• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積立設定変更 メモ

個人的なメモです。
今後のマクロ経済を10年単位で見た時に思う所があったので現在の積立投資の設定を変更しようと思う。

具体的には、
日本株の積立停止、日本債権の積立停止、エマージング債権の積立停止を実行。

日本株、日本債権、エマージング債権に関してはバランスファンドの方でカバーしていく。
個別に投資をするということを自分は止める。

この積立を停止する代わりに、以下のファンドを購入する。

バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド
バンガード・スモール・キャップ・インデックス・ファンド

米国株への比率を増やす。
自分はアメリカひいきというのもあるが、新しい産業がどこで生まれているのかを考えた時に米国であるという結論に至った。
FBもMacもWindowsもスマートフォンも全部米国発。
あの国には新しいものを生み出していくエネルギーがあると思ってる。

一方ヨーロッパに関して言えば旧態依然としたヒエラルキーが日本以上に強く新しいものが生まれているように自分には思えない。
NOKIAやソニーエリクソンがあるじゃないかと言われればそれに関しては同意だが、それも今やアップルや韓国のサムスンという競合がいるわけで独占じゃない。

ヨーロッパの労働環境。
1ヶ月や2ヶ月の休暇は当たり前という世界。
羨ましいとは思うがそれだけ余裕モードでグローバル資本主義を生き残れるのか?という疑問がある。

日本の労働環境だとやりすぎだが、米国程度の労働環境ぐらいはあったほうが適度なプレッシャーと適度な休みという意味ではバランスするのではないかと自分は思う。

米国よりアジアの国のほうが伸びるんじゃないの?って疑問。
その通りだし、自分はアジアの新興国を対象としたファンドは別個に既に購入しています。
中長期で見た時に大きなリターンを狙えるのはエマージングだが、直近とマクロ経済への影響を見てあげた時に自分は米国の存在を無視できないと思うので、今回投資比率を高めようと思った。

また同ファンドはドル建てということもあり通貨分散にもいいと思った。
今はドルを仕込むのにタイミング的にも申し分ない。

日本株と債権を止めたのは、それほどアグレッシブに投資しなくてもいいかなーと思って。
エマージングの債権はリスクに対してリターンが割りに合わないという考えに同意したので止める。

積立の設定はやろうやろうと思ってなかなか実行できていないのでこうして考えを整理しておく。

スポンサーサイト

積み立ての投資信託増やしました

楽天証券で買ったんだけどすごい簡単に設定できて驚き。
投資信託買ってるのにポイントがもらえるという仕様なのがいいですね。同じファンド買うならポイント貰えた方がいいw

バランスファンド買ってりゃポートフォリの管理とか不要で楽なんだが、新興国とreitに割く比重を少し高めたかったので個別のファンドを買ってみたよ。

以下購入したもの。積み立てで毎月千円です!w

STAM 新興国債券インデックスオープン
eMAXIS 先進国リートインデックス
eMAXIS 新興国株式インデックス
eMAXIS 先進国債券インデックス
eMAXIS 先進国株式インデックス

しかしポイントまで貰えてこの手数料の安さはいいなー。あんまモノを買っているという感覚ではなくなってくる。
ETFより安いのもあるらしい?

私個人の考えですが巷で話題になってるETFは特に買わない予定。
長期で見れば手数料的に有利なのはわかるが、海外の証券取引所に上場しているってことで、購入する度に為替変動の影響を受けるのと、積み立てをしたければ手動決済なのでタイミングがつかめない(めんどくさい)のが理由で、やっぱ慣れ親しみのある日本語で注文確定できる日本の証券界社が売ってるファンドがいいなーという結論に至った。

掛け値なしに当分使う予定のないお金(なんといっても千円だw)なので、短期的にマイナス20%とか、そういうのは本当にどうでも良くて、買って忘れるぐらいの勢いで、手数料の安いファンドとは今までも付き合ってきている。
付き合ってきているって言っても一つしか今までは買ってなかったんだが、ここに来て積み立て千円からいける!ってのが自分にはクリティカルで、すげーこれはいい。

小額で自分が把握できないほどの分散効果。リターンはまあそれなりかもだが、でもアクティブファンド買うよりかはいいと思ってる。
コモディティとか、ジャンクボンドも買いたかったけど、今調べた範囲ではどれも手数料が高かったり、ポートフォリオの中身公開してなかったりで、気に入るのがないので今は保留。

中身がわからないものは利回りが良さそうでも買う気がしないなー。これは本業とも若干関係があるんだがw

FXのほうですが、どうにも神経が疲れて撤退するかもしれません。損もほとんどしてないが、特もほとんどしてない。んで何が嫌かというと、自動売買でもやっぱそれなりに気を使うってのが気に入らんかったw

細かい事はあまり得意ではないので、買って放置オッケーなインデックスファンドはやっぱり自分の性格的にあっているように感じます。
VPSサーバーであるとか、EAの設定とか(それも定期的に微調整が必要なのもある)、まあおもちゃとしてはおもしろいんだが、小額からの投資っていってもやっぱマイクロスロット対応でも5万円は必要なわけで、出せなくはないが、それって小額なん?っていうのが率直な感想。
貧乏なんでね。。。

FXで年利20%とかネリネリと自動売買でいければいいなーと思っていたがやっぱそんなおいしい話はなかなか、、、。それなりの代償も支払わないといけない(マメな情報収集とEAのバックテストなど、やることたくさん)ことがわかった。
EAベースでいいから既存のMMFであるとかMRFに取って代わる運用を代行してくれるサービスがあればお願いしたいと思うけれど、無理だろうなー。
位置づけとしてはヘッジファンドみたいな感じで良くて、絶対収益を狙いつつ、うまくいけば高い報酬で、ダメな時は最低限の手数料みたいな感じで。。。
弱小個人投資家レベルの種銭集めて運用してくれるなんて気前のいい人間はいないか。。。。でもあればいいなと思った。

不動産の話をしたんでもうちょっと有益かもしれないネタを

神奈川県の横浜ってわかりますね。
人口がすごい多いあそこです。
そこから一駅の東戸塚って場所があるのですが、20年以上住んだマンションの売値が3500万円らしいですw
いやー東京でもそんなリセールパーバリューの高い地域はそんなにないと思いますが、3500万とはたいしたもんだよねー。

ちなみに内覧会とかを回って物件購入を考えている人は知っていると思いますが、3500万円用意できるなら東京にマンション買えます。
それなりにいい場所でも買えます。
ただ売るときはどうなるんだろうね。

東京は区によって、自治レベルが全く異なるんで、リセールパーバリューを求めるならかなり目利きしないときついです。
私の住んでいる区は、拝金主義が横行していて、土地買収でマンション立て替え、おまけに条例変更して規約以上の高さの建物を建てようとする始末です。
なので今住んでいるマンションの資産価値の下落はさけられないかなー。
ただ自治会のレベルが区の中でも先進的というか、一番先を走っていてテレビにも出たりするぐらいなんでそこまでひどいことにはならんと思ってますが。

東京3500万で妥協した物件と、神奈川の一等地に3500万の中古はどっちがいい投資なんだろうねー。
横浜に仕事場所があるなら後者はstrong buyと言ってもいいけれど、東京まで出るには微妙に不便というか通勤ラッシュがw
毎日グリーンシートチケット買えるならオッケーとでも言っておきましょうか。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。