• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトル部分の画像もなしにしました

小さなこだわりを捨ててやってみました。
何ら問題ないですね?

これで当ブログも表示が重たくて帰ってしまうユーザーさんを逃す事はなくなると思います。

何か気がついた事があればコメント欄などに残してください。
改善できるところは積極的に直していきたいと思います。
スポンサーサイト

font-familyを調整 バックグラウンド画像をなしに

ユーザービリティの向上を狙って、早速実験です。
今まではフォントの指定をあまり気にしていなかったのですが、Windows、Macともに奇麗に表示されるように設定を変えてみました。

Vistaな方はメイリオの恩恵を受けられるようになったと思います。
Macな方は美しいヒラギノフォントで読みやすく表示されるようになっているはずです。

エンコーディングに関しても世界標準を意識してUTF-8を指定。
文字化けのリスクを低減させることができたかと。
今まではEUC-JPが指定されていました。

こういった基礎的な知識も、ウェブ構築をするまでは知りませんでした。
ITリテラシーには様々なものがありますが、ウェブ構築の知識というのはレバレッジが最も効果的にかかるので万人が学ぶ価値がある知識ではないでしょうか。

ウェブ構築が出来れば自分の知識を公開したり、それを元にビジネスを起こす事が出来ます。
それができないとアナログ的に、リアル世界での繋がりのみを当てにしなければなりません。
でもウェブならばロングテール戦略で可能性を最大化することができます。

最近は高校でもホームページの作り方を教えるカリキュラムもあるみたいだけれど、メールの書き方と合わせて実務の世界で役立つウェブ作りの基本が学べるようになるといいと思います。
そうすれば多くの人が自己実現をもっともっとできるようになって、それは世の中の歪みを修整する上で大きな力になると考えるからです。

今後も学びながら走りつつ、こういったすぐに役立って効果が出る知識は共有していこうと思います。

加えて背景の画像をなしにしました。
見栄えは以前ほど迫力がなくなりましたが、表示は確実に速くなっているはずです。
いずれはタイトル部分に使われている画像も自分で作って、最適化していこうと思います。

そのために現在、フォトショップとイラストレータの師匠を探しているのですが、皆さんのお知り合いで安価にマンツーマンで教えてくれるありがたい人がいれはぜひ紹介して下さいw

ウェブサイトを創るという事

もちろん目的にもよるが、世の中の多くのウェブサイトを見ていて、それを作るのは難しいのかと感じていた。
結論から言えば、ウェブサイトを作るだけならばそれほど難しくはない。

いわゆる型というものがどんなものにもあって、プレゼンテーションをする時ならば見やすいように視覚に訴えかけるスライド作りを心がけるとか、部屋の掃除をするならば片付ける場所を分けてから順番に片付けていくといったようにだ。

しかし、世の中のウェブサイトを見ていて思うのが、我流でそれを構築しているのではないか?という事。
もっというとそれはオナニープレイだと思っている。

これはこのブログにも言える事だが、見栄えの良さ云々というのは訪問者に取ってはどうでもいいことだ。
厳密にはどうでもよくはないが、彼らが求めているのはそこで提供される何かであり、見栄えに対するROIは低い。

かといってシンプルにすればいいと言うわけでもない。
視覚に訴えかけながらも使いやすさを確保しなければならない。

ここでいう使いやすさというのは、利用者に特定の作業を覚えさせたり、学ばせたりしなくてもすむ手法の確率である。
ウェブサイトの訪問者というのはBtoBにしろBtoCにしろ、自分の目的が達成できない、面倒だと少しでも思うとすぐにサイトから去っていく。

このブログでもアクセス解析をすると直帰率という数字が高く、まだまだ改善しなければいけない点が多い事を日々感じている。

そんな我流を捨てて、型を基準に何かを作るためにどうすればいいか?ということだが、これはツールを活用することだと思う。
ツールを使えば、世の中のある種の確立されたデザインに乗っ取ってモノ作りができる。

しかしそれで万能かというと、副作用として柔軟性が失われる。

この機能を足したいなって思ったときにそれが実現できなかったり、それをすると全体的なバランスが崩れてしまったり。
ウェブサイトの管理をしている人ならそんな経験があるのではないか。

僕も今、技術担当者として会社のホームページを作っているけれど、そんな壁にあたっている。

最初は我流で作ろうとしたけれど、学ばなければいけない事の多さにとても対応できないと感じ、ツールを使った。
それでなんとか外枠のようなものを作ったんだけれど、今度は中身をどうするのかというところで悩んでいる。

外枠だけならとても奇麗に出来ているから、そのまま作れば見栄えのいいサイトになるのだが、あれもいれたい、これもいれたいと考えるとどうしてもそれが崩してしまうのだ。

SEOの世界では1サイトに1つのテーマというのは基本中の基本であるが、実際にコンテンツを作るとこの辺りのバランスを取るのが本当に難しい。

今の所僕の考えとしては、外枠をツールで作って、細かい所は自分で作成。
一貫性を持たすために、色や大きさ、配置はなるべく統一する事で、使いやすさと豊富なコンテンツを実現しようと考えている。

女性読者が増えている?

訪問者リストを見ていて思う事。
僕は家事に関する記事も書いていて、またそれらに力を入れて考察をしている事が影響しているのでしょうか。

何も情報社会の歪みというのはコンピュータの使い方だけではありません。
日常生活の随所にそれらは存在をします。

どの洗剤がいいのか、どの柔軟剤がいいのか?はそんな取り組みの中の一つです。

今後は粉末洗剤を日本のメーカーとプライベートブランドを中心に試し、それらとダウニーの相性を検証していきます。

うpデート CSS HTML 及びアクセスが多かった記事の更新、非公開の記事を公開しました

全体的にアップデートが続いています。

1、ブラウザーの解像度に関係なく、大きさが自動的に調整されるようにCSSを編集しました。

2、それに伴い、記事の面積にとらわれない配置が可能になったので、広告欄を1つ追加。

3、若干のデザインの変更。
解像度の高い環境でディスプレイ全体を使って表示すると画像がかけてしまうので、それを改善するためにFlickrからライセンス利用がフリーの画像をもらってきて加工。
UXGAまでの環境であれば問題なく表示されます。

4、ブログ内検索として、グーグルのカスタマイズ検索を導入しました。
左側のサイドバーより利用できます。
これで関連する記事や、過去の記事を見つけやすくなったと思います。
もちろん、RSS経由でのアクセスも歓迎です。

5、アクセス解析によりアクセス数が多い記事がわかってきたので、それらの記事のレイアウトの調整、アフィリエイトの挿入を行いました。
昔の記事では特に適度な改行がされておらずかなり見づらかったと思うのですが、これで見やすくなったと思います。

6、書きかけになっていた記事、一度は非公開にしたけれど、今読み返すと公開しても問題なさそうな記事を公開。
アクセスがちらほらそういった記事にも来ているので公開してよかったなーと思ってます。
古い記事にコメントをくれてもメールでお知らせがくるので返事はできます。
遠慮をする必要はありません。

これぐらいかな。
表示速度はどうなんだろう。
重たいですかね?

動作環境はWindows版とMac版のFirefox、それとMac版のSafariで行っています。

引き寄せの法則もあってユーザのOSとブラウザーでdiversityを実現達成しました

アクセス解析を初めてもうすぐ1週間ですが、ブラウザーやOSの種類を見るに、Windows、Linux、Macと全てのOSユーザーの方からのアクセスを実現しました。

記事的にはWindowsとMacの割合が多いにも関わらずLinuxユーザーの方が訪問してくださるのは名誉な事です。

ブラウザーは、統計期間が延びた事でIEが増えています。次にFirefox、Opera、Safariと続きます。
中にはMac版のIEでアクセスをされている方も。

今後もくどくFirefoxをPRすることで、Firefoxユーザの方からのアクセスを増やしたいと思います。

そういえばiPhoneにインストールして利用できるアプリケーションには制限があって、中身や仕様が外部に漏れてしまうものはセキュリティの都合上インストールできないとAppleは公言したらしく、オープンソースであるFirefoxが対応できないという記事をこの間読みました。

ユーザーを中心に設計をされた高性能なソフトウェアが、今注目を高めているiPhoneで使えないのは残念でありますが、あるいは携帯ブラウザーとしての地位を強めているOperaのようなブラウザーが牛耳っていく事になるのでしょうか。

僕はiPhoneは買う予定はないので、影響は少ないですが期待している人もいると思うので、ぜひセキュリティ上の問題をクリアしてあげて利用できるようにして欲しいと思います。

アクセス解析をしてから、アクセスが増えたり、減ったりしていて、やはり1ヶ月経ってみないと本当の統計は取れないのかなとも思いますが、SEOというカテゴリを作って今後もサイト運営の状況を報告していきたいと思います。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。