• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族からの理解

仕事をする上で家族を持っている人なら、家族からの理解ってのは結構に大きいと思う。
例えば転職をしようと思っても、転職ってそもそも失敗するケースのほうが多いわけで、桃源郷なんてないとわかりながらも、でもやっぱり今の環境じゃだめだなあと思って悩んだりする。

それでそのことが自分の話ならいいんだけど、生活をしていくためには何が何でもうまく話を進めなくてはというプレッシャー、それから自分の家庭内における理解ってのは避けて通れない。

私も今日、そんな壁にぶち当たった感じです。
ちょっと仕事と家の境界線を曖昧にしすぎたというかね。

現状、率直に言ってここまでうまくいきすぎた感がある。
研修をしっかり誰かから受けたわけでもなく、かといって大学でもしっかりなにかをやっていて結果を出していたわけではない。
ひょんなことから、組織は自分には無理という半分逃げのような思いから始めた、一人でもできる仕事。自分のライフスタイルとフィットしているこの仕事にそれなりに自分の中では真剣に取り組んだ結果ここまでこれた。

多分、経験的には組織にいたときの2倍、3倍の速さだと思ってる。いわゆる起業での経験だったわけだけど、別にそれほど世間で言われるほどスピード感を感じなかったし、ベンチャーと言っても組織なわけで、分業してやっていることに変わりはない。(そういう意味ではベンチャーに就職するのはリスキーでもなんでもないし、それがスタートアップだろうが後乗りなのは一緒。でも後乗りでもいろいろ違いがあって、スタートアップのほうがいい勉強になることが多いってのは、それなりに同感。)

それでもやっぱり大企業よりも成長の速度がはやいなんてベンチャーは言われるわけだから、一人で何かをやればもっと大きなものを掴めるってのは多分それほど間違ってないと思う。

無論、教えや何かのきっけかを与えてくれる人はたくさんいた。ありがちな表現だが、お客さんから教えてもらう事も多々あり。
そして未だに直らないミスも許容をしてもらっている。。。

まあ私の家族も(といっても一人しかいないがw)、いろいろストレスあると思っていて、こいつ大丈夫なのかみたいな所からでた指摘だと、楽観的に見ているんだけどね。。。

でも自分の良くない所もあったのも事実なんで、忘れないように書いておきたいと思った。
スポンサーサイト

攻撃準備完了

書類全部揃いましたー。
古物商の取得まであとわずかです。

なぜ発送ミスをするのか 顧客志向の副作用

出品も落札もするユーザー、個人として双方の気持ちがわかる僕は、出品サイドとしては顧客が落札をしてくれたら過去の取引に問題がなければ入金前でも発送をしてしまう。

客というのは購入したらすぐに利用したい、手元に届いて欲しいと思うのを知っているからだ。

それが発送ミスという結果を生み出したのであれば自分のアプローチに問題があったわけではない。
厳密には細かいフローでミスが発生している訳だが、方向性としては間違っていない。

今も客からメールが来て、”迅速な対応に深く感謝する”との内容があったが、とにかく自分はスピード重視でパラダイムに対応をしている。

顧客の元に商品を1秒でも速く届けたいという渇望が、発送ミスを招いた。
1秒でも速く届けてあげたい→確認が曖昧になる→発送ミス

これを解決するために自分は以下の対策をとる。

1、納品書と実商品の照らし合わせ、コンディション状態と実物の照らし合わせ
2、テンプレートに住所、名前、電話番号に加え商品名を入れて、送り返してもらう事にする

2はすでにテンプレートを変更を済みである。
従ってこれより後の取引では発送先を作成する際に一緒に中身がわかるようになるので、それと照らし合わせて梱包ができミスを減らせるはずだ。

1は確認を怠らないという意味だ。
1日に何個もの連絡や発送準備をしているとなかなか確認がおろそかになりがちだ。
しかしそこで自分は粘り強く取りまねばならない。

オークションの個人出品とはいえそれは仕事だ。
プロ意識を欠如しては今回のような事態をたびたび招く。

どこまでも顧客の高い満足を求めて、自分は出品者として成長をしなければならない。
その見返りとして、評価を入れない事や、発送完了の連絡を省くという融通を客に図ってもらっているのだ。
その融通に見合った質の高いサービスを提供しなくてはならない。

顧客の失望は自身のintegrityの低下を招き、持続可能なサービス提供者としての地位を揺るがすだろう。
今回の一連のミスは神様からの警告、顧客から必要とされているが故に発生した事件として自分の中に蓄積していきたい。

誤発送

最近間違った発送先に送ってしまうケースが多い。

テンプレートを改良したり、納品書を丁寧に確認する事でミスを減らしていきたい。

送料が安くできたとしても、最後のお届け先が間違っていたのでは利益率が低下してしまう。

沖縄から注文がたくさん来るけどなんかあったんですかね

最近、沖縄から注文くれるお客さんが多い。
なんかあったんですかね?

最近の沖縄は観光客も減ってそこで働いてもリアルにワーキングプアにしかなれないとか言ってるけど、これだけ注文来ると景気いいじゃんって思ってしまう。

僕自身は沖縄言った事ないんだけど、沖縄って何が魅力なんですかねー?
料理がおいしいのかな?

海は別に沖縄でなくても奇麗な所がたくさんあるので、沖縄ならではの魅力が知りたい。
とりあえず日本語が通じるのは便利な所かもなー。

ケチな客、売り上げに貢献しない客をどのようにして切り捨てるか

高額の取引と低額の取引でどうでもいいところでうるさいのはなぜか低額取引が多い。

まあそれは購入者の権利なんで問題ないけれど、客だから偉いみたいな態度の人もいて不愉快になる事もある。

僕は自分が客のときは安く売ってもらったときはサービスがしょぼくても我慢かなって思うんだけど、その辺感覚違うんですかね。

サービス提供者サイドで感じている事ってのはモラルハザードじゃないけど、低額取引は面倒な質問は一切受け付けないで、さっさと取引を完了させて欲しいと思うし、高額取引は落ち度がないように、丁重に取り扱うってのがやっぱりある。

じゃあ低額取引やめればいいじゃんって指摘されるかもしれないけれど、回転率がある程度あるほうが精神的に安心できるのでやっている。

あまりにも薄利多売な分野からはそろそろ撤退する時期なんだろうけれど。

ヤフオクに出したらすぐに売れるじゃんって商品は頼まれたブツでも自分で売りたいときでも積極的にやってしまうな。

「千円札は拾うな」にも書いてあったけれど、売り上げに貢献しない客はさっさと切って、その顧客に割いていた労力を新規開拓に割けって考え方、あれはいいよね。

いつも実践したいって思うんだけど、ヤフオクは客選べないからなw

文句だとか注文をやたらつけてくる客が利益に貢献した試しがないからね。
予防策としては、あまりにもひどい客はブラックリストにぶちこんで二度と取引しないようにもできるけど、それもなぁ。

現実的な落としどころは説明文に予防線を貼って、事前説明した通りです。受け付けられませんの一点張り防御するしかないのかもな。

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。