少ない。

学校では、一つのことに集中せず、授業とは関係ないことをあれこれ追求しすぎると見られたり、場違いなときに場違いな質問をすると見られる。
そうした行動は、とくに女の子の場合、人騒がせと取られる。

必然的に、INTP型は学校生活に耐えて生き抜いていくために、誰よりもよく勉強することになる。

推奨コンピュータ環境を更新します

今まで俺はMacを中心にWindowsはXPを推奨してきましたが、ここ数カ月で新しい環境を使っていて感じるところがあったため推奨環境を更新しようと思います。

基本は初心者上級者問わずMacがおすすめですが、どうしてもWindowsでないと困るという方にはWindows7を今後推奨します。

フォルダ管理が使いやすくなっていて扱いやすいし、最近のパーツをOSベースでサポートしているので買ってきたハードをOSがサポートしていなくてパフォーマンスがイマイチみたいなことになりません。
安定性も申し分なく、サービスパックが最近出てますます今後が楽しみなOSとなっています。

Windows7を動かす推奨環境ですが、以下のように考えています。

1、トリプルコア以上のCPUが搭載されていること
2,メモリが4GB以上搭載されていること
3,ハードディスクの容量が250GB以上あること

今普通に予算10万円とかで買おうとするとメーカー製でもほぼ上記の条件は満たせると思います。

1については最近のマルチタスク的な使い方、並列処理作業が多い使い方ではシングルコアCPUは非力すぎて使いものにならないので不可としました。
デュアルコアCPUでも快適に使おうと思うとやや力不足と思います。使えなくはないが快適ではないと考えています。
今後よりパワーが必要なサービスやアプリケーションが登場するであろうこと、どうせ買うなら処理能力には余裕を持たせたほうがいいという理由から、今買うならトリプルコア以上のCPUを推奨したいと思います。

2は快適に使うなら4GBは最低でもあったほうがいいということです。
1日1回30分程度しか使わないという用途なら4GB以下でも使えなくはないが、ガンガン活用していきたいという場合4GB以下だと不足すると思います。
今はメモリもタダみたいな値段になってきていますんで4GB搭載しようとしても追加費用ってあまりかからないし、新規で購入しようと思った時点でこの条件を満たしている製品が今はほとんどだと思います。

3はWindows7はXPよりもインストールに容量を食うので最低でも250GBぐらいあったほうがいいと考えています。
音楽や写真を取り込んでいくと250GB程度だとあっという間に足りなくなると思います。
これも今の製品だとほとんど満たされていると思うのですが、ガンガン使っていくなら1TB程度はあったほうが余裕があります。
1TBというと数年前までは雲の上みたいな存在でしたが今はとても安価に手に入れることができます。
予算に余裕がある人は2TBぐらい搭載しておいてもいいかもしれません。

Macのおすすめ環境ですが、私自身が古いモデルでバリバリ使っているため最新の環境については追いつけていません。

基本的な考えとしては、

持ち運びを頻繁にしないならiMac、持ち歩くならMacBook air またはMacBook proを選んでおけばこけることはありません。

Macの製品は廉価版CPUやら廉価版モデルという概念がないのでどれを買っても最低限の処理は快適にできるレベルに仕上がっています。
Windowsのようにセットアップに莫大な時間がかかることもありませんし、Windowsよりも長く使えます。

新しいOSが出ても10年前のモデルにもインストールして問題なく使えるのが当たり前ですし、メーカーとしてそれをきちんとサポートしています。

もし中古でMacを買おうと考えている場合は、Intel Mac搭載のモデルを買うことだけを覚えておいてください。
Intel Mac以外のMacを買うと最新OSはサポート外となるため今あえて買うのはもったいないと思います。

中古でもIntel Macでないモデルは安く売られていますが、それには最新OSがインストール出来ない、処理速度が現行モデルと比べると著しく劣るなどの側面が反映されてそうなっていますので留意しておくといいと思います。

Macの搭載メモリですがWindowsほどシビアに考えなくてもいいと思います。
多ければ多いほど快適ですが、今普通に新規で買うと最安モデルでも4GBのメモリが搭載されていますのでそれで極端に不便を感じることはないと思います。

以上となります。

マクドナルドのハンバーガを改造

ネットの記事でマクドナルドの一番安い100円のハンバーガを改造する記事を見つけたんで自分でもやってみた。

こ…これがマック!?100円のハンバーガーがここまで変わる、劇的ビフォーアフター

写真とか撮らない主義なんで全部文字で書きます。

まず総合的な満足度は、確かにおいしくなる。
満腹感もかなりあります。
しかし脂っこさは本質的には解決されなみたいで重たいなぁという印象は改造してもある。

それから記事では制作費は150円ってなってるんだが、ケチャップやらドレッシングを新規で揃えて野菜を買うと普通に千円近くかかるんで、規模の経済を動かさないと割安に出来ない。

一人暮らしの人だとあんまコスパは良くないように思います。
レタスかなり余ってしまったんだが何に使おう。。

このアイディアはどちらかというと家族向け、仲間内(サークルなど)で5人ぐらいでまとめて作るときにパフォーマンスを発揮するアイディアだと思った。

手間暇とコストを考えると普通にビッグマック頼んだほうがいいように思います。
それか普通にサラダを自分で作って食べたほうがいい。

本来の大きさに反する量の野菜を詰め込むので掴んで食べるのはこのアイディアは難しいんですよ。
なので食べるときはフォークやらナイフを使わないと食べにくい。
それだったら最初から普通に食べて横にサラダを別個に作って食べたほうがいいと俺は思った。

ハンバーガー 改造 とかで検索すると結構引っかかるね。
好きな人は色々と調べてみるとおもしろいと思う。
俺は脂っこいものは最近苦手でハンバーガーは月に1回ぐらいでお腹いっぱいなのでちょっとこのアイディアは微妙だった。。。

可能性のあるアイディアだと思うんで時間ある人はやってみてね。

恐怖 → 至福 → 虚無感 → 希望 → 恐怖

ここ半年ほどの自分のメンタルの変化について。
タイトルのようなループを繰り返している。

今の仕事が続けられなくなる恐怖。
今の仕事が続けられる喜び、自身の顧客に感謝される喜び。
自分の取り組んでいる仕事は虚業なのではないか?という虚無感。
未来に光を見出し前向きに次の行動に繋げたいと見出す希望。
そしてその希望さえも月日の経過と共にいつか失ってしまうのではないかという恐怖。(そして最初に回帰する)

なぜ働くのか?と聞かれたときに、経済的な側面を理由にする人も多いだろうが、俺の場合は自分の居場所や価値、存在を失う恐怖から逃れるためではないかと思っている。

自分で勝手に仕事を創って、勝手に人の役に立ちたいと渇望して、勝手に持続可能な仕組みに仕立て上げてきた。
全て望み通りになった。
今やそれを失う恐怖しか俺を先に動かすエネルギーはないのかもしれない。

俺は世の中の人々が感じる仕事に対するネガティブな側面とは無縁の毎日を送っている。
満員電車の通勤だとか、理不尽な拘束時間だとか、職場の雰囲気が良くないとか、人間関係だとか、そういうのとほぼ無縁。

それだけじゃない。生活の基盤も他人が築いた首都圏ではおそらく最高峰のものを使わせてもらってる。
これだけ満たされた環境でこれ以上何を望めばいいんだって思う。

生活の水準が自分の器に反して高すぎるなと思うよ。
そしてここまで水準が上がってしまうとなかなかこれ以下に下げるのはキツイ。
結婚だとか恋愛に後ろ向きなのもこの辺りの側面がかなり大きい気がする。
なんで快適な生活を手放して他人と付き合って生活のレベルを落とさなければならないんだ?という疑問。

前も書いたけど今の生活水準を続けていく限り不便が発生することはまずない。
ただし結婚をしたいだとか、女遊びがしたいとか、家を買いたいとなると話は別。
それは今は無理だ。やりたいとも思わないけれど。

すでに手を打ってはいるけれど、今注力している分野とは別に個人信託になりえそうな別の分野を作っていく必要性をここ数カ月で感じるようになってきました。
毎月年金と同額程度の収入が別個にあると本業が傾いた時も生活を維持することができますから。。

何かを手に入れるというのは、何も手にしていない立場からみると素晴らしい位置に見える。
しかし金メダルを取ったアスリートがその地位を失う恐怖とそこから先は付き合い続けるように、全ての成功の側面には失敗への転落という恐怖が付いて回る。

贅沢な悩みなんだろう。
贅沢な立場なんだろう。
しかし本人は真剣にこれに悩んでいるのだ。

10年後の俺は何をしているのだろう?


Mr.Children ANY 投稿者 hanateen

学校では教えてくれない不用品の経済合理的な処分の仕方

粗大ごみ受付センター インターネット受付窓口

地震で壊れてしまったフロアスタンドを捨てようと思って、東京都 廃棄物 みたいな検索ワードでグーグルから検索するとすごい数の広告が出てくる。
んで、民間の業者ってどれぐらいお金取るのかなー、今は民間にできることは民間にやらせたほうがサービスレベルも価格競争力も増すよねって思って調べてみたら驚愕の事実が判明しましたので共有したいと思います。

more»

卒業シーズンということで 新入社員向けに役に立ちそうなネタを書いてみる

俺が大学卒業したときに投資関連のブログで新入社員に向けたこんなことやっておくといいよ的なネタがあって、それが結構役に立ったので俺も真似して新入社員の人や大学卒業して自分の道を追求していく人に向けて書いてみようと思う。

基本的に生活関連のネタなんだが、

1,家賃を合理的に安くする方法を模索せよ
2,新生銀行とセブン銀行の口座とりあえず作れ
3,保険は結婚していないなら入るな。

この3つを知っておけばとりあえず最低限いいのかなと。

more»

自分のコミュニティを持つということ

来週はちょっと出たり入ったりが続いて更新できないと思うんで、今感じてることを書いていこうと思う。

どんな組織でも場所でも一定の人と限定ながらも交流があればコミュニティみたいのができますね。

学校だといつも親しく話すグループとか、あとはサークルだったり。
組織だともっと分かりやすくて、部署だったり、取引先だったり、もっとローカルでは上司と部下みたいなコミュニティ。

俺も一応コミュニティみたいのには所属したり、作ろうかな?って思ったことが何度もあるんだが、そのたびになぜか断念してるんだよね。

というのも、どんなに居心地いいコミュニティが出来ても、マンネリ化すれば退屈。
かといって事を荒らげれば不毛な争いが起きる。
じゃあ何もやらないほうがいいんでね、みたいな思考のループ。

どうなんだろう。
一人でいることの気楽さを思う存分感じている横で、寂しさのようなものもある。
でも毎日会ったり、頻繁に食事して、何時間も費やすみたいのはちょっとしんどいなぁと感じている自分がいる。

この辺りの落とし所を俺はなんとか見出したいともがいている。
これは直近の最重要課題かもしれんな。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。