• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回のエントリーがやや脱線気味だったので、働く事についての考察を独立させて書いてみる

今だから冷静にスラスラと書けるけど、結局働く上で求めていた事は以下のような事

1、(組織で働くなら)一緒に働きたいと思える人がいる事
僕が働きたいと思っても、彼らが働きたくないと判断したり、その逆が多かった。
あと実際に一緒に働くと、違和感maxで人と一緒に何かをやるのってなんて大変な事なんだろうと知った。

2、オフィスが奇麗な事
汚いとモチベーションが下がる。ここで汚いというのは建物が古いという事ではない。定期的に改修さえされていれば古くても清潔感のあるオフィスはある。あと就職活動してて思ったのは、どの会社もインテリアが安っぽかったり、しょぼいなーと思う事。
椅子に始まり、会社のロビーから、なんでこんなにちゃっちいんだろうと感じる事が多かった。
お金がかかるって事なんだろうけれど、外資みたいなオフィスが俺は好きですね。回った範囲の話ですが、やっぱ外資は受付から奇麗だし、働くスペース的にも余裕を持った設計になってる。
あと椅子もいいのが置いてあるw

3、バランスが取れる仕事、調整ができる仕事
仕事で毎日が全て燃焼するような生き方は嫌だった。そりゃ仕事に波があるのは知っているが、毎日夜の9時とか11時とかに帰宅ってのは続かないなと思った。
そういう生活をしている人を学生時代に見て知っていて、毎日のように鬱だ、死にたい、と彼らがリアルに言っているのを見ていたので。思えばあの時から、日本で働くのって何か敷居がとても高い事なのだろうか?という根拠なき違和感があったのかもしれない。

自分にとっての理想の働き方というのは、働くときは働く、そうでない時は適度に休憩も入れながら、あくせくやらないで続けられる事。これに集約される。続けられる事というのはかなり大事だと思ってます。
初任給がいくらで30歳になるといくら年収になってとか、短期的な視点で考えている人が周りには多かったけれど、年収そのものが低くてもずーっと老後も続けられるような仕事がもしあるなら、そのほうが実はリスクが低いのではないかなぁと思った。
贅沢をするのに必要なお金は、あればあるに越した事はないというのも事実なんだが、学生時代がそうであったように限られた条件の中でできる静かな贅沢?もあると思ってますw
そういう意味では今の仕事は続けられる、続けていけると思える仕事なので良かったなぁ。まあそれでも先の事はわからないんだけど。

4、適度な責任を伴う仕事
適度な責任は何かというと難しい概念なんだが、自分の選択によって起こりうる結果が想定でき、それらを可能な限りコントロールしていける仕事って感じかな。
組織の中で自分に何が出来るのかわからない。そもそも組織で自分のやれることって実はない。そんな風に最初に起業した時にすぐに思った。それでしまった就職すれば良かった!と一瞬思ったわけだけど、就職してこれをやれと言われた仕事を丁寧にこなしていく事でできる仕事が広がっていくという考え方も今は羨ましいと思います。

俺の場合はその段階に至るまでに続けられそうにないダメ人間なので、そういう生き方が羨ましくても実行できないわけですが、働きながら学ぶ、学びながら何かに貢献できる価値を持つ人間になれるというのは、ホント理想的っすよね。それで給料もそれなりに貰えるならなおおいしいと。

組織だと分業されていて、あなたはこの仕事のこれ!って責任の範囲も明確に定義されているから、取り組むべき事も明確だしね。
最初はあれもこれもやります!みたいなほうがいいのかなぁと思ったけど、選択肢が多すぎると逆に人は何も選べなくなるのかなと最近は思う。ある程度、別に自分の専門分野に固執しなくてもいいけど、これとこれとこれの中から選んで下さい!みたいなほうが今は俺はやりやすいかな。。。その中で発生していく責任についても同様で、全体的に発生する責任よりも、部分的に発生する責任を定義して、アウトソーシングできる所はアウトソーシングしちゃうっていう考え方が今は好きです。

適正って言葉があるけど、あれは深くて、適正のない事やってもホント不幸になるだけだと思うんで、適正のあることやるのがいいかなーと思います。

そして最近、ベンチャーでインターンをしていたのだが就職先は大企業という人が自分がアンテナを張っている範囲では多いように感じていて、なぜ?と思ってたんだけどある仮説が浮かんできた。

それは”バランス感覚のある生き方”を求めている人が増えてきたのではないだろうか。
特定の組織の中でしか通用しない能力ではなくて、真の実力を身につけることができる魅力があるベンチャーがあったとしても、超激務で友達や交際する人との時間も生み出せない、生み出せてもその時間があまりにも短すぎるような生活。そしてその割には生活するのも困難かもしれない待遇(給料や福利厚生)を現実的に見て、欠点を許容した上でベンチャースピリットがある大企業に入ろうと彼らは考えているのではないかと。

一般職という名の将来のお嫁さん候補がいたり、学びながら独立に備えるための人脈や力を身につけられる場といい、そういった場所に行く事ができる人で、仕事maxという考え方でない人なら、そういった場所のほうが魅力があるのかなーと。

これは僕が大事に考えている、続けていく事、続けられる事とも関係していて、結局いくら実力がつこうが生活できなきゃ意味がない、いくら成長できようがただの仕事人間じゃ人生おもしろくない、いくら会社に収益をもたらそうが仕事といくら稼いだかの話しか出来ないような人間は退屈、いくらビジネス上の人脈できようが結婚も出来ない生活は嫌、というように考えているのではないかと。

実は正直、自分も仕事を中心とした話しか今はできなくなってきて、外部の人間からしたら退屈なんだろうなと多少危機感を持っています。

それと雇用されていない身分なので、雇用する側の視点で物事を考えてしまっていて、一般の人との感覚の乖離も感じています。
学生時代なら迷わずやったよなぁと思う事も、最近だとやらなくなっています。それは何かというと特売狙いとか、いくつものお店を回って安く買い物をすることだったり(その安いというのも誤差の範囲でトータルで考えるとほとんど変わなかったりする。一つの全体的に割安に売っているお店で一式必要なものを買いそろえたほうが時間的にも、後でサポートが必要になった時にも便利だと考えています)、端的に言うと時間に対する感覚、コスト意識です。

様々な事に取り組む必要が出てくる、大学卒業後の生活で、それらをバランスよく管理しようともがいている。
バランスよく管理できるようにするためにどうすればいいか、今働いているベンチャーではそれを実現するのは難しいのでは?と実際に働いてみて感じる人が、卒業後に大企業に行こうと考えているのではないかと思った。
そしてそういった考え方も今の僕は共感できる。

バランスって大事。
スポンサーサイト

就職勧誘の電話 どこから漏れているんだ? あやしい業者はいくつか思い当たるが。。。

まだ登録の解除が面倒でしていない就職サイトからだと思うんだが、電話を直接されてもどうにもできない。

「もう進路は決定しております。」としか言えない。

ジョブウェブでエントリーした会社の中には、ジョブウェブを退会した後も直でメールを送ってくる会社があるので、メールアドレスを売られたんだろう。

でも電話はどうなんだろう。

ありえるとしたら、文化放送ナビぐらいかな。あと理系ナビも退会していない。

推薦枠は別として、普通にこの時期就職活動している人っているのだろうか。
大学ではリクルートスーツ姿の人はほとんど見ない。

採用をしたいと思ってもパイがほとんどいない以上、この時期に採用活動を国内の学生に向けてするのは無駄だと思うんだが。。。

夏採用が動き出したね

僕自身は就職活動をこれ以上するつもりはなくて、いちおう終えているという認識なんだが、過去に登録をしていた特に大企業が夏採用の告知を始めた。

人材派遣大手の会社や、総合商社、証券会社などなど人材を大量に確保する必要性のある企業が積極的に採用PRをしているというわけだ。

実際、国家試験やら海外留学やらで就職活動ができない人もいるだろうから、限定的とはいえこういった採用があるのはいいと思う。

ただ最初からチャンスが限定されてしまって、ある意味大きい所しか見れないのはそれはそれでかわいそうでもある。

僕としては採用というのは新卒も含めて通年採用すればいいじゃんと思うのだが、手間がかかるのでそれをやらない企業が多い。

実際は何か別の事情があるのかもしれないけれど、ロングテールで人材を捜し続ければ、きっと希望のマッチングは見つかると思う。

当たり障りのない人材を採っておけばいい大手と違って小さな組織ではとがっている人を求めていたり、受け入れる体制があるだろうから(そういう人でないとやっていけないだろうから)むしろ小さな組織こそ通年採用をすることでチャンスを得る事ができると僕は思う。

大手がこれだけPRしているのに小さな組織の活動が目立たないのは少し見ていて情けないというか頼りないものを感じてしまう。

小さな会社には変な会社が多いのも事実だが、自信のある組織ならばそれができるはず。

大企業からベンチャー、起業はありえるが、逆はあり得ないことについて また自分の進路について

僕が知的刺激をたくさん受けている、現在はとあるベンチャー企業に勤務をされている先輩に言われた事。

僕「大企業からベンチャーに行くという人は多いと思うのですが、その逆はないと聞きました。僕としてはまず大企業に行って社会人としての基礎を固めてからベンチャーという選択を考えているのですがどうでしょう?」
先輩「厳密には一度ベンチャーで働くともう大企業には戻る気がおきなくなるというのが正しいと思う」

僕はその時は”安定”や”ワークライフバランス”に重きを置いて就職活動をしていたので、この人は何を言っているんだろうと思っていたんだがようやくその意味がわかってきました。

大企業という巨大な組織に置いて特定の部門の特定の仕事しかできない人間と、それに対してベンチャーでインキュベーターとして営業からマーケティングからシステムインテグレーションからリクルーティングからとにかくあらゆる事をこなしていく能力が身につく人間。

長期視点で考えたときに、前者は安定的なインセンティブとワークライフバランスを新卒ですぐに手に入れる事ができるが、後者は劣悪な環境でいい意味でクレイジーな人たちと毎日勝負をしていかなければいけない。

当然給料もギャグとしか思えない額しか貰えない。
残業代も期待できない。
福利厚生?なにそれおいしいの?

入社して3ヶ月で会社が倒産した。十分ありえる話です。
だから必死にもがくし、一人が持つプレゼンス、ポジションが大企業のそれとは全く異なるので、やらざるをえない環境の中で自然とどこでに生きていける能力が身に付く。

これがベンチャーの魅力なんだと思います。

ただ一寸先は闇。キャリアとしての評価も世間的にはない。親戚にxxとという会社でxxという事業に取り組んでおりますといっても「はぁ?」と言われるのが見えている。

金銭的な面で言えば、その確率は0.01%以下ですが株式公開でfuck you moneyを手に入れる事も本当にごく限られた人のみですが可能ではあるようです。

最も最近は変な会社を上場させすぎたのか、上場の審査も厳しくなっており、以前にも増して上場が大変になった事に加え、上場してもしけた資金しか調達できず、株式を公開するメリットが見いだせなくなってきてもいます。

このようにベンチャー企業に対して悪い事を探せばいくらでも見つかりますね。

まあでも、友人と起業をするメリットとデメリットを考えて友達とビジネスパートなーは異なるのかなぁと最近は感じていて、具体的には彼らの覚悟が見えない事が彼らと企業する事を僕に躊躇させています。

大企業に行って奴隷として働くぐらいなら、自分の時間もキープしながらお金を稼ぎたいとか、それ以前まで話していた事と全く異なる考えになって「色々考えたんだけど、このほうがいいと思うんだ」と言い出して何も行動を起こせなかったり。。。

馬鹿の壁なんだろうけれど、見ていてとてもイライラします。
難しい事は何も要求していません。
人生をかけて大博打をやろうって言っているだけなのに、学生気分が抜けない、ぬるま湯体質が抜けない。

致命的なのは行動力に欠ける事です。
考えを持っていても行動を起こさねば成功はもちろんのこと失敗すらできない。

僕は戦略的な事はほどほどにしてまずは行動を起こして、走りながら考えて軌道修正をすることを自分のスタイルとしているのでこれに共感できない人は一緒にいても幸せになれないのかも。

世の中の人を見ていて、自分の両親もそうだけど、変化を嫌う人がとても多いように感じています。
この瞬間にも世界は日本はものすごい速さで変わっているというのにそれに適応しようと考えない。
きっかけを与えても主体的には取り組もうとしない。

彼らはやる前から、最初からできないと思っているのです。
できない理由や過去の事実を流暢に話す人にはいままでたくさんお会いしてきたけれど、どうすればできるようになるか考える人にはまだあまりお会いできていません。

同様に学校という組織の中ではいい子ちゃんでも、プライベートでちょっとおつきあいしてみたら幻滅してしまう人もいる。
限られた枠の中でのみパフォーマンスを発揮するタイプの人なのでしょう。
こういう人たちは普通に大企業に就職してやっていくのが幸せなのかなーと思います。

僕が今求めているのはできないことをどうすればできるようになるかを考えて行動する人であり、そういう人となら人生を賭けて勝負をしていきたい。

それが今の内定先に見いだせているので今の自分の中でのベストは内定先に就職というのが今現在の結論です。

薬学を専攻したから製薬会社という考え方は古い

日本のお酒を制作している会社は慢性的な人材不足で、大半の人は彼らが新卒を欲しがっているなんて知らないと思う。(僕も知らなかった)

だからここでそれを宣伝するが、化学や薬学を専攻している人なんて向いているんじゃないかな。
無論、メーカーや製薬会社でのR&D部門で働くのがあなたたちにとってはイメージしやすいキャリアなのかもしれないけれど、そこは血で血を洗う戦いが繰り広げられるRed oceanなわけで、戦略的に考えると参入する価値は見いだせないと思いませんか。

自分の能力や才能をもっと発揮できて、それを必要としてくれる人たちと働く。
しかも日本のお酒と言う、海外のどこにもない文化を守る事のできる、極めて社会的意義の高い仕事に従事できる。
よく日本酒は白ワインと似ていると言う人がいて、それは間違っていませんが、日本酒の起源というのはワインとは異なるものであり、それは日本オリジナルの文化なのです。

僕の先輩に大学院で化学分野の研究をしていた人がいるんだけど、彼女は就職についてあまり考えずにシステム開発会社に就職してしまったんだ。
とても優秀な人なのでなんで真面目に就職活動しないんだよ!と怒りさえも覚えた僕ですが、こういった存在は理系においては表面下ではかなり多いのではないかと思ってます。

もちろん理系的な要素があれば情報産業でもバリバリ活躍できるとは思いますが、化学という分野で一定のパフォーマンスを出せているならばそれを捨ててしまうのはとてももったいない。
彼女に限って言えばR&Dが楽しくて仕方がないと言っていただけに、もっと他に選択肢がなかったのかなーと残念に思ってしまいます。

理系の良くないところは、先輩も含めて大学も推薦で適当に決めちゃえば?みたいな風土があるところ。
働く事って何なのか。就職する事ってのはどういうことかというのを考えさせるきっかけ(時間も)を与えないのは非常によろしくないと思います。

能力も才能もある人がそれを活かせずに、妥協をしながら働くというのは日本の国際競争力を低下させるミクロ的な要素だと思うのですがいかがでしょうか。

私はxx部門のxxに関する仕事をしておりますのでその件に関しては意見を発言する権限がありません

いやさ、スタートアップ企業の何がいいのよって、何でも出来るのがいいのよって言いたいのよ。

例えばさ、ユーザー系SEだとしても大企業だったら担当部署がここでこの部分の管理をして下さいとか言われると思うんだ。
でもスタートアップ企業だったらウェブの制作からウェブマーケティング、社内のインフラ管理から導入の決定権限まで持たせてもらえるかもしれない。

というか今なら誰もライバルがいないからそれらを全部「僕がやります」って言って独り占めできるわけ。
できるかできないかは別にしてね。

で保守も自分でやっちゃう。
PCが壊れたらそのまま壊れた箇所を突き止めて、その足で秋葉原まで調達しにいく。

これはやばいなー。本当の意味での総合職ですよ。
奴隷である事に変わりはないのかもしれないけれど、そんなこと考えていると起業でなくてもいいのかなーと思ってしまう。

でもまだまだ悩むよ。
起業してマドルスルーすることで得られる物はきっと大きいはずだからね。

金融業界さいならー

ここ数日、強気なエントリーを書いていたら神様が「お前天狗になりすぎw」ってメッセージを僕に下しました。

最終面接まで行った証券会社からお祈りメール。

個人が特定されるんでここで一旦区切るよ。
どうしても読みたい人だけ続きをクリックして開いてくれ。

more»

今まで出会った人たちの事を思い出す 名刺整理

2年間就職活動をやって僕はたくさんの人と会って色々な助言や名刺を頂いてきた。
それらを整理していたらその人との出会いも思い出してきて、ずいぶん歩いてきたんだなーと感無量になる。

それなりに名刺は処分しているはずなのに、この人とはまたリレーションを深めておきたいなって人の名刺は無意識に残していてそれが30枚ぐらいある。

現状、就職イベントでもらったしょぼいバインダーに入れて整理してますが、使い勝手がよろしくないのでちゃんとした名刺ホルダー(リング)を買いたいけどなんかおすすめありますかね?

就職先は教育、人材系にカテゴリーされる会社なんだけど、今見ると競合他社の名刺も結構あるなー。
この業界は人身売買をしている悪の化身で情報産業と同じぐらい僕は忌み嫌っていたのだが、まさか最終的にこの業界に就職する事になるとは思わなんだ。

まあでも競合他社とは目指しているものがそもそも違うので、彼らを敵視するのではなく、隣の市の学校に通っているお友達みたいな感じで接していきたいと思います(ちょいと無理のある表現か?)

ちなみに先日、”スタートアップ”と書いたのは設立3年目、社員数10名以下の会社なのでそう表現しました。
ベンチャーって自称していても社員が数百名いたり、設立から10年近くたっていたり、すでに上場して一番おもしろい時期は過ぎている組織だったり色々あって、本当にベンチャー?って僕はいつも思っていたんだけどそうでない会社を見つける事ができて今はよかったなとただただ思うばかり。

仮採用、あとはパフォーマンス次第

先日話していた、スタートアップの企業からパフォーマンスを見せれば採用という限定的ながらも仮採用を貰いました。

課題を提出、プレゼンテーション、課題という選考が続いて気に入られれば正式に採用されます。

今からそのために必死こいて勉強です。大学の卒業はmustじゃないけれど、ウチでうまくいかなかった時のヘッジが効かないからとりあえず卒業すれば?って言われました。

卒業は選択肢の一つに入れるとして、一応これからも大学に行こうと思います。
とりあえずこれで就職活動は落ち着きました。

当初の想定とはだいぶ違う形に終わったけれど、納得のいく形で終わりにできたことを嬉しく思います。

大企業を受けている人へ ルールに気がつこう

外資系への道標のこのエントリーにも近い事が書いてあるけれど、内定に近づいているなら、本音と建前を使い分けないとダメですよ。こことかここ見るといいです。

企業サイドでは予定採用人数としてこれぐらい取りたいと決めているのが大企業で、うちでなくてもいい人なら無理して内定を出さないという方針の会社が多いと思います。

なぜか?気を悪くしないで欲しいのですが、それはあなたがいかなくても変わりは他に掃いて捨てるほどいるからです。

これは内定を出したら確実に自社に来ることを確約できないならば、無理して承諾をするかわからないような学生に内定を出す必要性はないという合理的な考えです。
このゲームのルールに気がつく事。その上で大企業を狙うのであればルールに乗っ取って戦略的に勝負をしないとダメです。

仮に第一志望でなくても、「競合他社も見ましたが、理念や哲学など違いも選考を進むにつれてわかってきたので、私としてはぜひ御社に入りたいと考えています」って言った方がいいです。

選考を受けているのだから志望している事に嘘偽りはないので、ここで無駄な正義感を出して馬鹿正直に答えるのはちょっと幼稚な振る舞いだと僕は思います。

日本は本音建前社会なのです。その事をもう一度確認しておきましょう。
内定を貰うと承諾書にサインを求められますが、それに法的な拘束力はありません。一度サインをしてもあとで辞退をする事は可能なので、それなりに志望度が高い企業から内定が出ようとしていてその場でサインを求められたならサインをしてしまいしょう。

傲慢な書き方で恐縮なのですが、もしかしたら気がついていないのかもしれないと思ったので。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。