• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニー銀行・証券に口座開設をした

資本市場からのリターンの比較を調べていたら、一番リターンが高いのは米国株だった。
ここまでは想像に難しくなかったんだけど、次にリターンが高いのは香港株だそうです。

日本かヨーロッパの先進国では?と思っていたのでこれは意外な発見。

税制上の優遇策が公をなしているのでしょうか。
確かに同じコストかかるなら、税金が安い国でビジネスやったほうが有利だと思います。
実際に東京の高すぎる家賃と、地政学的なリスクを嫌って拠点を香港に移すというのはよく聞く話です。

私は資産の一部を投資信託経由で株式や債券に割いているのですが、債券の比率を減らして、株式の割合を最近は増やしたいと思っています。

リスクヘッジとして債権も買っておくというのは理解できるのですが、サブプライムみたいのがきちゃうと結局債権だろうと関係ないのではと思うようになってきたのです。

そして中期的には下がっても戻してくる株価を、割安に買って、お買い得感を実感できるのは株式と考えました。

最近は投資関連の情報も調べやすくなってて、例えば価格コムにも投資信託のランキングなんてのがある。

香港株の投資信託を探して色々調べていたところ、ソニー銀行であれば販売手数料なしで購入できることがわかったのでさっそく口座開設。

本日申し込んで、書類を先ほどポストに投函した所です。

購入しようと思っているのは、香港ハンセン指数ファンドという商品です。

中国株も入っているので、今のポートフォリオと被るけど、まだまだリスクをとれる年齢であること、マクロで見た時にも成長の余地があることを考えると、多少投資比率が高まってもいいかなと思いました。

投資の話は詳しく説明しようとすると長くなるので今日はこれぐらいにしておきます。

興味があって自分でも勉強してみたい人は、以下のような本を読んでおくといいかもしれません。

ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)
4022733691
スポンサーサイト

友人向け資産運用ネタ

ここ半年ほどは勉強代も払いつつ資産運用の方向性を定義付けていました。
俺が個人的に感じていること、個人投資家としての視点だが、

1,ノルマがない
2,時間制限もない
3,資金と情報は限られる
4,使えるシステムも限られる

というメリット・デメリットがあると考えている。

1についてはファンドマネージャーという身分の人は年単位で成績が評価され、マイナス収支ばかりが続けば解雇される。
したがって彼または彼女はパフォーマンスが上がらない期間が長くなれば無理な運用に手を出しかねず、それが泥沼にはまりさらに悪循環を生み出す危険がある。

これに対して個人の運用期間というのは実質無限であり、年単位やら月単位でのノルマというものがない。
無論、運用していく以上プラス収支にしたいという思惑はあるものの、最終的なゴールが老後の資金であったり、銀行に預けておくよりも優位性のある運用であったりするので、それらが満たされていればより長い期間で目標やゴールを設定することが出来る。

極端な話、22歳で働き始めた人が引退する年齢を仮に60歳と仮定した場合30年の間何かしらの形で運用をする期間がある。
その間彼は好きな手法で運用をすることが出来る。定期貯金に回すもよし、MMFを買ってみるもよし、投資信託行くもよし。

しかしながら個人が得られる情報には限りがある。例えばリアルタイムでニュースを垂れ流してくれる情報番組やら端末も機関投資家が使うそれに比べると優位性の確保が難しいと推測ができる。
また機関投資家が使っているようなシステムも個人ではそもそも使えなかったりするのでここでも彼らに対してディスアドバンテージがある。
そもそも本業の傍ら別のことに労力を割く余裕なんぞないという人がほとんどであろう。

こういった前提条件があって、じゃあどうするよって問いかけなんだが、

俺は資産が少ない間は、

投資信託とお好みでMMFで運用でいいと思ってる。

月々千円から運用委託できて、10年単位20年単位で見ると負けることはほぼないインデックスファンドを投資信託は買う。
これはその手の本や情報が最近増えてきたので、よくわからんて人も調べてみて欲しい。

資本主義が右肩上がりであることを前提とした無限増殖システムであると仮定するならば、株価もまた長期的には必ず右肩上がりになるはず。
ただし個別株を買っている場合は、その業種特有のリスクであったり、カントリーリスクであったり、為替リスクであったり、その他もろもろの不確定要素から受ける要因が大きい。
また資金効率から見ても一つの株に対して資産が少ない時に投資をしていくというのは効率が良いようには見えない。
(任天堂の株を買いたいと思っても最低で100万円が必要だったりする)

であるならば、東証一部に上場している株価を全て買うという選択肢を選ぶことで、リスクを分散し、資金効率も高めるという相反する要因を両立してみるのはどうか。
(投資資金も千円からいけます。)
これが資産が少ない時にインデックスファンドを買うといいのではないか?という理由。
(アクティブファンドを検討しない理由は今更すぎるため割愛。)

震災直後に言われるようになったのが、日本に住むリスク。
大地震に見舞われた地域も統計データから10年以内に大規模な地震が来る確率が90%以上と言われていたそう。
東京も例外ではなく、かつての関東大震災規模の地震がいつ来てもおかしくないと言われています。

そういった国に住んでいくリスクを考えたときに、日本がもしダメになってしまったらどうするのか?を考えてみてもいいのではないか。
世界経済の流れを考えると日本がダメになれば、その影響が世界経済にも大きく響くため、何かしらの対策がされて完全に日本がダメになることは可能性としては低いのだが、絶対というものはない。

もう少しこの国に住んでいくリスクを考えたときに、
例えばかつての阪神淡路大震災の時に借金をして家を買った人は、借金を抱えたまま家を失い、また借金をして震災後の土地に家を建てるという二重の借金状態になったそうで、問題視された。
おそらく今回の東北の地震でも同じことが繰り返されるだろう。

何が言いたいのか?というと、今東京に住んでいて、現在あるいは将来的に家を借金して買おうと思っている人には同じことが起きてもおかしくないということです。
だから賃貸が一番いいんだよとかそういう提案をしたいのではない。
そういう側面があるというのを知っておいてもいいのでは?ということだ。
知った上で借金して家を買うならリスクを受け入れている状態だと思うので問題なかろう。

日本にも将来的にどうしても住めなくなってしまって、外国に移住しなければらならくなったときに外貨を持っていると若干の優位性がある。
MMFやFXはそういった側面へのヘッジとして上手に使うことができるのではないかと思っている。
特にFXはレバレッジというものを使うことで大きくリターンを狙えるし、逆に大きく失う可能性も秘めている。

この半年の間、俺は特にこのFXに対する研究をかなり続けてきました。
そいでようやっと方向性がおとといぐらいかな?決まってこれから検証に入ります。

実は結構な勉強代を払って、引くに引けない状況ではないのだが、プラス収支に持って行きたいなぁと願っていたりします。
具体的な話に関しては少なくとも1年間は様子を見ないと甲乙をつけることはできないと考えているため公表はしません。

また仮に公表をしてもその詳細を伝えるのは私が学生時代にお世話になった方限定とします。
よくmixiとかでいきなりメールしてきて「何が儲かるんですか?」みたいな人はこの手の話題に過剰に反応するかと思いますが、金銭を積まれようともお伝えするつもりはありませんので了承下さい。

現時点で私の友人で特にメーカーやITなどの仕事に拘束されている時間が長い方にお伝えしたいのは、

1,お金を使う暇がないのだし資産の1割程度でいいので運用に回してみたらどうか
2,新卒で入ったばかりの人や家賃やら付き合いで資産がまだあまり確保できてない人は収入の1割程度を積立て運用に回すのはどうか
3,1年後、2年後ともすれば私の方のFXの運用のノウハウがそれなりに溜まっていると思うので、うまくいくようであれば利用する。ダメなようならインデックスファンド投資を継続する

ということ。
これなら大勝ちはしないが、大負けもしないはずです。
サブプライムみたいのがもう一発来ても大丈夫な方法です。
その辺りは納得できなくても調べてもらえればいいと思います。

たまには投資関連の話 reitも今は安いのね

最近はファンド(投資信託)がすげーお気に入りでたまに検索したり、最近だとtwitterやってるから、HOTな人たちおっかけけてたりして情報集めている。

んで最近は個々人への発言力の加速がネットの普及で加速しちゃって、優れたファンドを投資家が選ぶなんて取り組みがある。
それで今年の注目見てたら知らない名前のファンドがいくつかあって見てみたら安い。。。

今年設定されたファンドらしく実績がないのと、同じ運用方式のファンドと比べるとまだ割高だが、委託手数料が0.7%切ってていいなぁと思った。(さらにいうと販売手数料もない。ネット時代の今では当たり前か。)

内容はreitっていって不動産に投資するファンドで厳密には不動産賃貸で収益を上げている会社に投資をする間接投資に近いファンドオブファンズみたいなやつなんだけど、でもいいと思った。

ビルのオーナーなんてなかなかなれるもんじゃないが、その権利を分割すれば参加する事は難しくないって言う考え方がいいと思う。
そして大口の機関投資家と違って小口でも複数の不動産に投資することができる。

もちろん運用方針だとかポートフォリオ管理は自分じゃできないが、でも一般人にはそれでいいと思う。
シリアスに延々と不動産の事毎日毎日考えているわけじゃないし。

1年ぐらい様子見て、他のファンドと同等の基準価格になったら買ってみようかなと考えている。
最低購入価格が1万円からなので、今買ってるファンドよりも出費がでかいが、どのファンドも大抵は1万円からなので仕方がないか。。。
今の経済レベルだとできれば、積み立てにして月5000円ぐらいからがいいんだが。

若い人で投資にまわせるお金を生み出している人は私に限らずそんなもんだと思うんだがね。。。

あとせっかく投資の話ちょっと書いたので、ついでに話題ちょっとそれるがFXも今調べています。
私の周りでもfxやっている人はいるんだけど、結構に損こいている人も多くて、なんで損こくのかなーと思ったら、結局に個別の株買っているのと同じ+短期間でのパフォーマンスに振り回されるって結論に至った。

短期のパフォーマンスつーのは1週間だとか、3ヶ月だとかの期間のパフォーマンスで下がった、上がったと言って、売ってしまったり、ポジション解消してしまったりそういうやつね。
fxなので売り買いが頻繁なのはいいんだが、なんつーか自分の考えがぶれまくっているのがあんまりいただけないという。なんか忙しそうでしんどそうなのが嫌だ。

だから僕はそういう判断であるとか、決断に労力を割かなくてもやれる方法を選ぶ事にした。
多分これを選んでも1週間や3ヶ月のパフォーマンスに僕も一喜一憂してしまうのだろうけれど、それでも会社から帰ってきて注文を出して、経済指標をこまめにチェックして、大きく動きそうな時はパソコンの前に張り付く。なんて生活はしなくてすむと思ってる。(甘いかな)

楽しみながら、できればじっくりと構えてやりたいもんだから、こういう方法を選びました。
あと運用する会社は、外国のブローカーで、結構に開くのが大変だった。。
準備は7割ぐらい整って、リアルマネーを投入してあとは運用していくだけの状態です。
吉と出るか、凶と出るか。1年単位でのパフォーマンスを僕は見ようと思っているのでどうなったか報告できるのは来年の今頃になると思う。

来年の今頃、自分は何をしているのか、ちょっとわからんですが、去年一年から今年は新しいことがたくさんあったけれど、来年はどんな一年になるのか、ちょっと楽しみだ。

貧乏人だけどFIRST-TRADEに口座を作ろうと思うよ

橘さんの作品をざーっと読んで、細部にまで理解が及んでいなかったので何度か読み返しました。
究極の資産運用編のP83に書かれているコラムがヒットしたのでそれを実践したいと思います。

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編

そのコラムではFIRST-TRADE証券でACWI( All Country World Index)を毎月一定額を購入する事を紹介しているのですが、僕が求めていたのはまさにこういう手法でした。
当初は日本国内から米国ETFに対して、例えば楽天証券を使って投資しようと考えていたのですが、落ち着いて考えてみるとこれって中間マージンをぶっこ抜かれるわけです。

僕は簡単な英語であれば使うのは全く億劫ではないので、合衆国本土にある証券会社に口座を作ってそこから投資すれば無駄なコストがさらに省けるじゃんとずっと思ってました。

でも具体的にどんな証券会社があって、どんな手続きが必要なのかは調べずにいました。
それをこの本が定年懇切に紹介して、現実と理想のギャップを埋めてくれました。

実際こちらの記事を見て頂ければわかる通り、コストはこれだけ差が出てきます。

日本円で150万円分を買付にあてるとすると……?
為替レートは115円とします。


[Firstrade]
送金&為替&現地手数料 
2000@送金+{(1498000÷115)-(1498000÷115.95)}×115@為替+115×10@現地=15422
購入手数料 6.95×115×9=7193
合計 22615円(約1.5%)

[楽天証券]
為替手数料 {(1500000÷115)ー(1500000÷115.25)}×115=3254
購入手数料 31.5×115.25×9=32673
合計 35927円(約2.4%)

[イートレード証券]
為替手数料 {(1500000÷115)ー(1500000÷115.25)}×115=3254
購入手数料 26.25×115.25×9=27227
合計 30481円(約2.03%)



口座開設が出来たらまた報告をします。
また、この手法だと株式にしか投資ができないので、債券や実物商品についてもっと調べてどうするかを考えたいと思います。
今は株式と債券のバランスファンドに投資をしているので、この辺りのアセットローケーションを考えずにすんでいますが、ピンポイントで購入をするとこの辺りのバランスを自分で考えなければいけないのが欠点です。

セゾン投信に口座開設完了した

とりあえず今ログインしてみた所。
積み立ててで銀行の口座から落ちるように申し込んだんだけどそれはまだ反映されていない模様。

積立額は5千円/月で、買い付けるのはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。
初めての投資信託としてはいいんじゃないかなーと思ってこれを選びました。

僕としては日本政府が発行する債券やバリュエーションと関係ない要因(インサイダーや仕手銘柄などなど)で値が動く日本株はいらねーんですが、このファンドはファンド・オブ・ファンズといって複数の投資信託を組み入れてまとめてパッケージ化しているんで、そこは選べない。

もっというと債券も格付けとか意味ねぇと思うんで、そこはどうしても買いたいならむしろジャンクボンドをたくさん買った方がいいじゃんって思ってるんですけどねー。

まあその分、投資信託を選ぶ複雑さから解放してくれたのと、これ1本で先進国からエマージングまで多くの国に投資できるってのが気に入っているので良しと考えます。

教科書的な投資手法だけど、分散する上でかなり優位性も高い投資信託だと思います。

トピックとは関係ないけれど、インターネットを介して利用できる投資のための口座は他にマネックス証券と楽天証券とイートレード証券に持っています。

投資ブームのときに便乗して口座だけは作ったのですが、買いたい銘柄がないなぁと思って一度も取引をせずに放置しております。
ログインすらしたことない口座もあったりしますw

まあこれから先はわからないですねー。
楽天証券はETFが充実しているので、リレー投資をするならいずれ利用したいですし。

ETFについてもう少し書くと、なんか米国では1本でほとんど世界中の全ての国に投資できるETFがあるみたいなんですよ。
それが日本でも購入できるようになったら僕はそれにリレー投資したいですね。

さわかみ先生
はインデックス投資というのは哲学がねぇよと言ってますが、僕に言わせれば投資に哲学が必ずしも必要だとは思わないし、ゲームじゃないんだから必要以上にリスクを取る理由というのは見いだせません。

まあこの辺りは今読んでいるジョンCボーグルの本にすげぇよくまとまっているんでいずれ書評かきます。

インデックス投資は退屈という指摘もナンセンスというか、まあゲームしたい人は個別銘柄やらアクティブ投資やらいけばいいんじゃないですかね。

僕はゲームしたいならファンドオブファンズのヘッジファンドをむしろ買いたいですがね。
マネックスで売ってるファンズオフヘッジファンドの商品は基準価格とそのしょぼい価格推移が気になってなかなか買えませんがね。

まあその辺りは慣れていくうちに見極められるというか、すげぇ楽観的ではありますが今は気にしていません。

スポンサー広告
マネックス証券への口座開設はこちらからできます

SBIイー・トレード証券への口座開設はこちらからできます

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。